プロフィール

【名前】 かぶらがわ

【生年】 昭和49(1974)年
※いくつになっても『三国志』は飽きません。ひとりひとりのペースで楽しめるのが『三国志』の魅力だと思います。

【出身】 富山県(とやまけん)南砺市(なんとし)
※現在は同県の高岡市(たかおかし)に住んでいます。都市部にお住まいの方から見れば寂しい街かもしれませんが、ゆったりとした時間の流れるいい所ですよ。

【趣味】 紙の本を読むこと。映画やドラマを見ること。サイトで記事を書くこと。

ごあいさつ

当サイトへのご訪問、そしてこのページをご覧いただき誠にありがとうございます。サイトを管理している「かぶらがわ」と申します。

私が初めて『三国志』の世界に触れたのは小学生の時(1980年代)でした。横山光輝先生の漫画から入り吉川英治先生の小説へと転じ、以来さまざまな先生方の小説や関連書籍を読ませていただきました(こちらの参考文献にまとめてあります)。

また、光栄(現コーエーテクモゲームス)の初代「三國志」(PC9801版)やナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)の「三国志 中原の覇者」(ファミコン)あたりから遊んでいたゲーム世代でもあります。

こういう入り方で『三国志』の世界に親しんできたためか、最初は蜀(しょく)びいきで、劉備(りゅうび)や諸葛亮(しょかつりょう)が大好きでした。

ところが、20歳を過ぎてから正史の存在が気になり始め、訳書などに目を通した結果、一転して曹操(そうそう)の生きざまに強く引きつけられるようになりました。

私は大学(法学部でした)などで後漢(ごかん)時代や三国時代について本格的に学んだわけではないので、このサイトの記事にも高い専門性こそありませんけど、同好の三国志ファンの方々に見ていただけるとうれしいです。

ちなみにハンドルネームの「かぶらがわ」は、ずっと前にやっていた株ブログの名残です。デイトレードにハマった時期もありましたが、今では日本株の中長期保有とIPO(新規公開株)の抽選に申し込むぐらいに落ち着きました。
三国志の世界を理解するために役立った本(参考文献リスト)
当サイトの制作にあたり参考にさせていただいた各種文献です。このリストは適宜追加していきます。「三国志」を題材にした小説『新装版 三国志』 ※全5巻吉川英治(よしかわ・えいじ)著講談社 講談社文庫初刷 2008/10/15...

当サイトの歩み

2011年3月
FC2ブログにて「今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –」を開設。

2011年3月
カテゴリー「基本的なこと」が完成。
→現在はこのカテゴリーを廃止し、必要な情報を固定ページ化して表示。

2011年8月
カテゴリー「正史年表」が完成。

2011年9月
カテゴリー「人物一覧」が完成。

2012年8月
カテゴリー「魏の曹氏」が完成。

2012年8月
FC2から「おすすめブログ(知識・情報)」に認定される。
→現在はWordPressに移行したため、この時の認定は無効になっている。

2012年12月
カテゴリー「Three Kingdoms」が完成。

2013年3月
カテゴリー「蜀の劉氏」が完成。

2013年10月
カテゴリー「呉の孫氏」が完成。

2013年12月
カテゴリー「群雄諸侯」が完成。

2015年4月
カテゴリー「吉川『三国志』」が完成。

2015年5月
現在のサイトを移転オープン。

2015年6月
FC2ブログを閉鎖し、現在のサイトに一本化。

2015年8月
「Yahoo!カテゴリ(三國志)」に登録される。
→こちらのサービスは2018年3月29日をもって提供終了。

2016年7月
カテゴリー「魏の重臣」が完成。

2016年12月
カテゴリー「蜀の重臣」が完成。

2018年3月
心身の不調のためサイトを閉鎖。公開したまま放置することも考えたが、自分の気質上どうしてもできず……。

2020年4月
だいぶ回復してきたためサイトを再開。

2020年7月
カテゴリー「参考データ」に、ユリウス暦と『三国志』に関連する国々の暦に関する記事群(130本)を追加。

タイトルとURLをコピーしました