(10) 五丈原の巻記事リスト

吉川英治(よしかわ・えいじ)先生の小説『三国志』(全311話)を熟読しての感想などをまとめたものです。主要テキストは新潮文庫刊。表紙のアイキャッチ画像は新潮社の承諾を得たうえで掲載しています。このカテゴリーは第279話~第311話が対象です。

吉川版『三国志』の考察 第310話 「死せる孔明、生ける仲達を走らす(しせるこうめい、いけるちゅうたつをはしらす)」

渭水(いすい)の本営から天文を観ていた司馬懿(しばい)は諸葛亮(しょかつりょう)の死を確信する。そこで夏侯覇(かこうは)に偵察を命じ、蜀軍(しょくぐん)が密かに引き揚げの準備をして...