吉川版『三国志』の考察 第310話 「死せる孔明、生ける仲達を走らす(しせるこうめい、いけるちゅうたつをはしらす)」

【この記事をシェアする】

渭水(いすい)の本営から天文を観ていた司馬懿(しばい)は諸葛亮(しょかつりょう)の死を確信する。そこで夏侯覇(かこうは)に偵察を命じ、蜀軍(しょくぐん)が密かに引き揚げの準備をしていると聞くや全軍で総攻撃をかけた。

司馬懿は息もつかず急追したが、その前に蜀軍が立ちふさがる。しかもいつもの四輪車には諸葛亮の姿があった。仰天した司馬懿が逃げだすと、魏軍(ぎぐん)も大混乱に陥ってしまう。

第310話の展開とポイント

(01)渭水(いすい)の北岸 司馬懿(しばい)の本営

一夜、司馬懿は天文を観て愕然(がくぜん)とし、また歓喜して叫んだ。

「孔明(こうめい。諸葛亮〈しょかつりょう〉のあざな)は死んだ!」

彼が総攻撃を命ずると、息子の司馬師(しばし)と司馬昭(しばしょう)は父の異常な興奮にかえって二の足を踏む。

息子らに諫められた司馬懿は、まずは夏侯覇(かこうは。夏侯霸)に命じ、そっと蜀軍(しょくぐん)の空気を見定めてこさせることにする。

夏侯覇は命を奉じ、わずか20騎ほどを連れ、繚乱(りょうらん)の秋暗く更けた広野の白露を蹴(け)って探りに行く。

(02)五丈原(ごじょうげん) 魏延(ぎえん)の軍営

蜀陣の外郭線は魏延の守る所だったが、ここの先鋒部隊ではまだ誰も諸葛亮の死を知らない。ただ、魏延は夕べ変な夢を見たので妙に気になっていた。

けれど、ちょうど午(ひる)ごろ訪ねてきた友達の行軍司馬(こうぐんしば)の趙直(ちょうちょく)が、「それは吉夢じゃないか。気にするに当たらんどころか祝ってもいいさ」と言ってくれたので、大いに気をよくしていたところである。

彼が見た夢というのは、自分の頭に角が生えたという奇夢だった。それを話したところ、趙直は非常に明快に夢占(ゆめうら)を解いてくれた。

「麒麟(きりん)の頭にも角がある。蒼龍(そうりゅう)の頭にも角はある。凡下の者が見るのは凶になるが、将軍(しょうぐん)のような大勇才度のある人が見るのは、実に大吉夢と言わねばならん」

「なぜならこれを卦(け)について観れば、変化昇騰の象(かたち)となるからだ。案ずるに将軍は今後、必ず大飛躍なされるだろう。そして位人臣を極めるに違いない」

ところが趙直は、帰る途中で尚書(しょうしょ)の費禕(ひい)と出会う。費禕から聞かれると趙直はありのまま、魏延に夢判断をしてやったことを話す。

費禕が重ねて、足下(きみ)の夢判断は本当のことかと尋ねると、趙直はこう答えた。

「いやいや。実際は甚だ凶夢で、彼のためには憂うべきことだが、あの人間にそのような真実を話しても恨まれるだけのこと。だから、いい加減なこじつけを話してやったにすぎない」

さらに費禕が、ではその夢はどう凶(わる)いのかと聞くと、趙直は笑って言う。

「『角』という文字は刀を用うと書く。頭に刀を用いるときは、その首が落ちるに決まっているではありませんか」

いったん立ち別れたが、費禕はあわてて趙直のほうへ戻り、魏延の夢の話を誰にもしないようにと口止め。趙直と会った顔はどこにも見せず、その夜、費禕は魏延の陣所へ来て対談した。

諸葛亮の死を知らされると、たちまち魏延は自分が軍権を執ると言いだす。費禕はこの場では逆らわず、大いに力になるとし、誓書まで差し出してみせた。

(03)五丈原 蜀軍の本営

費禕は、楊儀(ようぎ)を説くと称して本陣へ帰ると、なお悲愁(ひしゅう)の裡(うち)にある諸将と相談した。

「丞相(じょうしょう。諸葛亮)のお言葉に違いなく、魏延は反気満々で、むしろこの時を喜んでおるふうだ。このうえはご遺言どおり姜維(きょうい)を後陣とし、われらもまた制法に従い退陣にかかろうではないか」

予定のことであり異議なく決まる。そこで極密のうちに諸陣の兵を収め、万端整え終わって、翌日の夜に静かに総引き揚げを開始した。

(04)五丈原 魏延の軍営

一方の魏延は首を長くして費禕の吉報を待っていたが、一向に沙汰がない。その悠長にイライラしていた。ふと馬岱(ばたい)の顔を見たので、腹蔵のものを打ち明けてみる。

すると馬岱は言った。

「いや、それは眉唾(まゆつば)ですぞ。昨日の朝、費禕の帰るのを見ておりましたが、陣門から馬に飛び乗るやいな、ひどく大あわてに鞭(むち)を当てていきましたからな」

そこへ物見の者から、昨夜来、味方の本陣は総引き揚げにかかり、すでに大半は退き、後陣の姜維も、はや退軍にかかっていると告げてくる。

いよいよ魏延はあわてだす。まるで旋風でも立つように、たちまち号令して陣屋を畳ませ、馬具や兵糧の調えもあわただしく、すべてを打ち捨て本軍の後を追った。

(05)渭水の北岸 司馬懿の本営

先に司馬懿の命を受け五丈原の偵察に出ていた夏侯覇は、馬も乗りつぶすばかりに鞭を打ち続け帰ってくる。

司馬懿は、蜀軍が密かに引き揚げの準備をしているようだと聞き快哉(かいさい)を叫ぶ。そして足をそばだててわめき、こう号令を発した。

耳や目ならわかりやすいが、「足をそばだてる」という用法もあるのかイマイチわからなかった。

「孔明死す。孔明死せりか……。今は速やかに残余の蜀兵を追いかけて追い崩し、槍も刃も血に飽くまで、それを絶滅し尽くすときだ。天なるかな、時なるかな。いざ行こう、いざ来い。出陣の鉦鼓(しょうこ)、鉦鼓!」

銅鑼(どら)は鳴り鼓は響く。陣々、柵(さく)という柵、門という門から、旗も煙り、馬もいななき、あたかも堰(せき)を切って出た幾条もの奔流のごとく、魏の全軍は先を争い五丈原へ駆ける。

(06)五丈原 蜀軍の本営

すでにして五丈原の蜀陣に近づいたので、魏の大軍は鼓躁(こそう)して一時になだれ入ったが、もう蜀軍は一兵もいなかった。

さてこそあれと、いよいよ司馬懿は心を急にして司馬師と司馬昭に言う。

「汝(なんじ)らは後陣の軍をまとめて後より続け。敵はまだ遠くには退いておるまい。われ自ら捕捉(ほそく)して退路を断たん。後より来い」

(07)蜀軍を追撃する司馬懿

司馬懿が息もつかずに追いかけていくと、たちまち一方の山あいから、闘志潑剌(はつらつ)たる金鼓が鳴り響く。

「蜀軍あり」と叫ぶ者があったので、司馬懿も駒を止めてみる。まさしく一彪(いっぴょう)の軍馬が蜀江(しょっこう)の旗と丞相旗を振り掲げ、一輛(いちりょう)の四輪車を真っ先に押してきた。

「蜀江の旗」は「蜀江の錦(にしき。いろいろな色糸や金銀の糸を横糸に使い、きれいな模様を織り出した厚い高価な織物)の旗」の意だと思われるが、「蜀錦の旗」ではなく「蜀江の旗」でも通用するのかどうか?

司馬懿は仰天した。死せりとばかり思っていた諸葛亮は、白羽扇を持ち端座している。

車を護り巡っている者は姜維以下、手に手に鉄槍(てっそう)を持った十数人の大将であり、士気や旗色、どこにも陰々たる喪の影は見えなかった。

(08)退却中の司馬懿

司馬懿は度を失い、馬に鞭打ち、にわかに後ろを見せて逃げ出す。これを姜維が追うと、魏の先駆の諸将も口々に、「孔明は生きている!」「孔明なお在り!」と驚愕(きょうがく)狼狽(ろうばい)。

われ先に馬を返したので、魏の大軍はすさまじい怒濤(どとう)の姿を急激に押し戻され、馬と馬はぶつかり合い、兵は兵を踏みつぶし、阿鼻叫喚の大混乱を現出した。

蜀の諸将とその兵は思うさまこれに鉄槌(てっつい)を加える。わけて姜維は壊乱する敵軍深くへ分け入り、司馬懿を追い続けていた。

司馬懿は後ろも見ない。押し合い踏み合う味方の混乱も蹄(ひづめ)にかけ、ただ右手の鞭を絶え間なく馬の尻(しり)に加えていた。身をたてがみに打ち伏せ、目は空を見ず、心に天冥(てんめい)の加護を念じ、ほとんど生ける心地もなく走った。

だが行けども行けども、誰か後ろから追ってくる気がする。そのうち50里(り)も駆けると、さしも平常名馬と言われている駿足(しゅんそく)も、よろよろに脚が乱れてきた。そこへ追いついたふたりの大将を見ると、味方の夏侯覇と夏侯威(かこうい)の兄弟である。

井波版『三国志演義』(第104回)では、ここで追いついたのは「夏侯覇」と「夏侯恵(かこうけい)」のふたり。

司馬懿は初めて肩で大息をついたが、なおしたたる汗に老眼も暗く霞(かす)み、半刻(15分?)ほどは常の面色に返らなかったと後々まで言い伝えられた。

実際、彼の転倒した驚きぶりは察するに余りある。彼においてすらそうだったから、魏の大軍が受けた損傷は莫大(ばくだい)だった。

夏侯覇兄弟がこう勧める。

「蜀勢は急激に退いたようです。この際、お味方を立て直して、さらに猛追撃を試みられてはどうです?」

しかし司馬懿は「孔明なお在り」と一時に信じ恐怖していたため、容易に意を決するに至らない。ついに全軍に引き揚げを命ずると、自身も近道を取り、空しく渭水の陣へ帰ってしまう。

(09)渭水 司馬懿の本営

やがて散走した諸将も追い追いに集まり、逃散(ちょうさん)した近辺の百姓もぼつぼつと陣門に来て、いろいろな説をなす。それらの者の報告を総合してみると、だいたい次のような様子がようやく知れた。

すなわち、蜀軍の大部分は疾く前日のうちに五丈原を去り、ただ姜維の一軍のみが最後の最後まで踏みとどまっていたものらしい。

百姓たちは目撃した実情を口々に伝える。

「初めの日の夕方、大勢の蜀軍が五丈原から西方の谷間に集まっておりました。そして白の弔旗と黒の喪旗を立て並べ、一輛の蓋霊車(がいれいしゃ。霊柩車〈れいきゅうしゃ〉?)を崇(あが)め、夜明けごろまで人々の嘆き悲しむ声が絶えませんでした」

また、百姓たちはこうも語った。

「車の上の丞相さまにも青い紗(しゃ)を巡らせてありましたが、どうも木像のように思われました」

これを聞いて初めて、司馬懿は諸葛亮の死が真実だったことを悟る。

(10)再び蜀軍を追撃する司馬懿

急に兵を発し長駆追ってみたが、すでに蜀軍の通った跡には、渺(びょう。水などの広々としたさま)として一刷の横雲が山野を引いているのみだった。

「今は追うも益はない。しかず長安(ちょうあん)へ帰り、予も久々に安臥(あんが)しよう」

司馬懿は赤岸坡(せきがんは。赤阪〈せきはん〉?)から引き返し、その帰途で諸葛亮の旧陣を見る。

「赤阪」については先の第294話(09)を参照。

出入りの跡、諸門衙営(がえい。兵営)の名残、みな整々と法にかなっていた。司馬懿は低徊(ていかい)久しゅうして、在りし日の諸葛亮を偲(しの)びながらこうつぶやいたという。

「真に彼や天下の奇才。おそらくこの地上に、再びかくのごとき人を見ることはあるまい」

管理人「かぶらがわ」より

諸葛亮の木像を見て逃げ走ってしまった司馬懿。もちろん諸葛亮は偉大ですが、その才を素直に認めることができた司馬懿もまた偉大なのだと思います。

この諸葛亮の死をもって、劉備(りゅうび)から引き継がれた蜀による漢朝(かんちょう)再興の大業は、事実上ここで潰(つい)えることになりました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】