吉川版『三国志』の考察 第215話 「正月十五夜(しょうがつじゅうごや)」

【この記事をシェアする】

曹操(そうそう)は管輅(かんろ)の予言にあった、「明春早々、都の内に火の災いあらん」という部分が気になっていた。

その対策として夏侯惇(かこうじゅん)に3万の兵を付け、許都(きょと)の郊外に配置。加えて王必(おうひつ)を府内に入れ、御林(ぎょりん)の兵馬(近衛軍の兵馬)をつかさどらせる。やがて正月15日の夜がやってきた……。

第215話の展開とポイント

(01)鄴都(ぎょうと) 魏王宮(ぎおうきゅう)

漢中(かんちゅう)の境を防ぐため大軍を送り出した後も、曹操(そうそう)は何となく安からぬものを抱く。管輅(かんろ)の予言に「明春早々、都の内に火の災いあらん」とある、そのことだった。

管輅の予言については前の第214話(01)を参照。

「都というからには、もちろんこの鄴都ではあるまい」

曹操は夏侯惇(かこうじゅん)を呼び、兵3万を付与。そして、許都(きょと)には入らずに郊外に屯(たむろ)し、不慮の災いに備えるよう命ずる。また、長史(ちょうし)の王必(おうひつ)を府内に入れ、御林(ぎょりん)の兵馬(近衛軍の兵馬)はすべて彼の手につかさどらせよとも。

そばにいた司馬懿(しばい)が眉(まゆ)をひそめ、王必は酒好きで緩みのある男だと再考を促す。だが、曹操は王必の短所は知っているとしたうえ、長らくの忠勤を評価してのことで、そう破格ではないと応じた。

(02)許都

命を受けた夏侯惇は兵をひきいて許都の府外に宿営する。王必は御林軍の長となって日々、禁門(宮門)や市街の警備にあたり、その営を「東華門(とうかもん)」の外に置いていた。

曹操にしてみれば災いを未然に防ぐ消極的な一工作にすぎなかったものの、皇城を中心とし、彼の魏王僭称(せんしょう)以来、とみに激化していた純粋な朝臣たちにはかなり大きな刺激を与えた。

曹操が「魏王」の位に昇ったことについては、先の第212話(01)を参照。

そうでなくとも曹操が「魏王」を称し、天子(てんし。献帝〈けんてい〉)に等しい車服や儀仗(ぎじょう)を用いるのを眺め切歯扼腕(せっしやくわん)していた一派の輩(ともがら)は、同志の間で密々と連絡を取っていた。

その中に「耿紀(こうき)」という者があった。「侍中(じちゅう)・少府(しょうふ)」として奉仕し、常に朝廷の式微(王室が衰える様子)を嘆き、同志の「韋晃(いこう)」と血をすすり合い、「いつかは」と時節を期していた。

この情勢にふたりも大きな衝動を受け、韋晃は、彼らの機先を制し、かねての大事をこの時に挙げるにしくはないと言う。そのためにもうひとり有力な味方を見つけておいたとも。

ここで韋晃は、漢(かん)の金日磾(きんじつてい)の末裔(まつえい)である「金褘(きんい。金禕)」の名を挙げる。自分とは、友人以上の情をもって交わっているのだという。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『金日磾』は)前漢(ぜんかん)の武帝(ぶてい。劉徹〈りゅうてつ〉)の側近。匈奴(きょうど)の出身であるが武帝に寵愛された」という。

「匈奴」については先の第120話(04)を参照。

すると耿紀は、金褘と言えば王必の親友ではないかと失望する。それでも韋晃は自信を見せ、試みにふたりで訪問してみようと言う。

(03)許都の近郊 金褘邸

金褘の家園は郊外に近い閑静な所にあって、主の風雅と清楚(せいそ)な生活ぶりがうかがえる。韋晃は金褘に会うと、近いうち魏王(曹操)が、漢朝の大統を自らお継ぎになるのではないかと言う。

そうなればきっとあなたも栄職に就かれ、いよいよ官位もお進みになるだろうとし、その折には私と友人の耿紀にも何か役儀を仰せつけくださり、日ごろの誼(よしみ)でお引き立ていただけるよう、今からお願いに来たのだと話す。

ふたりがそろって頭を下げると、その間に金褘は黙って席を立つ。そして、ちょうど召し使いが茶を運んでくると、「このような客に茶など出さなくてもよい」と、盆ぐるみ取り上げ庭園へ放り捨てた。

ふたりがむっとして席を蹴(け)ると、金褘は、「人なりと思えばこそ客として室に迎えたものの、きみらは人間ですらない」と言う。さらにふたりを虫けら呼ばわりし、ひとこと言って聞かせることがあると怒鳴る。

「そもそも汝(なんじ)のごとき若輩でも、心の友よと密かにわしが許していたのは、ただただ互いに漢朝の旧臣たり、また年久しき帝のお悩みやら朝儀のご式微を相嘆いて、いつかはこの浅ましき世を建て直し、再び回天の日を仰ぎ見んものという志を同じゅうする者と思えばこそであった」

「しかるに何ぞや。いま黙って聞いていれば、やがて魏王が漢朝の代を取ることも近いだろうから、その時にはよき官職に取り立ててくれと? よくそのようなことが漢朝の臣として言えたものだ。実に聞くだに胸がむかついてくる」

「卿(けい)らの祖先はいったい、曹操の下僕だったのか? いやしくも歴代朝門に仕えてきた人の末裔ではないか」

「泉下(あの世)の祖先たちはおそらく慟哭(どうこく)しているだろう。そして、この金褘がかく罵る言葉を、よく言ってくれたと、せめて慰めているに違いない」

「あぁ、言うだけのことを言い胸がすうっとした。もう用はない。絶交だ。とっとと裏口からでもどこからでも出ていくがいい」

耿紀と韋晃は金褘の真意を見届けると、心を試したことを詫びたうえ、ついに意中を打ち明ける。

「まず先んじて王必を刺し殺し、御林の兵権をわれわれの手に収めてから、天子を擁して蜀(しょく)へ急使を走らせ、劉備(りゅうび)に天子を扶(たす)けよと綸旨(りんし。詔〈みことのり〉)を伝えるならば、曹操を討つことは決して難事ではないと考えられる」と。

井波版『三国志演義』(第69回)では、金褘のほうがこの手立てを耿紀と韋晃に話したことになっている。

ふたりは金褘に、われわれの上に立ち禁門方を指揮してほしいとも頼む。金褘はもとよりふたりに勝る憂いを抱いていたので、互いに手を取り朝廷のために泣いた。

以来、日々夜々、同志は人目を忍んでは金褘の屋敷に会していたが、ある折、金褘がふたりに諮った。亡き太医(たいい)の吉平(きっぺい)に、「吉邈(きつぼう)」と「吉穆(きつぼく)」というふたりの遺子があるという。

吉平が曹操によって死に追いやられたことについては、先の第95話(01)を参照。

この第215話(03)では、「(吉平は)国舅(こっきゅう。天子の母方の親類や妻の一族である父兄)の董承(とうじょう)と計って曹操を除かんとし、かえって事あらわれて、曹操に斬られた者だ」とあった。

たが、先の第95話(01)では「(曹操が)『斬れッ!』と怒鳴ったが、兵の跳びかかる剣風も遅しとばかり、吉平はわれと吾(わ)が頭を、階(きざはし)の角に叩(たた)きつけて死んでしまった」とあった。大きな違いではないものの、吉平の最期を「曹操に斬られた」と表現したことには少し違和感が残った。

いまこの兄弟を呼びわれらの計画を話してやれば、おそらく勇躍して父の仇(あだ)を報ぜんと言うであろう。そして必ず味方の一翼となること疑いないが、卿らはどう思うかと。

耿紀と韋晃がぜひ呼んでくださいと言うと、すぐに金褘は使いを遣る。夜になり若く凜々(りり)しい兄弟がやってきた。

曹操に父を殺され、世にも出ず、人の情けで育てられてきたこの多感な若者たちが、金褘らから大事を打ち明けられ、「時こそ来たれり」と感奮したことは言うまでもない。かかるうち、その年(建安〈けんあん〉22〈217〉年)も暮れた。

明けて(建安23〈218〉年の)正月15日の夜は毎年、「上元(じょうげん。元宵〈げんしょう〉)の佳節」として、洛中の全戸は紅い灯籠(とうろう)や青い灯を張り連ね、老人も童児も遊び楽しむのが例になっている。

一同はこの夜を、大事決行の時と手抜かりなく示し合わせていた。その手はずは……。東華門にある王必の営中に火がかかるのを合図に内外から起ち、まずは彼を討つ。

その後、すぐに一手となり禁裏(宮中)へ馳(は)せつけ、天子に奏して「五鳳楼(ごほうろう)」へ出御(しゅつぎょ。天子がお出ましになること)を仰ぐ。そこへ百官を召し集めて画期的な宣言をし、同時に天子の綸旨を乞う。

一面、吉邈と吉穆は城外に火を放ち、声々に呼ばわる。

「天子の勅命によりこよい国賊を討つ。民は安んじて、ただ朝廷をお護りし奉れ。若き者は錦旗(きんき)のもとに馳せつけ、ひと固まりとなって鄴都へ進め」

「鄴都には悪逆無道、多年天子を悩まし奉り、汝らを苦しめたる曹操があるぞ。蜀の劉備も曹操を討つべく、すでに西より大軍を差し向けつつあるぞ。行けや、行けや、時を移すな」

ここで出てきた「錦旗」は錦(にしき)の旗。「錦」は、いろいろな色糸や金銀の糸を横糸に使い、きれいな模様を織り出した厚い高価な織物。

こうして御林軍のほかに、民兵も大いに集めて気勢を上げようというのであった。おのおの秘密を誓い、天地に祈って血をすすり、待つほどにその日は来た。

正月15日の夕暮れ時、耿紀や韋晃らは前日から休暇を賜り、それぞれの屋敷にいた。手飼いの郎党から奴(やっこ。雑用をする召し使いの男)まで加えると400余人はいる。

吉邈と吉穆の兄弟も親類一族を駆り集め300余人の同勢を作ると、「郊外へ狩猟(かり)に行く」と称し、密かに武具をそろえて馬を引き出し、物見を放ち街の空気をうかがわせていた。

もうひとりの同志である金褘は王必と交わりがあるので、夕方から彼の招待を受け東華門の営所へ出かけていた。

井波版『三国志演義』(第69回)では、金褘が王必の酒宴に招かれたことにはなっていない。

管理人「かぶらがわ」より

吉川版『三国志』や『演義』での吉平は、建安5(200)年の董承の曹操暗殺計画に加担して死んだことになっているのですよね。そのことを踏まえ、この建安23(218)年の耿紀や韋晃らの決起にふたりの遺子が加わることで、仇討ちとしての意味合いも持たせています。

ですが史実では、建安23(218)年の計画のほうに吉本(きつほん。吉平)自身が加わっていました。この設定についてはどう評価すべきなのでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】