吉川版『三国志』の考察 第235話 「鬢糸の雪(びんしのゆき)」

偃城(えんじょう)の城外で徐晃(じょこう)の軍勢とぶつかった関平(かんぺい)は、すでに荊州(けいしゅう)が陥落したとのうわさを聞き動揺。偃城を失い四冢(しちょう)にある廖化(りょうか)の陣へ急ぐ。

だが、ほどなく徐晃の計略にはまり四冢も失い、樊城(はんじょう)の包囲を続けていた関羽(かんう)と合流。しかし、さすがの関羽も敵の勢いを止められず、敗軍をひきいて荊州各地をさまようことになる。

第235話の展開とポイント

(01)偃城(えんじょう)の城外

荊州(けいしゅう)が陥ちたと言われると、関平(かんぺい)は戦う気も萎(な)え、徐晃(じょこう)を捨てて一散に引き返す。

ところが、思い迷って偃城の近くまで駆けてくると、城は濛々(もうもう)と黒煙を吹いている。炎の下から逃げてきた味方の兵が口々に言う。

「いつの間にか搦(から)め手(城の裏門)へ迫ってきた徐晃の手勢が、火炎をみなぎらせて攻め込んだ」

関平は、徐晃の思うつぼにはまったことを悟ったが、事すでに及ばない。駒を打ち、四冢(しちょう)にある廖化(りょうか)の陣へ急ぐ。

(02)四冢 廖化の軍営

廖化は関平を迎え、営中に入るとすぐに尋ねる。

「今日どこからともなく、荊州が陥ちた、荊州は呉(ご)に占領された、としきりに沙汰する声が聞こえてきましたが、あなたもお聞きになりましたか?」

すると関平は剣を抜いて味方の中に立ち、廖化へする返事を全軍に向かってした。

「流言は、すべて敵の戦意をくじく謀(はかりごと)だ。みだりに虚言を伝え、虚言に興味を持つ者は斬るぞ!」

数日の間はもっぱら守り、付近の要害と敵状とを見比べていた。四冢は前に沔水(べんすい)の流れを控え、要路には鹿垣(ししがき。竹や木の枝を立て外敵の侵入を防ぐもの)を結び、その搦め手は谷あり山あり深林ありで、鳥も翔(か)けがたいほどな地相である。

「鹿垣」は「逆茂木(さかもぎ。鹿角〈ろっかく〉)」と同義だと思われる。先の第69話(03)を参照。

関平が廖化に言った。

「いま徐晃は勝ちに乗り急激な前進を続け、彼方の山まで来ておると偵察の者の報告だ。思うにあの裸山は地の利を得ていない」

「反対にわが四冢の陣は堅固無双。ここは手薄でも守り得よう。ひとつご辺(きみ)と私とが密かに出て、彼を夜討ちにしようではないか」

偃城を失った関平は雪辱に焦りぎみで、ついに廖化を誘って本拠を出た。もちろん精鋭中の精鋭を選りすぐって連れていく。

広野の一丘にひとつの陣屋があった。いわゆる最前線部隊である。小さな部隊は点々と横に配され、12か所もの長距離に連なっていた。

この線を敵に突破されると怖い。1か所でも突破されれば12の部隊がバラバラになる。関平の血気に従って廖化が動いた所以(ゆえん)も、そういう重要性があるからだった。

(03)四冢の近郊 徐晃の本営

「今夜、敵の裸山へは私が攻め上っていく。ご辺はこの線を守り、敵の乱れを見たら12の陣が連珠となって徐晃を圧縮し、四散する敗兵を皆殺しになしたまえ」

こう言い残すと廖化を後に、関平だけが深夜、裸山を急襲した。ところが、山上には旗影だけで人はいない。関平が急に駆け下ろうとすると、諸所の窟(あな)や岩陰や裏山から、一度に声の山津波が起こる。

徐商(じょしょう)と呂建(りょけん)は関平を追い回す。山を離れて野に出ても、魏軍(ぎぐん)は増えるばかり。草みな魏兵と化して関平を追うかと思われた。

廖化の守っていた線もこの怒濤(どとう)を遮りきれず、一度に崩壊してしまう。さらには四冢の陣からも炎々たる火炎が夜空を焦がし始めた。

関平と廖化があえぎあえぎ沔水の流れまで来てみれば、真っ先に徐晃が馬を立て、「ひとりも渡すな」と手落ちなきせん滅陣を巡らせている。今は挽回の工夫もない。全面的な敗北だ。ふたりはやむなく樊城(はんじょう)へ奔る。

(04)樊城の城外 関羽(かんう)の本営

関羽は敗戦については叱らなかったが、関平が荊州方面のうわさを告げると、「馬鹿な!」と叱って語気荒く戒めた。

「陸口(りくこう)の将は小児。『烽火台(のろしだい)』の備えもあるし、荊州の守りは泰山(たいざん)の安きにある。そちまでが敵の流言に乗せられてどうするか!」

曹操(そうそう)の中軍も徐晃の先鋒も目覚ましく進出。今や何十万とも知れぬ大軍が山野に満ち、ひたひたと関羽の陣に迫っていた。

(05)樊城の城外

いよいよ両陣が相接した日、関羽は馬を出し徐晃と出会う。徐晃は後ろに10余人の猛将を連れていたが、馬上で礼を施すと言った。

「一別以来いつか数年。想わざりき将軍(しょうぐん)の鬢髪(びんぱつ)、ことごとく雪のごとくなるを……。昔それがし壮年の日、親しく教えを被りしこと今も忘却は仕(つかまつ)らぬ。今日、幸いにお顔を拝す。感慨まことに無量。喜びに堪えません」

これに関羽が応える。

「おお、徐晃なるか。ご辺も近来、赫々(かっかく)と英名をなす。密かに関羽も慶賀しておる。さはいえなにゆえわが子関平に苛烈(かれつ)なるか? 昔日の親密を忘れずとあらば、人に功は譲っても自身は後陣に潜むべきではないか?」

さらに徐晃が答えた。

「否とよ将軍。すでにお忘れありしか。むかし少年の日、あなたがわれに教えた語には『大義親(しん)を滅す』とあったではないか。それっ諸将。あの白髪首を争い取れっ。恩賞は望みのままぞ!」

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『大義親を滅す』は)大いなる道義のために親縁を捨てること。『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』隠公(いんこう)4年の言葉」という。

すると大声一呼、馬蹄(ばてい)に土を蹴(け)るや否や、後ろの猛将たちとともに斧(おの)を振るって打ちかかる。

われ老いず! われ老いず! 関羽は自己を叱咤(しった)しつつ、雷閃雷霆(らいてい。雷の響き)の中に数十合(ごう)の青龍刀を振るった。

先の第52話(05)などと同様、ここでも「青龍刀」とだけあったが、例の「青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)」ではないのかはっきりせず。おそらく両者は同じ物。

が、矢傷は完全に癒えたとは言いきれない。わけて老来病後の身である。危ういこと実に見ていられない。関平はたちまち退鉦(ひきがね)を鳴らし兵を収める。この退鉦はまさに虫の知らせだった。

同じころ、久しく籠城中(ろうじょうちゅう)の樊城の兵が門を開き突出する。これは死に物狂いの兵なので、包囲は苦もなく突破され、関羽軍は襄江(じょうこう)の岸へなだれを打って追われた。

二方面の退勢から関羽軍は全面的な潰(つい)えを来し、夜に入ると続々と襄江の上流を指して敗走しだす。

道々、魏の大軍は各所から起こり、この弱勢の分散に拍車をかける。呂常(りょじょう)の一軍の奇襲には寸断の憂き目を見て、江に溺(おぼ)れる者も数知れなかった。

(06)襄陽(じょうよう)

ようやく江を渡って襄陽へ入り味方を顧みれば、何たる少数、何たる酸鼻。さしもの関羽も悲涙なきを得なかった。

井波版『三国志演義』(第76回)では、いったん関羽は襄陽を目指した後、すでに荊州が奪われたことを聞き、結局は襄陽へ向かうのをやめていた。

のみならず、ここに着いて初めて荊州陥落が噓(うそ)でないことがわかる。呉の呂蒙(りょもう)の手に掛かり、わが一族妻子も生かされているありさまと聞き、関羽は慨然また長嘆。天を仰いだまましばし言葉もない。

魏軍は江上から市街にわたって満ち満ち、襄陽にも長くはいられなかった。

(07)敗走中の関羽

さらば公安城(こうあんじょう)へと指して行けば、途中で味方の一将が落ちてきて、その公安も、傅士仁(ふしじん)が城を開き呉へ渡してしまい、南郡(なんぐん)の糜芳(びほう。麋芳)も彼に誘われ、孫権(そんけん)に降伏したとの悲報をもたらした。

「傅士仁」については先の第226話(08)を参照。

牙(きば)をかみ、恨気は天を突き、眦(まなじり)も裂けよと一方をにらんでいた関羽だったが、がばと馬のたてがみにうっぷしてしまう。臂(ひじ)の傷口が裂けたのである。

人々は抱き下ろし介抱を加えたが、関羽は自己の不明を慙愧(ざんき)してやまない。呂蒙の策や烽火台の変を聞いては鎧(よろい)の袖(そで)に面を包み、声涙ともにむせんでいた。

「われ誤り豎子(じゅし。年が若く、まだ一人前になっていない男)の謀にあたる。何の面目あって、生きて家兄(このかみ。劉備〈りゅうび〉)にまみえんや……」

(08)襄陽の郊外

一方で樊城を出て、一夜にして攻守転倒。追撃に移っていた曹仁(そうじん)を、配下の司馬(しば)の趙厳(ちょうげん)が諫めた。

「もうこれ以上、関羽を窮地へ追うのは愚です。呉に害を残しておくために……」

曹仁は、いかにもと兵を収め、曹操の中軍にことごとく集まる。曹操は徐晃をこのたびの第一級の勲功と称え、「平南将軍(へいなんしょうぐん)」に任じて襄陽を守らせた。

管理人「かぶらがわ」より

荊州の陥落は噓ではなかった。しかし、年を重ねた病み上がりの関羽には徐晃を討つこともできない。もう少し優れた参謀がついていればとも思わせますが、関羽に意見を容れてもらうのは簡単ではなさそうですよね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】