吉川『三国志』の考察 第098話 「恋の曹操(こいのそうそう)」

劉備(りゅうび)から小沛(しょうはい)と徐州(じょしゅう)の両城を奪った曹操は、残る下邳(かひ)に目を転ずる。

この城を守っているのは関羽(かんう)だったが、ここで曹操は、何とかして彼を配下に加えたいとの意向を漏らす。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第098話の展開とポイント

(01)徐州(じょしゅう)

小沛(しょうはい)と徐州の両城を一戦の間に占領した曹操(そうそう)の勢いは旭日(きょくじつ)のごときものがあった。

徐州には劉備(りゅうび)配下の簡雍(かんよう)と糜竺(びじく。麋竺)のふたりが守っていたが、城を捨ててどこかに落ち去ってしまい、残っていた陳珪(ちんけい)と陳登(ちんとう)の父子が、内から城門を開き曹操軍を迎え入れた。

曹操は陳父子の罪をとがめない代わりに、領内の百姓たちを宣撫するよう命ずる。ふたりは慴伏(しょうふく。恐れてひれ伏すこと)して寛仁を仰ぐと、その日から城内の民の鎮撫に力を注ぎ治安の実績を表した。

続いて曹操は下邳(かひ)に目を向け、事情に明るい陳登に内情を尋ねてみる。

話を聴いた曹操は、呂布(りょふ)を攻めたときとは違い、今回は長引かせてはならないと言う。すでに大軍を北へ動かしている袁紹(えんしょう)を見据えてのことだった。

曹操が、急に下邳を陥す名案はないか尋ねると、荀彧(じゅんいく)はしばらく考え、策の妙諦(みょうてい)は、ただいかにして関羽(かんう)を城外へおびき出すかにある、と答える。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第25回)では、ここで策を献じていたのは「程昱(ていいく)」。

さらに、押し詰めてわざと緩み、敵を驕(おご)らせ味方は壊走してみせる。その間に密かに大軍を回して中道を遮断すれば、関羽は十方に道を失い、孤旗を支えて悲戦の下に立つしかないとも言う。

曹操はこの策を容れ、あらまし用兵の方向を定めると、何とかして関羽を麾下(きか)に加えたいという意中をみなに告げる。

難しい注文だと諸将が顔を見合わせていると、郭嘉(かくか)が進み出てその難しさを正直に指摘した。

すると今度は張遼(ちょうりょう)が右列から進み出て、自分が関羽を説き味方に降らせると言う。

程昱・郭嘉・荀彧らは半ば疑い、「きみはその自信があるのか?」と口をそろえて反問したが、張遼はひるむことなく自信があると答える。

張遼は関羽の勇よりも、彼が人一倍、忠節と信義に厚い点を心配していると言う。ただ、彼とは形の交わりこそないものの、常に戦場の好敵手として相見るたび、心契の誼(よしみ)に似たものを感じ合っているとも告げた。

曹操は任せようとしたが、なお程昱や郭嘉らは賛成しない。もし勧降の使いを向けてみて効果がなければ敵の決意を強固にさせるだけで、速戦即決の方針にはむしろ害を生ずる可能性が高いのではないか、と。

それでも張遼は相当の自信を示し、陣中にいる徐州の捕虜を使い関羽を城外におびき出してみせると言う。曹操は敵土埋兵の妙手を聞くと、やはり張遼に任せることにした。

(02)下邳

ある夜、曹操の捕虜となっていた徐州の兵士200余人が、利を諭され陣地より壊乱して走りだす。彼らは夜明けから朝にかけて下邳城へまぎれ込んだ。正真正銘の味方に違いないので、関羽以下、何の疑いも抱かない。

井波『三国志演義(2)』(第25回)では、このとき曹操が下邳へ送り込んだ徐州の降卒は数十人。

そのうち城内には、徐州を陥した曹操と中軍は勝ち誇って留まっており、下邳へ追撃してきたのは夏侯惇(かこうじゅん)と夏侯淵(かこうえん)の部隊にすぎない。

それも長途の急行軍で疲れ抜いているので、城を出て逆寄せを食わせれば、平野で捕捉(ほそく)して間違いなくせん滅できる、との声が撒(ま)き散らされた。

雑兵たちの言葉なので関羽もすぐには受け取らなかったが、次々と戻ってきた物見の報告でも敵は存外に少数だという。ついに関羽は城門を開かせ、一軍をひきいて出撃した。

(03)下邳の城外

夏侯惇が舌を振るって悪罵すると、ひと声吼(ほ)えた関羽が躍りかかる。計る気の夏侯惇は善戦しながら逃げては奔り、返しては罵り散らす。関羽も大いに怒り、3千の兵を叱咤(しった)し20里(り)ばかり追いかけた。

だが、その獅子奮迅(ししふんじん)ぶりに味方は続ききれない。関羽は深入りに気づいて引き返そうとしたが、左からは徐晃(じょこう)が、右からは許褚(きょちょ)が、それぞれ伏兵を起こして退路をふさぐ。

100張(ちょう)の弩(ど)から矢が放たれると、さすがの関羽も通り抜けることができなかった。

ここで「100張の弩」という表現が出てきた。弓はともかく、弩はどう数えたらいいのかわからないところがあったが、吉川『三国志』では弓と同様に「張」で数えている。

関羽は曹操の大軍に完封され、日が暮れたころには低い小山に逃げ上がっていた。

夜になると、下邳のほうでは炎々たる猛火が空を焦がし始める。この様子を見た関羽は計られたことを悟り、夜明けとともに最後の働きを見せて討ち死にする決心を固めた。

翌朝ふもとをうかがうと、無数の陣地を連ねた大軍が物々しく包囲している。思わず苦笑する関羽。

山上の一石に腰を据え、身支度を整えてやおら立ちかけたところ、ふもとのほうから張遼が馬で登ってくるのが見えた。やってきた張遼は石を指し、関羽に腰を下ろすよう言うと、自分も腰を下ろしてゆったり構える。

そして、劉備と張飛(ちょうひ)は敗れ去って行方知れずであること。さらに、下邳城の奥にいた劉備の妻子についても、その生殺与奪はまったく曹操の手にあることを話す。

無念さに涙を見せる関羽。

しかし張遼は、下邳に入城した曹操が第一に劉備の家族を別の閣へ移したと言い、その門外に番兵を立たせて厳しく保護していることも話し、関羽を安心させようとする。

それでも関羽が討ち死にする決意を変えないため、わざと張遼は彼の態度をあざ笑う。そして、ここで討ち死にすれば、後で3つの罪が数えられると言った。

1つ目は、もし劉備が生きていた場合、孤主に背き「桃園の誓い」を破ることになる。

「桃園の誓い」については先の第9話(01)を参照。

3つ目は、天子(てんし。献帝〈けんてい〉)を思い奉り、天下の将来を憂えぬこと。一身の処決を急いでみだりに血気の勇を示そうとするのは、真の忠節とは言えない。

関羽は、張遼の真情が込もった、また道理が尽くされた言葉を聴き好意を謝す。ここで考えを改め、一時、曹操に降伏の礼を執ることに同意した。

ただし、降伏に際しては3つの条件を願い出る。

1つ目は、たとえ剣甲を解いてこの山を下るとしても、断じて曹操に降伏するわけではないこと。つまり漢朝(かんちょう)には降伏するが、曹操には降らないこと。

2つ目は、劉備の二夫人と子どもたち、そのほか奴婢(ぬひ)らに至るまで、必ず生命と生活の安全を確約すること。加えて、これが丁重なる礼と俸禄とをもって行われること。

3つ目は、劉備の消息がわかった場合は暇(いとま)を告げずに立ち帰るのを許すこと。

張遼は関羽が提示した3つの条件を伝えるため、いったん曹操のもとへ戻っていく。

(04)下邳

曹操は話を聴いて驚き、3つ目の条件には初め難色を示したが、張遼に説かれ認めることにする。すぐに関羽を迎えてくるよう言い、恋人を待つように待ち抜いた。

管理人「かぶらがわ」より

関羽を下邳城からおびき出すために、もともと彼の味方だった捕虜を使う策は見事でした。

しかし、曹操をも惚(ほ)れさせてしまう漢(おとこ)、関羽。やはり破格のスケールを感じさせます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (4) 臣道の巻
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました