160年代

160年代 160年代

160~169年の主な出来事について史実(正史『三国志』および范曄〈はんよう〉の『後漢書〈ごかんじょ〉』)を中心にまとめたものです。10年分のダイジェスト版と各年ごとの通常版があります。

160年代

169年(漢の建寧2年)の主な出来事

-169年- 己酉(きゆう) 【漢】 建寧(けんねい)2年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉) 月別および季節別の主な出来事 【01月】 丁丑(ていちゅう)の日(2月5日?) 霊帝が大赦を行う。 『後漢書(ごかんじょ)』(霊...
2020.07.07 0
160年代

168年(漢の建寧元年)の主な出来事

-168年- 戊申(ぼしん) 【漢】 建寧(けんねい)元年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉) 月別および季節別の主な出来事 【01月】 壬午(じんご)の日(3日) 竇太后(とうたいこう)が城門校尉(じょうもんこうい)の竇武(...
2020.06.27 0
160年代

167年(〈漢の延熹10年〉→永康元年)の主な出来事

-167年- 丁未(ていび) 【漢】 (延熹〈えんき〉10年) → 永康(えいこう)元年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉) 月別および季節別の主な出来事 【01月】 先零羌(せんれいきょう)が三輔(さんぽ。長安〈ちょうあん〉を中...
2020.06.28 0
160年代

166年(漢の延熹9年)の主な出来事

-166年- 丙午(へいご) 【漢】 延熹(えんき)9年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉) 月別および季節別の主な出来事 【01月】 辛卯(しんぼう)の日(1日)、朔(さく) 日食が起こる。 『後漢書(ごかんじょ)』(桓帝紀...
2020.07.07 0
160年代

165年(漢の延熹8年)の主な出来事

-165年- 乙巳(いつし) 【漢】 延熹(えんき)8年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉) 月別および季節別の主な出来事 【01月】 桓帝が中常侍(ちゅうじょうじ)の左カン(さかん。忄+官)を苦県(こけん)に遣わし、老子(ろうし...
2020.06.28 0
160年代

164年(漢の延熹7年)の主な出来事

-164年- 甲辰(こうしん) 【漢】 延熹(えんき)7年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉) 月別および季節別の主な出来事 【01月】 庚寅(こういん)の日(18日) 沛王(はいおう)の劉栄(りゅうえい)が薨去(こうきょ)する...
2020.06.28 0
160年代

163年(漢の延熹6年)の主な出来事

-163年- 癸卯(きぼう) 【漢】 延熹(えんき)6年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉) 月別および季節別の主な出来事 【02月】 戊午(ぼご)の日(11日) 司徒(しと)の种暠(ちゅうこう)が死去する。 『後漢書(ごかん...
2020.06.28 0
160年代

162年(漢の延熹5年)の主な出来事

-162年- 壬寅(じんいん) 【漢】 延熹(えんき)5年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉) 月別および季節別の主な出来事 【01月】 桓帝が「太官右監丞(たいかんゆうかんじょう)」の官を廃止する。 『後漢書(ごかんじょ)』(...
2020.07.20 0
160年代

161年(漢の延熹4年)の主な出来事

-161年- 辛丑(しんちゅう) 【漢】 延熹(えんき)4年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉) 月別および季節別の主な出来事 【01月】 辛酉(しんゆう)の日(2日) 洛陽(らくよう)の南宮にある嘉徳殿(かとくでん)で火災が起...
2020.06.28 0
160年代

160年(漢の延熹3年)の主な出来事

-160年- 庚子(こうし) 【漢】 延熹(えんき)3年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉) 月別および季節別の主な出来事 【01月】 丙申(へいしん)の日(1日) 桓帝が大赦を行う。 『後漢書(ごかんじょ)』(桓帝紀〈かんて...
2020.06.28 0
160年代

160~169年の主な出来事(ダイジェスト版)

こちらの10年間では、やはり劉備(りゅうび)の誕生を押さえておきたいところ。 そのほかにも荀彧(じゅんいく)・張遼(ちょうりょう)・太史慈(たいしじ)・曹仁(そうじん)・顧雍(こよう)など、いずれ活躍することになる面々もこの世代。第1...
2020.07.07 0
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
タイトルとURLをコピーしました