160年(漢の延熹3年)の主な出来事

-160年- 庚子(こうし)
【漢】 延熹(えんき)3年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉)

月別および季節別の主な出来事

【01月】
丙申(へいしん)の日(1日)
桓帝が大赦を行う。
『後漢書(ごかんじょ)』(桓帝紀〈かんていぎ〉)

【01月】
丙午(へいご)の日(11日)
車騎将軍(しゃきしょうぐん)の単超(ぜんちょう)が死去する。
『後漢書』(桓帝紀)

⇒01月
新豊侯(しんぽうこう)の単超が死去する。玉衣などが下賜され盛大な葬儀が行われた。
『参考年表』

【閏01月】
焼何羌(しょうかきょう)が反乱を起こし張掖郡(ちょうえきぐん)に侵攻する。護羌校尉(ごきょうこうい)の段熲(だんけい)が積石山(せきせきざん)でこれを大破した。
『後漢書』(桓帝紀)

【閏01月】
白馬県令(はくばけんれい)の李雲(りうん)が直諫の罪により投獄されて獄死する。
『後漢書』(桓帝紀)

【04月】
桓帝のもとに「上郡(じょうぐん)で甘露(かんろ)が降った」との報告が届く。
『後漢書』(桓帝紀)

【05月】
甲戌(こうじゅつ)の日(11日)
漢中郡(かんちゅうぐん)で山崩れが起こる。
『後漢書』(桓帝紀)

【06月】
辛丑(しんちゅう)の日(9日)
司徒(しと)の祝恬(しゅくてん)が死去する。
『後漢書』(桓帝紀)

【07月】
桓帝が、司空(しくう)の盛允(せいいん)を「司徒」に、太常(たいじょう)の虞放(ぐほう)を「司空」に、それぞれ任ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【07月】
長沙蛮(ちょうさばん)が郡界に侵攻する。
『後漢書』(桓帝紀)

【09月】
泰山郡(たいざんぐん)と琅邪郡(ろうやぐん)の賊である労丙(ろうへい)らが再び反乱を起こし、民から略奪を働く。

桓帝は御史中丞(ぎょしちゅうじょう)の趙某(ちょう? 名は不明)に節(せつ)を持たせて遣わし、州郡の兵を指揮させて討伐した。
『後漢書』(桓帝紀)

訳者補注(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると「労丙は琅邪の賊。泰山の賊である叔孫無忌(しゅくそんぶき)と蜂起。都尉(とい)の侯章(こうしょう)を殺害し、琅邪の属県を荒らした。討寇中郎将(とうこうちゅうろうしょう)の宗資(そうし)の討伐を受けて平定された」という。

【09月】
丁亥(ていがい)の日(26日)
桓帝が詔(みことのり)を下し「特定の職務のない官については臨時の措置として俸禄の支給を停止し、豊作の年が来ればもとに戻す」とする。
『後漢書』(桓帝紀)

【11月】
日南郡(にちなんぐん)の蛮賊が一族をひきいて郡に降る。
『後漢書』(桓帝紀)

【11月】
勒姐羌(ろくしゃきょう)が允街県(いんがいけん)を包囲したものの、段熲がこれを討ち破る。
『後漢書』(桓帝紀)

【11月】
泰山の賊である叔孫無忌が都尉の侯章を殺害する。
『後漢書』(桓帝紀)

【12月】
中郎将の宗資が泰山郡に遣わされ叔孫無忌を討ち破る。
『後漢書』(桓帝紀)

訳者補注(渡邉義浩氏)によると「叔孫無忌は泰山の賊。琅邪の賊である労丙らとともに蜂起し、都尉の侯章を殺害。泰山の険阻に拠り、討寇中郎将の宗資の討伐も退けた。のち衛羽(えいう)の説得により投降した」という。

【12月】
武陵蛮(ぶりょうばん)が江陵国(こうりょうこく)に侵攻したものの、車騎将軍の馮緄(ふうこん)が討伐にあたり降伏させる。
『後漢書』(桓帝紀)

【12月】
荊州刺史(けいしゅうしし)の度尚(たくしょう)が長沙蛮の討伐にあたり、これを平定する。
『後漢書』(桓帝紀)

「この年(160年)に亡くなったとされる人物」
単超(ぜんちょう)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

「この年(160年)に生まれたとされる人物」
卞氏(べんし。武宣卞皇后〈ぶせんべんこうごう〉)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】