210年(漢の建安15年)の主な出来事

-210年- 庚寅(こういん)
【漢】 建安(けんあん)15年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【春】「曹操(そうそう)の求賢令(きゅうけんれい)布告」
曹操が布告を出す。「才能のある者がいるなら、その地位や身分を問わずに推薦してほしい」というもの。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)

曹操は後の214年12月にも、今回のような求賢令を布告している。

【?月】
劉備(りゅうび)が自ら京(けい)に赴いて孫権(そんけん)と会見し、荊州(けいしゅう)の借用を申し入れる。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【冬】
曹操が銅雀台(どうじゃくだい)を築く。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【12月】
己亥(きがい)の日(?日)
曹操が布告を出す。自身のこれまでの行動を振り返り、「江湖(こうこ)の地域(長江〈ちょうこう〉の流域)がまだ鎮まらない以上、官位を譲るわけにはいかないが、領地については辞退することが可能だ」というもの。曹操は陽夏(ようか)・柘(しゃ)・苦(こ)の3県2万戸を返上し、武平県(ぶへいけん)の1万戸だけを食むことを申し出た。
『三国志』(魏書・武帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏武故事(ぎぶこじ)』

【?月】「周瑜(しゅうゆ)の死」
孫権配下の周瑜が蜀(しょく)の経略をもくろむが、その準備中に死去する。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
この年、孫権が豫章郡(よしょうぐん)を分割して鄱陽郡(はようぐん)を設置する。さらに長沙郡(ちょうさぐん)を分割して漢昌郡(かんしょうぐん)を設置し、魯粛(ろしゅく)を漢昌太守(かんしょうのたいしゅ)に任じて陸口(りくこう)に駐留させた。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

⇒?月
この年、孫権が(豫章郡から鄱陽県を)分割して鄱陽郡を設置し、(鄱陽)県をその治所とした。
『後漢書』(郡国志〈ぐんこくし〉)の劉昭注(りゅうしょうちゅう)

【?月】
この年、孫権が歩騭(ほしつ)を交州刺史(こうしゅうのしし)に任ずる。歩騭の着任後、(この地の豪族である)士燮(ししょう)は兄弟ともども孫権の支配下に入ったが、呉巨(ごきょ)のほうは服従しない態度を示したため、歩騭は呉巨を斬った。孫権は士燮に加官して左将軍(さしょうぐん)とした。
『三国志』(呉書・士燮伝〈ししょうでん〉)

「この年(210年)に亡くなったとされる人物」
周瑜(しゅうゆ)曹純(そうじゅん)張猛(ちょうもう)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 210年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました