214年(漢の建安19年)の主な出来事

-214年- 甲午(こうご)
【漢】 建安(けんあん)19年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
曹操(そうそう)が初めて籍田(せきでん。お供えの穀物を収穫する田)を耕す。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)

【?月】
南安(なんあん)の趙衢(ちょうく)と漢陽(かんよう)の尹奉(いんほう)らが馬超(ばちょう)を攻め、その妻子の首をさらす。馬超は漢中(かんちゅう)に逃走した。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒01月
馬超が曹操配下の楊阜(ようふ)らに敗れ、張魯(ちょうろ)のもとに身を寄せる。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

【?月】
韓遂(かんすい)が金城(きんじょう)に移り、氐族(ていぞく)の王の千万(せんばん)の部落に入る。そして、韓遂は羌族(きょうぞく)の1万余騎をひきい曹操配下の夏侯淵(かこうえん)と戦うも、散々に討ち破られて西平(せいへい)に逃走した。

夏侯淵は諸将とともに興国(こうこく)を攻め取る。その後、安東(あんとう)と永陽(えいよう)の両郡が廃止された。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒春
曹操配下の夏侯淵が略陽(りゃくよう)で韓遂を討ち破る。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【02月】
癸亥(きがい)の日(12日)
献帝の使者として派遣された行太常事(こうたいじょうじ。太常代理)・大司農(だいしのう)・安陽亭侯(あんようていこう)の王邑(おうゆう)と宗正(そうせい)の劉艾(りゅうがい)が、魏公(ぎこう)の宗廟(そうびょう)で二貴人(にきじん。曹操のふたりの娘)に印綬(いんじゅ)を授ける。

甲子(こうし)の日(13日)
魏公の宮殿の延秋門(えんしゅうもん)に至り、二貴人を迎えて車に登らせる。

癸酉(きゆう)の日(22日)
二貴人が洧倉(いそう)の城中に到着する。

乙亥(いつがい)の日(24日)
二貴人が宮に入る。
『三国志』(魏書・武帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『献帝起居注(けんていききょちゅう)』

⇒?月
この年、献帝が、先に迎えた曹操の3人の娘である曹憲(そうけん)・曹節(そうせつ)・曹華(そうか)を貴人とした。
『後漢書(ごかんじょ)』(曹皇后紀〈そうこうごうき〉)

【03月】
献帝が魏公(曹操)の位を諸侯王の上に置くこととし、改めて金璽(きんじ)・赤紱(せきふつ。璽に付ける赤色のひも)・遠遊冠(えんゆうかん)を授ける。
『三国志』(魏書・武帝紀)

ここで「『献帝起居注』にいう」として、「左中郎将(さちゅうろうしょう)の楊宣(ようせん)と亭侯(ていこう)の裴茂(はいぼう)に命じ、節(せつ。使者のしるし)と印を持たせて遣わし、これらの品々を魏公の曹操に授けた」とある。

【?月】
劉備(りゅうび)配下の諸葛亮(しょかつりょう)が荊州(けいしゅう)に関羽(かんう)を留めたうえ、張飛(ちょうひ)や趙雲(ちょううん)とともに蜀(しょく)に入る。
『正史 三国志8』の年表

【04月】
日照りがあった。
『後漢書』(献帝紀〈けんていぎ〉)

ここでは具体的な場所についての記述はなかった。

【05月】
孫権(そんけん)が軍を進め、魏の皖城(かんじょう)を攻める。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【05月】
水害があった。
『後漢書』(献帝紀)

ここでは具体的な場所についての記述はなかった。

【閏05月?】
孫権が皖城を降し、魏の廬江太守(ろこうたいしゅ)である朱光(しゅこう)と参軍(さんぐん)の董和(とうか)、さらに男女数万人を捕虜にする。
『三国志』(呉書・呉主伝)

⇒閏04月
孫権が皖を攻破し、配下の呂蒙(りょもう)を廬江太守に任ずる。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

ここでは閏05月と閏04月という違いがあり、はっきりしなかった。この年は閏04月とするのが正しいと思われるが、原文には5月に孫権が皖城を攻めた記事があり、閏月にこれを攻略した記事が続いている。どういうことなのかイマイチわからず。

紙幅の都合なのかもしれないが、『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄著 潮書房光人社)の『三国志』年表ではこの記事が削除されていた。

【夏】「龐統(ほうとう)の死と劉璋(りゅうしょう)の降伏」
劉備が雒城(らくじょう)を陥し、さらに軍を進め成都(せいと)を包囲する。数十日後、劉璋は城を出て降伏した。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)

⇒?月
劉備が雒城の包囲戦中に龐統を戦死させつつも、やっとのことで雒城を陥す。劉備は、さらに軍を進めて成都を包囲した。
『正史 三国志8』の年表

⇒05月
劉璋が劉備に降伏する。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
劉備が益州牧(えきしゅうのぼく)の職務にあたり、諸葛亮を軍師将軍(ぐんししょうぐん)に任ずる。
『正史 三国志8』の年表

【07月】
曹操が孫権討伐に向かう。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【07月】
魏の尚書令(しょうしょれい)の荀攸(じゅんゆう)が死去する。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
曹操が夏侯淵に、隴西(ろうせい)で河首平漢王(かしゅへいかんおう)を自称していた宋建(そうけん)の討伐を命ずる。
『三国志』(魏書・武帝紀)

さらにこのくだりで「宋建は河首平漢王を自称し、枹罕(ふかん)に軍勢を集めて改元し、独自に百官を設置してから30余年が経過していた」ともある。

地名については枹罕と抱罕(ほうかん)が混用されており、はっきりしない。

『後漢書』でも枹罕とあった。

【10月】
曹操配下の夏侯淵が興国から出撃し、枹罕を陥して宋建を斬る。これにより涼州(りょうしゅう)が平定された。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒10月
曹操が部将の夏侯淵を遣わし枹罕県で宋建を討ち破り、これを生け捕る。
『後漢書』(献帝紀)

李賢注(りけんちゅう)によると「枹罕は県であり、金城郡(きんじょうぐん)に属する。唐(とう)の河州県(かしゅうけん)である」という。また「『三国志』(魏書・夏侯淵伝)に『夏侯淵は字(あざな)を妙才(みょうさい)といい、沛国(はいこく)譙県(しょうけん)の人である』とある」ともいう。

上の李賢注について『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「『三国志』(魏書・夏侯淵伝)には『夏侯淵は字を妙才といい、惇(とん。夏侯惇)の族弟である』とあり、夏侯淵が沛国譙県の人であることは『三国志』(魏書・夏侯惇伝)のほうに記されている」という。

⇒10月
曹操配下の張郃(ちょうこう)が河西(かせい)の諸羌(しょきょう)を降す。これにより隴右(ろうゆう)は曹操の手に落ちた。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【10月】
曹操が合肥(ごうひ)から帰途に就く。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【11月】「伏皇后(ふくこうごう)とその一族の死」
伏皇后が廃位されて亡くなり、兄弟もみな処刑される。以前に伏皇后は、父であるもとの屯騎校尉(とんきこうい)の伏完(ふくかん)に送った手紙の中で、「帝は先に董承(とうしょう)が処刑されたことで曹操に恨みを抱いておられます」と書き、甚だ醜悪な文辞を連ねたことがあった。これが発覚したため、そのかどで后位を廃された。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒11月
丁卯(ていぼう)の日(20日)
曹操が伏皇后を殺害し、一族やふたりの皇子も殺害する。
『後漢書』(献帝紀)

⇒?月
建安19(214)年に至り、伏皇后が曹操を討とうと画策していたことが漏れる。曹操は激怒し、献帝を脅して伏皇后を廃位させた。伏皇后は引っ立てられて暴室(ぼうしつ)に送られ、幽閉されたまま亡くなった。彼女の生んだふたりの皇子は酖毒(ちんどく)で殺害された。

伏氏は位にあること20年だったが、このとき連座した兄弟や宗族は100余人に上り、母の盈(えい)ら19人は涿郡(たくぐん)に流罪となった。
『後漢書』(伏皇后紀〈ふくこうごうき〉)

李賢注によると「『山陽公載記(さんようこうさいき)』に『劉備は蜀にあってこれを聞き、喪を発した』とある」という。

【12月】
曹操が孟津(もうしん)に到着する。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【12月】
献帝が曹操に、旄頭(ぼうとう。天子〈てんし〉の旗に付ける旄牛〈から牛。牛の一種〉の飾り)を付け、宮殿に鍾虚(しょうきょ。鐘をつり下げる台)を設けることを許す。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【12月】「曹操の求賢令(再)布告」
乙未(いつび)の日(19日)
曹操が布告を出す。「そもそも品行の正しい人物は必ずしも行動力があるとは言えず、行動力のある人物は必ずしも品行が正しいとは言えない」として、「士人に短所があるからといって安易に無視することのないように」と、有司(ゆうし。担当官吏)に注意を促すもの。

また、「刑罰は民の生命に関わる重要事であるが、軍中の裁判に携わっている者の中にはその役目にふさわしくない人物がいる」として、「法制に十分明らかな者を選んで刑罰を担当させるように」と命じ、理曹掾属(りそうえんぞく)の官を設置した。
『三国志』(魏書・武帝紀)

曹操は先の210年の春にも、今回のような求賢令を布告している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 210年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました