龐統(ほうとう)

【姓名】 龐統(ほうとう) 【あざな】 士元(しげん)

【原籍】 襄陽郡(じょうようぐん)

【生没】 179~214年(36歳)

【吉川】 第124話で初登場。
【演義】 第035回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・龐統伝』あり。

龐徳公(ほうとくこう)から「鳳雛(ほうすう)」と評価されるも、劉備(りゅうび)の成都(せいと)入城を見ることなく逝く

父母ともに不詳。龐徳公は従父(おじ)。龐林(ほうりん)は弟。息子の龐宏(ほうこう)は跡継ぎ。

龐統は若いころ地味で鈍そうに見えたので、まだ彼を評価する者はいなかったという。20歳の時(198年?)に司馬徽(しばき)と会い、夜まで語り合い高く評価されたことで、徐々にその名が知られるようになった。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く習鑿歯(しゅうさくし)の『襄陽記(じょうようき)』では、龐統が司馬徽に会ったのは18歳の時(196年?)とある。

のちに龐統は南郡(なんぐん)の「功曹(こうそう)」となったが、もともと人物評価を好んでいたこともあり人材の育成に努める。

そして210年、孫権(そんけん)配下で南郡太守(なんぐんたいしゅ)の周瑜(しゅうゆ)が死去すると、龐統は遺骸を呉(ご)まで送り届けた。

そのころ龐統の名声は呉人(ごひと)の間でも知られており、陸績(りくせき。陸勣)・顧邵(こしょう。顧劭)・全ソウ(ぜんそう。王+宗)らと親交を結ぶ。

のちに劉備が荊州(けいしゅう)の実権を握ると、龐統は「従事(じゅうじ)」の身分のまま「耒陽県令(らいようけんのれい)」を代行する。ところがまったく治績を上げられず、そのうち免官されてしまう。

この話を聞いた孫権配下の魯粛(ろしゅく)が、わざわざ劉備に手紙を送り述べた。

「龐士元(龐統)は百里(県の広さ)を治めるような才ではございません。『治中(ちちゅう)』や『別駕(べつが)』といった任(どちらも州の要職)に就いてこそ、驥足(きそく)を展(の)ぶ(優れた才能を十分に発揮する)ことができるのです」

諸葛亮(しょかつりょう)も同様に口添えをしたため、劉備はよく龐統と語り合い、大器であると見直し「治中従事」に任じた。やがて龐統は諸葛亮に次ぐ親愛を得るようになり、ふたり並んで「軍師中郎将(ぐんしちゅうろうしょう)」となった。

翌211年、劉備が劉璋(りゅうしょう)の要請を受けて益州(えきしゅう)へ入った際、諸葛亮は荊州にとどまり、龐統は遠征に従軍した。

こうして劉備と劉璋が涪(ふう)で会見することになると、龐統はこの機会に劉璋を捕らえるよう進言したが、劉備に容れられなかった。

翌212年、劉備は漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)を討伐すると見せかけて葭萌(かぼう)まで来ていたが、ここで龐統は3つの計を献ずる。

上計は、ひそかに精兵を選び、(軍勢の向きを変え)今すぐ昼夜兼行で成都を急襲するというもの。

中計は、関(かん。白水関〈はくすいかん〉)を守っている劉璋配下の楊懐(ようかい)と高沛(こうはい)に使者を遣り、荊州へ帰還することになったと告げる。

そうすれば、ふたりは軽装であいさつに来るだろうから、そのとき彼らを捕らえてしまい、指揮下の軍勢も奪い成都へ向かうというもの。

下計は、とりあえず白帝(はくてい)まで引き揚げ、次いで荊州へ引き返し、その道中で新たな手段を考えるというもの。

劉備は中計を採り、ただちに楊懐と高沛を斬ると、成都へ向け進軍を開始。行く先々で勝利を重ねた。

翌213年、涪を攻略して緜竹(めんちく)も降し、続いて雒(らく)を包囲。だが、ここで劉璋の息子である劉循(りゅうじゅん)の堅守に手を焼き、戦いが長引く。

翌214年、龐統は雒城攻めの最中に流れ矢を受けて戦死。このとき36歳だった。「靖侯(せいこう)」と諡(おくりな)され「関内侯(かんだいこう)」の爵位を追贈された。息子の龐宏が跡を継いだ。

別に龐統の父(名は不詳)が「議郎(ぎろう)」に任ぜられ、のち「諫議大夫(かんぎたいふ)」に転じた。劉備は龐統の死を痛惜し、彼の話をするたびに涙を流したという。

龐統を始め、関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)・馬超(ばちょう)・黄忠(こうちゅう)に諡号(しごう)が贈られたのは、ずっと後の蜀の景耀(けいよう)3(260)年のこと。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注に引く習鑿歯の『襄陽記』に見えている、龐徳公が付けたという3人の称号が巧い。諸葛亮が「臥龍(がりょう)」で龐統が「鳳雛」、そして司馬徽が「水鏡(すいきょう)」。なるほどな、と妙に納得させるものがあります。

『演義』や『吉川版』の諸葛亮については、史実に基づかない活躍ぶりも数多く盛られていますが……。龐統については「赤壁(せきへき)の戦い」までの設定に疑問を感ずるものの、劉備に仕えた後の献策などはほぼ史実に基づいた使われ方をしていました。

なお、劉備軍は213年から雒城攻めに取りかかっていますので、龐統の没年が214年ではなく213年だったという可能性もあるのかなと思います。

しかし劉備が涙するまでもなく、やはり龐統の死は惜しかった……。彼が北伐時まで存命だったら、諸葛亮が採りうる戦略の幅は大きく広がっていたことでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】