董承(とうしょう)

【姓名】 董承(とうしょう) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~200年(?歳)

【吉川】 第048話で初登場。
【演義】 第013回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

献帝(けんてい)から衣帯の密詔を賜るも、志は果たせず

父母ともに不詳。

董承は霊帝(れいてい)の母である董太后(とうたいこう)の甥にあたるという。娘の董氏は献帝の貴人(きじん)となった。

195年7月、長安(ちょうあん)にあった献帝が洛陽(らくよう)への還幸を決断。このとき董承は安集将軍(あんしゅうしょうぐん)に任ぜられて随行する。

翌196年7月、献帝一行が洛陽にたどり着く。

董承は、この年の2月の時点で衛将軍(えいしょうぐん)に昇進していたことがうかがえるが、詳しい経緯はわからず。

同年8月、董承は輔国将軍(ほこくしょうぐん)の伏完(ふくかん)らとともに列侯(れっこう)に封ぜられる。

同年8月、曹操(そうそう)の意向を受け入れ、献帝が許(きょ)への遷都を決める。董承も群臣とともに随行。

199年3月、車騎将軍(しゃきしょうぐん)に昇進。

この年、献帝から御衣と玉帯を賜る。玉帯のほうには「曹操を誅殺すべし」との密詔が忍ばせてあり、董承は許にいた劉備(りゅうび)にもこのことを伝えた。

しかし、ほどなく劉備は曹操の命を受け、朱霊(しゅれい)や路招(ろしょう)をひきいて袁術(えんじゅつ)討伐へと出発。

同年6月、袁術が病死。このとき劉備はまだ徐州(じょしゅう)に到着していなかったが、朱霊らを許へ帰したあと徐州刺史(じょしゅうしし)の車胄(しゃちゅう)を殺害し、そのまま徐州に留まった。

翌200年1月、曹操誅殺計画が漏れる。これは董承が、長水校尉(ちょうすいこうい。越騎校尉〈えっきこうい〉とも)の种輯(ちゅうしゅう)、将軍の呉子蘭(ごしらん)、偏将軍(へんしょうぐん)の王子服(おうしふく。王服)らとともに謀議を重ねたものだった。

計画に関わった董承らは曹操の命により一族ともども処刑されたが、その中には献帝の子を身ごもっていた董貴人も含まれていた。

管理人「かぶらがわ」より

正史『三国志』および范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』には董承の伝が立てられていないため、その事績も断片的なものしか拾えませんでした。

董承と言えば、やはり衣帯の密詔ですよね。

吉川『三国志』(第79話)あたりでは、車騎将軍の董承を筆頭に、校尉(血判状では「長水校尉」)の种輯、将軍(血判状では昭信将軍〈しょうしんしょうぐん〉)の呉子蘭、侍郎(じろう。血判状では工部郎中〈こうぶろうちゅう〉)の王子服、議郎(ぎろう)の呉碩(ごせき)、西涼太守(せいりょうたいしゅ)の馬騰(ばとう)、そして予州刺史(よしゅうしし。豫州刺史。血判状では左将軍〈さしょうぐん〉)の劉備を加えた7人が、曹操誅殺を誓う血判状に署名していました。
吉川『三国志』の考察 第079話 「油情燈心(ゆじょうとうしん)」
帰宅した董承(とうじょう)は、献帝(けんてい)より賜った玉帯の中から血でしたためられた密詔を見つけ、その文面に涙する。さっそく董承は信頼できそうな仲間を捜しにかかるも、こうして集めた同志たちは今ひとつ決め手に欠けていた。第079...

『三国志演義』(第21回)で出てくる7人も同じ顔ぶれですが、董承、王子服、种輯、呉碩、呉子蘭、馬騰、劉備の順に署名したことになっており、いくらか順番が違っています。

両者ともここに至る直前、許田で催された巻き狩りにおける、献帝への曹操の無礼な振る舞いを印象づけたりしており、なかなか巧みな展開になっていると思います。まぁ史実としては、この件に馬騰は関係ないのですけど――。

正史『三国志』には、この計画がなぜ露見したのか書かれていませんが、曹操の目や耳となる者が数多くいたということでしょう。それにしても、劉備はうまく難を逃れましたね。こう見事にかわされると、かえって何だかなぁという感じもします。
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました