馬騰(ばとう)

【姓名】 馬騰(ばとう) 【あざな】 寿成(じゅせい)

【原籍】 扶風郡(ふふうぐん)茂陵県(ぼうりょうけん)

【生没】 ?~212年(?歳)

【吉川】 第025話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓遂(かんすい)と組み涼州(りょうしゅう)に勢力を張るも、一族皆殺しの最期

父は馬子碩(ばしせき。名はわからず)だが、母は不詳。羌族(きょうぞく)の女性だったという。馬超(ばちょう)・馬休(ばきゅう)・馬鉄(ばてつ)という3人の息子がいた。

馬騰の先祖は、後漢(ごかん)の伏波将軍(ふくはしょうぐん)の馬援(ばえん。前14~後49年)だという。

父の馬子碩は天水郡(てんすいぐん)の蘭干県尉(らんかんけんのい)を務めたが、のちに官位を失う。そのまま隴西(ろうせい)に留まり、羌族に混ざって暮らした。家が貧しく妻もいなかったので、馬子碩は羌族の娘を娶る。やがて生まれたのが馬騰だった。

馬騰は若いころ貧乏で財産がなかったので、いつも彰山(しょうざん)に入って材木を切り出した。そしてこれを背負い、市場まで売りに行くことで生計を立てていた。

馬騰は身長が8尺(せき)以上もあり、体格だけでなく顔や鼻も立派だった。そのうえ賢くて信義にも厚かったため、多くの人々から敬愛されたという。

霊帝(れいてい。在位168~189年)の末期、涼州刺史(りょうしゅうしし)の耿鄙(こうひ)が不正な官吏を信任すると、平民の王国(おうこく)に加え、氐族(ていぞく)や羌族も反乱を起こした。

州郡では平民の中から武勇のある者を募って討伐しようとしたが、このときの応募者に馬騰がいた。馬騰は軍の従事(じゅうじ)に任ぜられ部隊を指揮する。反乱軍の討伐で手柄を立て軍の司馬(しば)に昇進した。

187年、反乱軍内で仲間割れが起こり、韓遂が辺章(へんしょう)や北宮伯玉(ほくきゅうはくぎょく)らを殺害し隴西を包囲。

同年4月、涼州刺史の耿鄙が韓遂らの討伐にあたったものの大敗。

同年4月、韓遂が漢陽郡(かんようぐん)に侵攻し、漢陽太守(かんようたいしゅ)の傅燮(ふしょう)が戦死。

同年4月、馬騰が韓遂と合流。王国を首領に推し立て三輔(さんぽ。長安〈ちょうあん〉を中心とする地域)へ侵攻。

192年、韓遂とともに朝廷に降伏し、軍勢をひきいて長安へ赴く。馬騰は征西将軍(せいせいしょうぐん)に任ぜられて郿(び)に駐屯することになり、韓遂は鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)に任ぜられて金城(きんじょう)へ帰ることになった。

194年3月、韓遂とともに長平観(ちょうへいかん)で郭汜(かくし)や樊稠(はんちゅう)らと戦ったものの大敗し、涼州へ逃走する。

涼州へ戻った馬騰と韓遂は、初めこそ極めて親しくして義兄弟の契りを結ぶほどだったが、のちに一転し、互いに争い合う仇敵(きゅうてき)となった。

馬騰に攻められた韓遂は敗走したが、軍勢を集めて立ち戻り、反撃して馬騰の妻子を殺害。このため、いつまでも戦闘が続くことになってしまう。

197年、司隷校尉(しれいこうい)の鍾繇(しょうよう)と涼州牧(りょうしゅうぼく)の韋端(いたん)の説得を受け韓遂と和解。馬騰は召し還されて槐里(かいり)に駐屯することになり、前将軍(ぜんしょうぐん)・仮節(かせつ)に任ぜられたうえ槐里侯に封ぜられた。

その後、馬騰は北方は胡(こ。異民族)の侵入に備え、東方は白(はく。鮮卑族〈せんぴぞく〉)の騎兵に備えた。また、士人を厚遇し賢者を引き立て、民の救済にも努めたので三輔は甚だ安定。人々の敬愛を集めたという。

208年、朝廷から衛尉(えいい)として召し出される。再び韓遂との仲が険悪になっていた馬騰は自らの老いも顧み、召しに応じ入朝することにした。

こうして馬騰が入朝すると長男の馬超が偏将軍(へんしょうぐん)に任ぜられ、馬騰配下の軍勢を統率することになった。馬超の弟の馬休は奉車都尉(ほうしゃとい)に、その弟の馬鉄は騎都尉(きとい)に、それぞれ任ぜられ、馬騰一族は鄴(ぎょう)に移住した。

211年3月、曹操(そうそう)が鍾繇に張魯(ちょうろ)の討伐を命ずる。加えて夏侯淵(かこうえん)らにも、河東(かとう)に出て鍾繇と合流するよう命じた。

この動きに対して関中(かんちゅう)にいた馬超が疑心を抱く。馬超は韓遂と協力し、楊秋(ようしゅう)・李堪(りかん)・成宜(せいぎ)らとともに反乱を起こした。

同年9月、馬超らは渭南(いなん)で曹操軍に大破され、涼州へ逃走。

翌212年5月、馬騰は息子の馬休や馬鉄らとともに曹操に誅殺され、一族も皆殺しにされた。

管理人「かぶらがわ」より

正史『三国志』および范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』には馬騰の伝が立てられていませんが、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・馬超伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』に、彼の事績がいくらかまとめて載せられていました。

吉川『三国志』や『三国志演義』での馬騰は、反董卓(とうたく)連合軍に参加していたり、董承(とうしょう)が献帝(けんてい)から賜った衣帯の密詔による曹操誅殺計画に絡んだりしていますが――。両方とも史実ではないのですよね。

このふたつのイベントに参加していないという認識だと、馬騰のイメージがだいぶ変わってくると思います。息子の馬超が魅せる男であるうえ、最終的には蜀の劉備(りゅうび)に仕えて活躍したので、その父の馬騰も持ち上げ的な味付けになったのでしょうか?

史実ではそこまで漢室(かんしつ)に忠義を尽くしてはいないのですが、濃い感じの豪快な人物像が浮かんできますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました