田豫(でんよ)A ※漁陽(ぎょよう)の人

【この記事をシェアする】

【姓名】 田豫(でんよ) 【あざな】 国譲(こくじょう)

【原籍】 漁陽郡(ぎょようぐん)雍奴県(ようどけん)

【生没】 ?~?年(82歳)

【吉川】 第304話で初登場。
【演義】 第103回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・田豫伝』あり。

曹氏(そうし)4代(曹操〈そうそう〉・曹丕〈そうひ〉・曹叡〈そうえい〉・曹芳〈そうほう〉)に仕え、異民族にも威名を轟(とどろ)かす

父母ともに不詳。息子の田彭祖(でんほうそ)は跡継ぎ。

田豫は年少のころ、公孫瓚(こうそんさん)のもとに逃げ込んでいた劉備(りゅうび)に身を託し、極めて高い評価を受けたという。

194年、劉備が「豫州刺史(よしゅうのしし)」になると、田豫は母の老齢を理由に帰郷を願い出て許しを得る。別れに臨み、劉備は彼のため涙を流したという。

のち公孫瓚の下で「東州県令(とうしゅうけんのれい)?」を代行。だが公孫瓚は、田豫が臨機応変の策に長じていることを理解しつつも、よく任用できなかった。

199年、公孫瓚が袁紹(えんしょう)によって敗死すると、鮮于輔(せんうほ)が国人に推されて「太守(たいしゅ)」を代行した。田豫は鮮于輔と親しかったこともあり「長史(ちょうし)」として取り立てられる。

当時、英雄や豪傑が次々と決起し、鮮于輔は誰に従えばよいのかわからなかった。田豫は曹操に付くことを勧め、鮮于輔もこの意見を容れたおかげで封邑(ほうゆう)と恩寵を受けることができた。田豫も曹操に召され「丞相軍謀掾(じょうしょうぐんぼうえん)」となる。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

田豫は「潁陰県令(えいいんけんのれい)」や「朗陵県令(ろうりょうけんのれい)」を経て「弋陽太守(よくようのたいしゅ)」に昇進したが、いずれの任地でも治績を上げたという。

218年、鄢陵侯(えんりょうこう)の曹彰(そうしょう)が代郡(だいぐん)を討伐した際、田豫は「相(しょう)」として従軍する。代郡を平定できたことについては彼の献策が大いに貢献した。

田豫は「南陽太守(なんようのたいしゅ)」に転任。以前(218年)、郡民の侯音(こうおん)が反乱を起こし、数千の仲間を山中に集め、盗みなどを働き大きな被害を与えた。前太守の東里袞(とうりこん)は500人を逮捕し、みな死刑に該当すると上奏していた。

しかし田豫は着任後、投獄されている囚人と会って諭したうえ、すべて釈放する。囚人らは互いに語り合い、一朝のうちに解散。郡は静けさを取り戻し、曹操からも評価されたという。

220年、曹丕が帝位に即いたころ北方の蛮族が強盛で、国境地帯に侵入しては騒ぎを起こしていた。そこで田豫が「持節(じせつ)・護烏丸校尉(ごうがんこうい)」となり、牽招(けんしょう)や解儁(かいしゅん)とともに鮮卑族(せんぴぞく)を監督する。

高柳(こうりゅう)以東から濊貊(わいばく)以西の地域にいる鮮卑の数十部族、軻比能(かひのう)・弥加(びか)・素利(そり)は領地を分割して支配しており、中国の市場に馬を出さないよう申し合わせていた。

田豫は蛮族を離間させようと図る。そのうち素利が盟約を破り、馬1千頭をお上に差し出したため、軻比能に攻められ救援を求めてきた。田豫は奇計を用いて撃退したうえ、20余里(り)にわたって追撃し、鮮卑側に多数の死者が出た。

また、烏丸王の骨進(こつしん)が凶暴かつ狡猾(こうかつ)で恭順しなかったため、田豫は国境を出て巡行した折、100余騎をひきいて部落を訪ねる。

骨進は出迎えて拝伏したが、田豫は左右の者に命じて彼を斬らせ、その罪を明らかにした後、部族の人々に命令した。みな恐れおののき、あえて動こうとはしなかったという。骨進の弟を代わりに立てると、これ以来、蛮人は肝をつぶし、田豫の威名が砂漠に轟きわたった。

山賊の高艾(こうがい)が数千の仲間を集め、幽州(ゆうしゅう)や冀州(きしゅう)を荒らし回ると、田豫は鮮卑族の素利に働きかけて高艾を斬らせ、首を都へ送り届ける。この功により「長楽亭侯(ちょうらくていこう)」に封ぜられた。

やがて幽州刺史の王雄(おうゆう)の一党が、王雄に「烏丸校尉」を兼ねさせたいと考え田豫を非難する。田豫は「汝南太守(じょなんのたいしゅ)」に転任し「殄夷将軍(てんいしょうぐん)」の官位を加えられた。「烏丸校尉」の在職期間は9年だった。

太和(たいわ)年間(227~233年)の末、遼東(りょうとう)の公孫淵(こうそんえん)が魏に背く。曹叡は討伐を望んだものの、容易に適任者が見つからない。

中領軍(ちゅうりょうぐん)の楊曁(ようき)が田豫を推挙したところ、曹叡は田豫に本官のまま青州(せいしゅう)諸軍の監督を命じ、「仮節(かせつ)」として討伐に派遣した。

ちょうど呉(ご)が使者を遣り公孫淵と同盟を結んだが、田豫は、呉船が帰るころには風が強まり、結局は成山(せいざん)に向かうことになると予測。成山周辺の地勢を調べ、島々に至るまでの要害を押さえて待ち受ける。

呉船が帰途に就くとやはり暴風に遭い、船は山にぶつかって沈没。人々は岸に流れ着いたが、隠れる場所もなく捕虜となった。

これ以前、田豫が「汝南太守」のまま青州の諸軍を監督することになったとき、青州刺史の程喜(ていき)は不満に思った。彼は軍事行動の際にも田豫の意見に反対することが多かった。

程喜は曹叡が立派な真珠を愛好していることを知り、ひそかに上言する。

「田豫は戦功を立てましたが禁令は緩んでおります。彼の鹵獲(ろかく)した武器・真珠・金などは甚だ多かったのに、これらを放出してしまい官に納めませんでした」

このため田豫の功績は採り上げられなかったという。

234年、孫権(そんけん)が自ら10万と号する軍勢をひきいて魏の合肥新城(ごうひしんじょう)を攻めたとき、征東将軍(せいとうしょうぐん)の満寵(まんちょう)は諸軍をひきいて救援するつもりだった。

田豫は呉軍に城を攻めさせておき、その鋭気をくじくべきで、大軍をもって敵と争わないほうがよいと進言。彼の意見が上言されると曹叡もこれを容れ、そのうち孫権も遁走(とんそう)した。

景初(けいしょ)年間(237~239年)の末、田豫は300戸の加増を受け、以前と合わせて封邑は500戸となる。

曹芳の正始(せいし)年間(240~249年)の初め、田豫は「使持節(しじせつ)・護匈奴中郎将(ごきょうどちゅうろうしょう)」に昇進。さらに「振威将軍(しんいしょうぐん)」の官位を加えられ「幷州刺史(へいしゅうのしし)」を兼ねた。

外部の蛮族は田豫の威名を伝え聞いていたため、連れ立って来貢したという。州境は安定し民も懐いた。

のち召し還されて「衛尉(えいい)」となる。たびたび田豫は辞任を請うたが、太傅(たいふ。239~251年)の司馬懿(しばい)は文書で諭し、曹芳の聴許を得るには至らなかった。

それでもあくまで田豫が重病と称したため、「太中大夫(たいちゅうたいふ)」に任ぜられ、卿(けい)の俸禄を食(は)むことになった。

田豫は82歳で死去(時期は不明)し、息子の田彭祖が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、田豫は清潔でつつましいうえ質素で、賞賜をすべて将兵に分け与えていたそうです。蛮民からの個人的な贈り物も帳簿につけて官に納めたので、いつも家族は窮乏していたのだと。そのため異民族でさえ、彼の節義を高く評価していたとも。

そして254年、詔(みことのり)によって褒賞され、遺族に銭と穀物が下賜されたということでした。『三国志』(魏書・徐邈伝〈じょばくでん〉)によると、この際、徐邈・胡質(こしつ)・田豫の家に、それぞれ穀物2千斛(ごく)と銭30万が下賜されています。

田豫の没年はイマイチはっきりしませんが、太傅の司馬懿や下賜の記事を見ると、おおよその予測はつきますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】