牽招(けんしょう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 牽招(けんしょう) 【あざな】 子経(しけい)

【原籍】 安平郡(あんぺいぐん)観津県(かんしんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・田豫伝(でんよでん)』に付された「牽招伝」あり。

長く辺境で活躍した異民族対策の専門家

父母ともに不詳。息子の牽嘉(けんか)は跡継ぎで、牽弘(けんこう)も同じく息子。

牽招は10余歳の時、同県の楽隠(がくいん)に師事する。のち楽隠は車騎将軍(しゃきしょうぐん。187~189年)の何苗(かびょう)の「長史(ちょうし)」となったが、牽招も師に随行して学業を終えた。

189年、洛陽(らくよう)の動乱によって何苗と楽隠が殺害されると、牽招は同門の史路(しろ)らと協力し、白刃を冒して楽隠の遺体を収容。これを守って帰郷しようとしたが、道中で略奪に遭い、史路らは逃げ散ってしまう。

賊が柩(ひつぎ)を開けようとしたので、牽招は涙ながらに見逃してほしいと頼む。すると賊は彼の義気に感心し、そのまま立ち去る。このことから牽招は有名になった。

やがて牽招は冀州牧(きしゅうぼく)の袁紹(えんしょう)に招かれて「督軍従事(とくぐんじゅうじ)」となり「烏丸突騎(うがんとっき)」を兼ねる。

袁紹の舎人が禁令を犯した際、牽招は先に斬ってから報告した。だが袁紹は、彼の処置を高く評価し罪に問わなかったという。

202年、袁紹が死去すると、牽招は息子の袁尚(えんしょう)に仕える。

204年、鄴(ぎょう)が曹操(そうそう)に包囲されると、牽招は袁尚の命を受け上党(じょうとう)へ行き、兵糧の調達にあたった。ところが彼が戻る前に袁尚は敗れ、中山(ちゅうざん)へ逃走。

牽招は幷州刺史(へいしゅうしし)の高幹(こうかん)を訪ね、袁尚と力を合わせ、情勢の変化を見るよう勧める。

高幹は袁紹の甥で、袁尚の外兄(いとこ。父の姉妹の息子、または母の兄弟の息子)にあたる。

しかし、高幹が牽招をひそかに殺害しようとしたため、彼は間道づたいに逃げた。それでも道がふさがれていて袁尚を追うことはできず、東に転じ曹操のもとへ行く。曹操は「冀州刺史」を兼ねると、牽招を召して「従事」とした。

曹操は(袁尚の兄の)袁譚(えんたん)討伐を考えたが、柳城(りゅうじょう)の烏丸族が騎兵を出し袁譚を助けようとした。牽招は「烏丸突騎」を務めたことがあったので、命を受けて柳城へ赴く。

柳城に着くと、「峭王(しょうおう)」を号する烏丸の大人(たいじん。部族の有力者)の蘇僕延(そぼくえん)が警戒態勢を敷いており、袁譚のもとに5千騎を送ろうとしているところだった。

また、遼東太守(りょうとうたいしゅ)の公孫康(こうそんこう)が「平州牧(へいしゅうのぼく)」と自称。配下の韓忠(かんちゅう)を遣わし、蘇僕延に「単于(ぜんう。王)」の印綬(いんじゅ)を与えようともしていた。

蘇僕延は部族長を集めて協議したが、牽招と韓忠も同席する。牽招が韓忠の主張を論破してみせると、蘇僕延は曹操の命令を受け入れ、警戒態勢にあった5千騎を解散させた。

翌205年、曹操が南皮(なんぴ)で袁譚を討ち果たすと、牽招は「軍謀掾(ぐんぼうえん)」となる。

207年、曹操の烏丸討伐に従軍し、柳城に着いたところで「護烏丸校尉(ごうがんこうい)」に任ぜられた。

曹操が鄴に帰ると、公孫康から(遼東に逃げ込んでいた)袁熙(えんき)と袁尚の首が届けられ馬市に掛けられた。牽招は悲しい気持ちになり、首の下で祭祀(さいし)を設ける。だが、曹操は義気ある行為として評価し、彼を茂才(もさい)に推挙した。

215年、牽招は曹操の漢中(かんちゅう)討伐に付き従ったが、帰還時に留め置かれ「中護軍(ちゅうごぐん)」となる。やがて鄴へ帰還して「平虜校尉(へいりょこうい)」に任ぜられ「督青徐諸軍事(とくせいじょしょぐんじ)」を務めた。そして東萊(とうらい)の賊を攻め破り、東方地域の平穏を取り戻す。

220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと、牽招は「使持節(しじせつ)・護鮮卑校尉(ごせんぴこうい)」として昌平(しょうへい)に駐屯。

このころ辺境の民は山沢に流亡したり、鮮卑へ逃亡して魏に背いたりし、こうした者たちの居住地が4ケタの数に上っていた。牽招は広く恩愛と信義を施し帰順者を招き入れる。

建義中郎将(けんぎちゅうろうしょう)の公孫集(こうそんしゅう)らが配下を引き連れて帰順したので本郡に戻す。さらに鮮卑族の素利(そり)や弥加(びか)らの10余万の部落を懐柔した結果、みな砦(とりで)の門をたたいて帰服した。

のち呉(ご)討伐が計画された際、牽招は召し還されたものの、その遠征が取りやめとなる。右中郎将(ゆうちゅうろうしょう)」に任ぜられ、地方へ出て「雁門太守(がんもんのたいしゅ)」となった。

雁門郡は国境地帯にあり、備えをしても略奪の被害が絶えない。牽招は民に闘い方を教えたうえ、上奏して烏丸族の500余家の租税を免除してもらい、彼らに遠方まで偵察に行かせる。賊が国境を侵すたび、牽招は兵をひきいて撃破した。そのうち官民の胆力も日を追って研ぎ澄まされ、荒野を行くときも心配がなくなった。

また、鮮卑の大人らの離間を図ったところ、歩度根(ほどこん)や泄帰泥(せつきでい。泄帰尼〈せつきじ〉とも)らが軻比能(かひのう)と仲たがいを起こす。彼らは3万余家を引き連れて郡に出頭し、国境地帯に従属した。

牽招が従属した者たちに軻比能を攻めさせると、軻比能の弟の苴羅侯(しょらこう)に加え、魏に背いた烏丸の帰義侯(きぎこう)の王同(おうどう)や王寄(おうき)らも殺害したため仇敵(きゅうてき)同士となる。ここで牽招も泄帰泥らをひきいて出撃し、もとの雲中郡(うんちゅうぐん)の地で軻比能を大破。

その後、河西(かせい)にいる鮮卑族の附頭(ふとう)ら10余万家と誼(よしみ)を通じ、陘北(けいほく)にあった、もとの上館城(じょうかんじょう)を修繕して守備兵を置き、内外の抑えとした。

蛮民は牽招に心を寄せ、反逆した逃亡者は親戚でもかくまわず、みな逮捕し送り届けてくる。これにより盗賊も息を潜めることになった。

牽招は才識のある者を選んで太学(たいがく)で学ばせ、彼らが帰国すると互いに教え合わせる。数年の間に学業は大いに盛んになったという。

雁門の郡治の広武県(こうぶけん)は井戸水が塩辛く、民はみな遠くまで流水をくみに行っていた。牽招が地勢を考え、山の水源から城内まで水を引き入れたので民は恩恵を受けた。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと、牽招は「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられる。

228年、護烏丸校尉の田豫が国境を出て、もとの馬邑城(ばゆうじょう)で軻比能に包囲された。牽招は救援要請を受けると通常の規定に反し、自ら上奏文を奉り即座に出発。もとの平州の砦の北で軻比能の軍勢を大破した。

牽招は蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)の侵攻に対し、蜀は軻比能と誼を通じているので防備を整えるよう上奏。だが魏の論者は、両者が遠く離れていることから信じなかった。このころ諸葛亮は祁山(きざん)に駐屯しており、やはり使者を遣って軻比能と結んでいた。

231年、軻比能はもとの北地郡(ほくちぐん)の石城(せきじょう)へ侵出し、諸葛亮に呼応する。曹叡の詔(みことのり)を受け牽招が討伐に向かったものの、すでに軻比能は砂漠の南へ引き揚げていた。

牽招は幷州刺史の畢軌(ひつき)に相談して言った。

「蛮族は移動するため常居を持たないが、これを遠方まで追撃しても追いつけない。奇襲しようにも山や谷があるうえ、物資や兵糧をひそかに運ぶことも難しい」

「そこで、新興(しんこう)と雁門の守備にあたっているふたりの牙門将軍(がもんしょうぐん)に命じ、国境を出て陘北に駐屯させてはどうだろうか?」

「外に向けては鎮撫(ちんぶ)の効果があり、内で兵に田作させれば兵糧を蓄えることもできる。秋から冬に入り馬が肥えたとき、州郡が力を合わせて敵の隙を突くのがよいと思う」

しかし、このことが実施されないうちに牽招は病死(時期は不明)してしまう。息子の牽嘉が跡を継いだ。

牽招の雁門における在任期間は12年に及び、その威風は遠くまで轟(とどろ)いた。彼の辺境統治の評判は田豫に次ぎ、民から追慕されたという。

管理人「かぶらがわ」より

若いころから学問に励んでいたためか、牽招の軍略や政策には理論的なものが感じられます。

ただ、いくら長城(ちょうじょう)があったにせよ、魏の国境は果てしなく長い。いきなり馬に乗ってやってきて、追いかけるとどこまでも逃げていく。その対策に手を焼いたであろうことは容易に想像がつきますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】