郭淮(かくわい)

【姓名】 郭淮(かくわい) 【あざな】 伯済(はくせい)

【原籍】 太原郡(たいげんぐん)陽曲県(ようきょくけん)

【生没】 ?~255年(?歳)

【吉川】 第218話で初登場。
【演義】 第070回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・郭淮伝』あり。

的確な判断で雍涼(ようりょう)を鎮守し、蜀軍(しょくぐん)の侵攻も食い止める。陽曲貞侯(ようきょくのていこう)

父は郭縕(かくうん)だが、母は不詳。郭全(かくぜん)は祖父。郭配(かくはい)と郭鎮(かくちん)は弟。妻は王淩(おうりょう)の妹だった。息子の郭統(かくとう)は跡継ぎで、このほかにも4人の息子がいたという。

郭淮は建安(けんあん)年間(196~220年)に孝廉(こうれん)に推挙され、「平原府丞(へいげんふのじょう)」に任ぜられた。

211年、曹丕(そうひ)が「五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう)」になると、召されて「門下賊曹(もんかぞくそう)」を務める。のち「丞相兵曹議令史(じょうしょうへいそうぎれいし)」に転じた。

曹操(そうそう)が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

215年、郭淮は曹操の漢中(かんちゅう)討伐に付き従う。帰還時に征西将軍(せいせいしょうぐん)の夏侯淵(かこうえん)が留め置かれて劉備(りゅうび)を防ぐことになったが、郭淮はその「司馬(しば)」を務めた。

219年、夏侯淵が劉備と戦った際、ちょうど郭淮は病のため出陣できなかった。こうして夏侯淵が陽平(ようへい)で戦死すると軍中は混乱。郭淮は盪寇将軍(とうこうしょうぐん)の張郃(ちょうこう)を軍主に推し立て、諸軍営を落ち着かせる。

翌日、劉備が漢水(かんすい)を渡り攻め寄せる動きを見せると、みな水に沿って陣営を築くことで防ごうと考えた。

ここで郭淮は、あえて水から遠ざかって陣営を築き、敵を引きつけたうえ、彼らが半ば渡ったところで攻撃するのがよいと述べる。彼の意見に従い陣営を築いたところ、劉備は漢水を渡ろうとしなかった。

郭淮は固守して引く気がないことを示したうえ実情を報告。曹操はこの対応を嘉(よみ)し、張郃に「節(せつ。権限を示すしるし)」を与え、再び郭淮を「司馬」とした。

220年2月、曹丕が「魏王(ぎおう)」を継ぐと、郭淮は「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられ「鎮西長史(ちんぜいちょうし)」に転ずる。

また「征羌護軍(せいきょうごぐん)」を兼ね、左将軍(さしょうぐん)の張郃と冠軍将軍(かんぐんしょうぐん)の楊秋(ようしゅう)を監督。山賊の鄭甘(ていかん)や盧水(ろすい)を討伐し初めて関中(かんちゅう)の平定が成ると、民は安心して生業に就いた。

同年10月、曹丕が帝位に即くと、郭淮は即位を奉賀する使者として都へ向かうが、道中で病にかかり動けなくなった。

彼が遅れて到着すると、すでに祝宴が始まっていたため曹丕から厳しい責めを受ける。だが郭淮は、曹丕の治世を唐虞(とうぐ。堯〈ぎょう〉と舜〈しゅん〉)のそれになぞらえ、かえって評価された。

そのため「雍州刺史(ようしゅうのしし)」の代行に抜てきされ「射陽亭侯(しゃようていこう)」に封ぜられる。さらに5年後には正式な「雍州刺史」となった。

安定(あんてい)の羌族の大帥(たいすい。頭目)である辟蹏(へきてい)が反乱を起こすと、郭淮は討伐し降伏させた。

228年、蜀の諸葛亮(しょかつりょう)が祁山(きざん)に進み、将軍の馬謖(ばしょく)を街亭(がいてい)に、同じく高詳(こうしょう)を列柳城(れつりゅうじょう)に送り込む。これに対して郭淮が高詳を、張郃が馬謖を、それぞれ撃破した。

高詳については「高翔」や「高祥」と同一人物とも言われている。

さらに郭淮は、隴西(ろうせい)の羌族である唐蹏(とうてい)を枹罕(ふかん)で討ち破り、「建威将軍(けんいしょうぐん)」の官位を加えられた。

231年、蜀軍が鹵城(ろじょう)に侵出。このとき隴右(ろうゆう。隴山以西の地域)には穀物がなく、関中から大規模な輸送を行うことが論議される。

しかし、郭淮が威光と恩愛をもって羌族を帰順させたため、家ごとに穀物を出してもらうことができた。これらの運搬に関わる労役を公平に割り当てたこともあり、魏軍の兵糧は充足したという。のち郭淮は「揚武将軍(ようぶしょうぐん)」に転ずる。

234年2月、蜀の諸葛亮が斜谷(やこく)へ進み、蘭坑(らんこう)で田作を行う。

魏は司馬懿(しばい)を渭南(いなん)に駐屯させていたが、郭淮は諸葛亮の狙いが北原(ほくげん)にあると考え、先にその地を占めるよう主張。論者の多くは賛成しなかったが、司馬懿は郭淮の意見を容れ、北原での駐屯を命ずる。

同年4月、北原の塹壕(ざんごう)や塁壁がまだでき上がらないうちに蜀の大軍が来襲したものの、郭淮はこれを撃退した。

数日後、諸葛亮が兵力を誇示しながら西方へ移動。魏の諸将は西囲(せいい。陣営の名?)を攻めるつもりだと考える。

だが郭淮だけは、わが軍を西方に引きつけておき、陽遂(ようすい)を攻めるに違いないと主張。その夜、やはり蜀軍は陽遂を攻めたが、備えがあったので近づけなかった。

240年、蜀の姜維(きょうい)が隴西に侵出。郭淮は彊中(きょうちゅう)まで追撃し退却に追いやる。そのまま羌族の迷当(めいとう)らを討伐し、従順な氐族(ていぞく)の部落3千余を鎮撫(ちんぶ)。彼らを強制的に移住させ関中の充実を図った。

郭淮は「左将軍」に昇進。

涼州の休屠胡(きゅうとこ)の梁元碧(りょうげんへき)らが2千余家をひきいて雍州に帰順してくると、郭淮は上奏し、彼らを安定郡の高平(こうへい)に住まわせ、民の砦(とりで)とするよう求める。その後、彼らのために「西州都尉(せいしゅうとい)」が置かれた。

郭淮は「前将軍(ぜんしょうぐん)」に昇進したが、もとの通り雍州を宰領。

244年、曹爽(そうそう)や夏侯玄(かこうげん)らが蜀討伐に向かった際、郭淮は諸軍を指揮して先鋒を務める。このとき郭淮は形勢不利と判断し、速やかに軍を離脱させたため大敗を免れ、帰還後に「節」を賜った。

247年、隴西・南安(なんあん)・金城(きんじょう)・西平(せいへい)の羌族である、餓何(がか)・焼戈(しょうか)・伐同(ばつどう)・蛾遮塞(がしゃさい)らが反乱を起こした。

彼らは結託して城邑(まち)を攻囲し、さらに南方から蜀軍を招く。涼州の蛮族の治無戴(ちぶたい)も呼応して背いた。これに対し魏は、討蜀護軍(とうしょくごぐん)の夏侯霸(かこうは)を為翅(いし)に駐屯させる。

郭淮の軍が狄道(てきどう)に着いたとき、論者はみな先に枹罕を平定すべきだと主張した。ところが郭淮は姜維が夏侯霸を急襲すると考え、渢中(ふうちゅう)から南へ転進して夏侯霸と合流。姜維は為翅を攻めたものの、ちょうど郭淮軍が到着したため逃走。魏軍は反乱を起こした羌族を討伐し餓何と焼戈を斬り、降伏した部落も1万余に上る。

翌248年、蛾遮塞らは河関(かかん)や白土(はくど)の古城に拠り、河を頼りに抵抗。郭淮は上流で動いているように見せかけたうえ、ひそかに下流から兵を渡し白土城を攻め取った。

別に治無戴が武威(ぶい)を包囲したが、彼の家族は西海(せいかい)にとどまっていた。そこで郭淮は西海に軍を進め、治無戴の妻子を捕らえにかかる。ちょうど治無戴が敗れて帰ってきたので、郭淮は龍夷(りょうい)の北で戦い、これを撃破した。

令居(れいきょ)の蛮人が石頭山(せきとうざん)の西におり、街道まで出てきては魏使の往来を妨害していた。郭淮は立ち寄って討伐し、これも大破した。

次いで蜀の姜維が石営(せきえい)に侵出。彊川(きょうせん)を経て西進し、治無戴と合流する。さらに陰平太守(いんぺいたいしゅ)の廖化(りょうか)を成重山(せいちょうざん)にとどめて城を築かせ、羌族の人質を収容した。

郭淮は軍を分け廖化を攻めようとしたが、諸将は賛成しない。それでも彼は夏侯霸らに沓中(とうちゅう)の姜維を追わせる一方、自身は諸軍をひきいて廖化を攻める。

すると姜維は廖化の救援に駆けつけ、郭淮の考えた通りになった。郭淮は「都郷侯(ときょうこう)」に爵位が進む。

翌249年、郭淮は「征西将軍・都督雍涼諸軍事(ととくようりょうしょぐんじ)」に昇進。この年、雍州刺史の陳泰(ちんたい)と策を練り、蜀の牙門将(がもんしょう)の句安(こうあん)らを翅の近くで降す。

翌250年、曹芳(そうほう)の詔(みことのり)によって多年の功績が評価され、「車騎将軍(しゃきしょうぐん)・儀同三司(ぎどうさんし。三公待遇)」に昇進。「持節(じせつ)」と「都督」についてはもとの通りとされる。

爵位も「陽曲侯」に進み、封邑(ほうゆう)は2780戸となった。うち300戸を分ける形で、息子ひとりが「亭侯」に封ぜられた。

255年、郭淮が死去すると「大将軍(だいしょうぐん)」の官位を追贈され「貞侯」と諡(おくりな)される。息子の郭統が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

215年の漢中の張魯(ちょうろ)討伐以降、長く魏の西部地域で活躍した郭淮。目立った失策もなく、蜀の前に立ちはだかった名将のひとりと言えましょう。

曹丕の祝宴に遅れたのは失態でしたが、これまた見事な機転で切り抜けました。こういった才能がないと、昇進を続けるのは難しいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】