王氏(おうし)J ※曹芳(そうほう)の妻、王貴人(おうきじん)

【姓名】 王氏(おうし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹芳(そうほう)の側室、王貴人(おうきじん)

父母ともに不詳。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、「曹芳は251年に甄皇后(しんこうごう)が崩じたあと、新たな皇后として王氏(王貴人)を望んでいた」という。

「しかし、郭太后(かくたいこう)は外部から探したいという考えだったため対立。結局、252年に張氏(ちょうし)が皇后に立てられたが、曹芳は寵愛しなかった」ともある。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

曹芳が司馬師(しばし)のクーデターにより廃位される過程で、ちょこっと名が出てくる(しかも王沈の『魏書』に)程度なので、よくわからない女性です。

上の張皇后が254年に廃位されたあと、ほどなく王夔(おうき)の娘の王氏が皇后に立てられています。このふたりの王氏は初め同一人物だと思っていました。

でも、254年なら郭太后も健在(263年に崩御〈ほうぎょ〉)ですから。数年前に反対した王氏(王貴人)をここで認めるのは、いくらか妙な感じがします。やはり同一人物ではないらしい――。ほかにも登場箇所が少ないのに姓が同じという女性は多く、ややこしいですね。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました