邢氏(けいし)

【姓名】 邢氏(けいし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~259年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹芳(そうほう)のもと側室(貴人〈きじん〉)、のち呉(ご)から降った孫壱(そんいつ)の妻にされた

父母ともに不詳。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫静伝〈そんせいでん〉)に付された「孫奐伝(そんかんでん)」によると、「257年、呉の孫壱が魏へ亡命。魏の曹髦(そうぼう)は孫壱を車騎将軍(しゃきしょうぐん)・儀同三司(ぎどうさんし)に任じたうえ呉侯(ごこう)に封じ、曹芳の貴人であった邢氏を妻として与えた」という。

「邢氏は容貌が美しかったものの嫉妬深かった。彼女に仕えていた者たちは酷使に耐えられず、共謀して孫壱と邢氏を殺害した」ともある。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

上で挙げた「孫奐伝」では、魏における孫壱の官職が一部省略されているようで、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・高貴郷公紀〈こうききょうこうぎ〉)には「侍中(じちゅう)・車騎将軍・仮節(かせつ)・交州牧(こうしゅうのぼく)に任ぜられたうえ呉侯に封ぜられ、幕府を開くこと(開府)を認められ、官からの呼び出しの儀礼は三公と同じ扱い(儀同三司)を受けた」とあります。

これに加え、「古代の侯伯(こうはく)を封ずる際の『八命の礼(はちめいのれい)』に基づき、天子(てんし)の着物と冠に赤い靴を添えて下賜された」ともあり、その厚遇ぶりを裴松之(はいしょうし)が批判しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました