曹宇(そうう)

【姓名】 曹宇(そうう) 【あざな】 彭祖(ほうそ)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第106回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・燕王宇伝(えんおううでん)』あり。

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の息子で曹丕(そうひ)の異母弟。燕王

父は曹操、母は環氏(かんし)。同母兄には曹沖(そうちゅう)・曹拠(そうきょ)がいる。

息子の曹奐(そうかん)は、曹髦(そうぼう)が崩じたあと朝廷に迎えられ帝位に即いた。

曹宇は211年に「都郷侯(ときょうこう)」に封ぜられ、217年に改めて「魯陽侯(ろようこう)」に封ぜられた。

221年には「魯陽公」に爵位が進み、222年に「下邳王(かひおう)」に移封された。その後も224年に「単父県王(ぜんほけんおう)」、225年に「燕王」に、それぞれ移封された。

235年、曹叡(そうえい)に召されて入朝し、237年に鄴(ぎょう)に帰った。翌238年夏、再び曹叡に召され洛陽に上った。

同年12月、曹叡が危篤になり、曹宇を「大将軍(だいしょうぐん)」に任じて後事を託そうとする。しかし、曹宇が固辞しているうちに曹叡の気持ちが変わり、結局は罷免される形になった。

翌239年夏、鄴に帰った。景初(けいしょ)年間(237~239年)・正元(せいげん)年間(254~256年)・景元(けいげん)年間(260~264年)にたびたび加増され、5500戸となった。

260年、息子で常道郷公(じょうどうきょうこう)の曹奐が朝廷に入って帝位を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、「曹叡は若いころ曹宇と行動をともにしていたため、特別な親愛の情を抱いていた」ということです。「曹叡が帝位に即いてから、曹宇への恩寵や下賜がほかの諸王と違っていた」ともあります。

また、『三国志』(魏書・張魯伝〈ちょうろでん〉)によると、「215年に曹操が漢中(かんちゅう)の張魯討伐に出向いた際、張魯の娘を曹彭祖(曹宇)のために娶った」とあります。

このほか曹宇に関連する記事としては、『三国志』(魏書・陳留王紀〈ちんりゅうおうぎ〉)に、「260年11月、曹宇が曹奐に冬至を慶賀する上表文を奉った際、自らを『臣』と称した」というものがありました。

曹奐は担当官吏に詔(みことのり)を下し、父の扱いについて礼典に基づいた意見を求めたうえ、状況に応じた敬意の示し方の結論を得ています。父が健在なのに、その息子が帝位に即いているというのは、いろいろややこしい問題が出てくるのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】