曹淑(そうしゅく)

【姓名】 曹淑(そうしゅく) 【あざな】 ?

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~232年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹叡(そうえい)の娘、平原懿公主(へいげんのいこうしゅ)

父は曹叡だが、母は不詳。

曹淑は早くに亡くなり平原懿公主と諡(おくりな)された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・文昭甄皇后伝〈ぶんしょうしんこうごうでん〉)には、「曹叡は愛娘の曹淑が亡くなると、実母である甄氏(文昭甄皇后)の従孫にあたる亡き甄黄(しんこう)を選び、曹淑と合葬(冥婚〈めいこん〉)した」とあります。

さらに甄黄に列侯(れっこう)の爵位を追贈し、郭氏(かくし。明元郭皇后〈めいげんかくこうごう〉)の従弟の郭悳(かくとく。郭徳)を跡継ぎに立てて甄姓を継がせました。甄悳(郭悳)は平原侯(へいげんこう)に封ぜられ、平原懿公主の爵位を継いだ形になっています。

また『三国志』(魏書・陳羣伝〈ちんぐんでん〉)には、曹淑の死を悲しむあまり、曹叡が礼の規範を逸脱した行動を取ったことが記されており、陳羣が上奏文を奉って諫めたものの曹叡は聞き入れず、曹淑を成人の礼で弔ったうえ、朝廷を挙げ喪に服したのだとか。

これに加え、曹叡自ら葬列を見送ったり、陵に出向いたりもしたそう。この陳羣の上奏文の中に「まだ1年にもならないのに……」という表現があるので、どうやら曹淑は乳児期に亡くなったらしい。

当時は8歳未満で亡くなった子については喪に服さなかったということなので、確かに曹叡の暴走ぶりはかなりのもの。その気持ちはわからないでもないのですけど――。

『三国志』(魏書・楊阜伝〈ようふでん〉)でもこの一件が採り上げられており、「曹叡が自ら曹淑の葬儀に臨もうとしたため楊阜が上奏文を奉って諫めたが、曹叡は聞き入れなかった」とあります。

この「楊阜伝」によると、「曹叡の愛娘の淑(曹淑)は、生まれて1年も経たないうちに夭折(ようせつ)した。曹叡はその死を悼むこと甚だしく、曹淑に平原公主の位を追贈し、洛陽(らくよう)に廟(びょう)を建てたうえ南陵(なんりょう)に葬った」ということでした。この記事から、曹淑の生年が231年か232年だったことがわかります。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました