卞蘭(べんらん)

【姓名】 卞蘭(べんらん) 【あざな】 ?

【原籍】 琅邪郡(ろうやぐん)開陽県(かいようけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

いかさまの水など飲まぬ

父は卞秉(べんへい)だが、母は不詳。武宣卞皇后(ぶせんべんこうごう)は伯母にあたる。卞琳(べんりん)は弟。息子の卞暉(べんき)は跡継ぎで、卞隆(べんりゅう)も同じく息子。

卞蘭は卞秉が死去(時期は不明)したためその跡を継ぎ、「開陽侯」に封ぜられた。彼は若いころから学才を発揮し「奉車都尉(ほうしゃとい)・游撃将軍(ゆうげきしょうぐん)」となり、さらに「散騎常侍(さんきじょうじ)」を加官された。

王太子(おうたいし。217~220年)の曹丕(そうひ)の美徳を賛美した賦(ふ)を献上して牛1頭を賜ったこともあり、曹丕は賦の内容こそ評価しなかったものの、このことから卞蘭を敬愛するようになったという。

やがて曹叡(そうえい)の時代(226~239年)になると、曹叡は蜀(しょく)や呉(ご)の対策を後回しにし、宮殿の造営ばかりに気を取られる。

この様子を見た卞蘭はたびたび厳しい言葉で諫めた。曹叡は聞き入れはしなかったものの、彼の真心だけは受け入れていた。

のちに卞蘭は苦酒(くしゅ。アルコール中毒)となり、消渇(しょうかつ。糖尿病)を患う。

このころ(235~238年ごろ)曹叡は巫女(みこ)による水療法を信じていたので、使者を遣り水を届けさせる。

しかし卞蘭は飲もうとせず、理由を尋ねる詔(みことのり)にこう答えた。

「病を治すのは処方薬であって、どうしてこのようなものが信用できましょうか」

曹叡は返答を聞き顔色を変えたが、やはり卞蘭は水を飲まなかった。

結局、消渇が悪化して死去(時期は不明)し、息子の卞暉が跡を継ぐ。当時の人々は、卞蘭が好んで直言するさまを見ていたので、曹叡から面詰されたため自殺したのだとうわさしたが、実際はそうではなかった。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武宣卞皇后伝)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。

「病気が治る水」のくだりは笑うしかありませんけど、水を使ったこの手の話は現代に至るまで続いていますね。「おいしい水」や「まずい水」という違いはあると思いますが、過大な対価を求めるようなものには興味がないです。しかも卞蘭の場合、治療の対象が「苦酒」と「消渇」でしたから……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】