人物データ群雄諸侯

皇甫嵩(こうほすう) ※あざなは義真(ぎしん)

【姓名】 皇甫嵩(こうほすう) 【あざな】 義真(ぎしん)

【原籍】 安定郡(あんていぐん)朝那県(ちょうだけん)

【生没】 ?~195年(?歳)

【吉川】 第010話で初登場。
【演義】 第001回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

西羌(せいきょう)や黄巾(こうきん)討伐で活躍した名将ながら、最後は董卓(とうたく)に屈す

父母ともに不詳。射援(しゃえん)に嫁いだ娘がいた。皇甫酈(こうほれき)は甥に、皇甫謐(こうほひつ)は曾孫に、それぞれあたるという。

184年3月、黄巾の乱が勃発すると皇甫嵩は左中郎将(さちゅうろうしょう)として、右中郎将(ゆうちゅうろうしょう)の朱儁(しゅしゅん)とともに潁川(えいせん)で討伐にあたる。

同年5月、朱儁とともに長社県(ちょうしゃけん)で黄巾賊の波才(はさい)らを大破。この戦いでは騎都尉(きとい)の曹操(そうそう)の助力があった。

同年6月、朱儁とともに西華県(せいかけん)で汝南郡(じょなんぐん)の黄巾賊を大破。霊帝(れいてい)の詔(みことのり)を受け、引き続き皇甫嵩は東郡(とうぐん)の黄巾賊を、朱儁は南陽郡(なんようぐん)の黄巾賊を、それぞれ討伐することになる。

同年8月、皇甫嵩は倉亭(そうてい)で黄巾賊の卜巳(ぼくし)を捕らえ、さらに霊帝の詔を受け、北上して張角(ちょうかく)の討伐に向かう。

同年10月、皇甫嵩は広宗県(こうそうけん)で黄巾賊と戦い、張角の弟の張梁(ちょうりょう)を捕らえる。このとき張角はすでに死んでいたため、その柩(ひつぎ)を発(あば)いて首を斬った。

同年10月、功により左車騎将軍(さしゃきしょうぐん)に昇進。

同年11月、皇甫嵩は下曲陽県(かきょくようけん)で黄巾賊を討ち破り、張角のもうひとりの弟である張宝(ちょうほう)も斬る。

翌185年3月、北宮伯玉(ほくきゅうはくぎょく)らが三輔(さんぽ。長安〈ちょうあん〉を中心とする地域)に侵攻。皇甫嵩は、霊帝の詔を受けて討伐に向かったものの勝つことができなかった。

同年7月、左車騎将軍を罷免される。

188年11月、涼州(りょうしゅう)の賊の王国(おうこく)が陳倉(ちんそう)を包囲。皇甫嵩が右将軍(ゆうしょうぐん)として救援に向かう。

翌189年2月、陳倉で王国を大破。

このときの皇甫嵩は左将軍(さしょうぐん)とあったが、陳倉で戦っている間の昇進の経緯についてはよくわからず。

192年5月、征西将軍(せいせいしょうぐん)から車騎将軍に昇進。

同年8月、太尉(たいい)に昇進したが、12月には罷免される。

その後、195年に死去。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』には皇甫嵩の伝が立てられていないため、その事績もごく断片的なものしか拾えませんでした。

一方で范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』には彼の伝が立てられており、『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 潮書房光人社)などを見ると、そちらにはもう少し具体的な記事があるようです。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・董卓伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く楽資(がくし)の『山陽公載記(さんようこうさいき)』には以下のようにあります。

「初め董卓が前将軍(ぜんしょうぐん)だったとき(187年ごろ)、皇甫嵩は左将軍だった。ともに韓遂(かんすい)の討伐にあたったが、互いに相手の下風に立とうとはしなかった」

「のちに董卓が都に召し出され少府(しょうふ)や幷州牧(へいしゅうのぼく)に任ぜられた際、その手勢を皇甫嵩が預かることになったが、董卓は激怒して従わなかった」

「191年2月に董卓が自ら太師(たいし)に就任したころ、皇甫嵩は御史中丞(ぎょしちゅうじょう)だったので董卓の車の下で拝礼。董卓が『義真(皇甫嵩のあざな)、参ったか?』と問いかけると皇甫嵩は、『どうして殿がこれほどまでになられることに思いが及んだでしょうか』と答えた」

「さらに董卓が『鴻鵠(こうこく。大きな鳥)には本来、遠大な志があるものだ。ただ燕(ツバメ)や雀(スズメ)にはわからないだけだ』と言うと、皇甫嵩は『私も昔は殿と同じく鴻鵠でしたが、殿が鳳凰(ほうおう)に変身なさるとは思いもしませんでした』と言った。董卓は笑い、『お前がもっと早く頭を下げていたら、このように拝礼せずとも済んだろうに』と言った」

なお、霊帝が董卓を少府に任じようとしたのは188年のこと。幷州牧に任じようとしたのは翌189年のことです。この2度とも、董卓は上奏文を奉って理由を申し述べたうえ、詔に従いませんでした。

結局、皇甫嵩は董卓の暴威に屈する形になったようですね。ただ、楽資の『山陽公載記』にはでたらめな記事が多かったらしく、裴松之から厳しく批判されています。

また、ここでは張璠(ちょうはん)の『漢紀(かんき。後漢紀〈ごかんき〉)』の記事も引かれており。

「董卓は手を打って皇甫嵩に言った。『義真、怖くないか?』。すると皇甫嵩が答えた。『殿は徳をもって朝廷を補佐され、大いなる喜びが訪れようとしておりますのに何を怖がることがありましょう。もし殿が刑罰を乱用し権力を振りかざされるなら、天下の人々はみな恐れるでしょう。何も私ひとりに限ったことではございません』。董卓は黙り込んでしまったが、やがて皇甫嵩と和解した」ともありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました