李氏(りし)D ※蜀(しょく。季漢〈きかん〉、蜀漢)の劉禅(りゅうぜん)の妻、李昭儀(りしょうぎ)

【姓名】 李氏(りし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

蜀(しょく)の劉禅(りゅうぜん)の側室、李昭儀(りしょうぎ)

父母ともに不詳。詳しい事績も不明。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・張皇后伝〈ちょうこうごうでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く習鑿歯(しゅうさくし)の『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』によると、「(263年に)蜀が滅亡したあと、魏(ぎ)が、蜀の宮女を妻のいない諸将に与えたところ、李氏は『二重三重の屈辱を受けることには耐えられない』と言って自殺した」ということです。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました