呉氏(ごし)D ※孫堅(そんけん)の妻

【姓名】 呉氏(ごし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 呉郡(ごぐん)呉県(ごけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第033話で初登場。
【演義】 第007回で初登場。
【正史】 登場せず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

創作された人物か? 孫堅(そんけん)の側室

父母ともに不詳。孫堅の正室である呉氏(武烈皇后〈ぶれつこうごう〉)の妹。

管理人「かぶらがわ」より

正史『三国志』には見えない人物です。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫堅伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞喜(ぐき)の『志林(しりん)』によると、「孫堅には5人の息子がおり、そのうち孫策(そんさく)・孫権(そんけん)・孫翊(そんよく)・孫匡(そんきょう)は正室の呉氏(武烈皇后)が生んだ子」。そして「末の息子の孫朗は庶子で、一名を孫仁と言った(つまり孫仁は娘ではない)」ということです。

正史『三国志』には庶子としかないので、この呉氏が孫朗を生んだという可能性は否定できません。ですが、正史『三国志』には姉にあたる呉氏しか登場していないところをみると、やはり創作された人物っぽいですね。

正史『三国志』における呉氏(武烈皇后)の没年には異説があるので、そのあたりも計算に入れての創作なのでしょうか? いずれにせよなかなかの着想だと思いますし、この呉氏の使い方も巧みでした。
「呉の孫氏」収録人物一覧
正史『三国志』(呉書)に伝や付伝の立てられているすべての人物に加え、そのほかに呉の孫氏と関わりが深かった人物についても個別の記事を作って採り上げました。姓名の左にあるのは、正史『三国志』の収録状況です。「★」…本紀(ほんぎ。帝紀...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました