令狐邵(れいこしょう)

【姓名】 令狐邵(れいこしょう) 【あざな】 孔叔(こうしゅく)

【原籍】 太原郡(たいげんぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

氷雪のように清潔な政治

父母ともに不詳だが、父は漢(かん)の「烏丸校尉(うがんこうい)」を務めたという。令狐華(れいこか)という息子がおり、令狐愚(れいこぐ)は族子(おい。同族内で子の世代にあたる者)。

建安(けんあん)年間(196~220年)の初めに袁氏(えんし。袁紹〈えんしょう〉)が冀州(きしゅう)にあったとき、令狐邵は太原を離れて鄴(ぎょう)に住む。

204年、令狐邵が武安(ぶあん)の毛城(もうじょう)へ行っている間に、曹操(そうそう)が鄴を陥し、そのまま毛城を包囲する。

そして毛城が敗れると、令狐邵を始めとする仲間10余人が捕らえられ、みな斬刑に該当した。このとき曹操は令狐邵と会ったが、衣冠(を着けるような家柄)の者ではないかと不審に思い、先祖について尋ねてみる。すると彼の父に面識があったことがわかり、令狐邵を釈放して「司空軍謀掾(しくうぐんぼうえん)」に任じた。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

のち令狐邵は各地の「太守(たいしゅ)」を歴任し、「丞相主簿(じょうしょうしゅぼ)」を経て「弘農太守(こうのうのたいしゅ)」に転ずる。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

いずれの任地においても氷雪のように清潔な政治を行い、令狐邵の妻子が役所を訪れることもまれだった。善事や教育を勧め、思いやりをもって人と接し、裁判を好まず、部下と猜疑(さいぎ)し合うこともない。

このころ弘農には経書を理解する者がいなかったので、令狐邵は部下に声をかけて回り、遠方の師に就き学びたいという者がいれば、すぐに休暇を与える。こうして河東(かとう)の楽詳(がくしょう)の下で経書を学ばせ、おおよそ理解できたところで帰還させた。それを機に学官が置かれると、弘農の学業は一転して盛んになったという。

曹丕(そうひ)の黄初(こうしょ)年間(220~226年)の初め、令狐邵は召し還され「羽林郎(うりんろう)」となる。やがて「虎賁中郎将(こほんちゅうろうしょう)」に昇進したが、3年後(時期は不明)に病死した。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・倉慈伝〈そうじでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。

『魏略』には令狐邵の族子の令狐愚にまつわる話もあり、令狐愚は無官のころから大志を抱いていたので、人々は彼が令狐氏を栄えさせるに違いないと考えていたそうです。

ところが令狐邵だけは、令狐愚は生まれつき倜儻(てきとう。気持ちが大きく、物事にこだわらないこと)であるうえ、徳を修めずに大きなことを望んでいるとして、きっとわが一族を滅ぼすだろうと考えていたという。これを聞いた令狐愚は内心穏やかではなかったとも。

令狐邵が「虎賁中郎将」になったとき、すでに令狐愚は多くの官職を歴任しており、すべての任地で評価を得ていました。令狐愚は令狐邵に会った折、話のついでにそれとなく尋ねます。

「前に大人(あなた)は愚(令狐愚)が一族を滅ぼす、とおっしゃったそうですが、今の愚はいかがでしょうか?」

このとき令狐邵は令狐愚をジッと見ただけで何も言いませんでしたが、彼の妻子にだけひそかに告げます。

「公治(こうち。令狐愚のあざな)の性格はもとのままだ。私の見るところ、最後には破滅するに違いない。私が生き長らえて連座するかはわからないが、お前たちは巻き込まれることになるだろう」

令狐邵の死から十数年後、兗州刺史(えんしゅうしし)の令狐愚は舅(おじ。母の兄弟)の王淩(おうりょう)と天子(てんし。曹芳〈そうほう〉)の廃立を企てます。

令狐愚自身は249年に病死したものの、251年には事件に関わった者の三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)まで処刑されました。ちなみに令狐邵の息子で弘農郡丞(こうのうぐんじょう)の令狐華については、令狐愚の遠縁であったため連座を免れたとのこと。

令狐邵の没年がはっきりしませんけど、どうも曹叡(そうえい)の青龍(せいりょう)年間(233~237年)の末ごろのようですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】