朱氏(しゅし)C ※孫休(そんきゅう)の妻

【姓名】 朱氏(しゅし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 呉郡(ごぐん)呉県(ごけん)

【生没】 ?~265年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第120回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫休朱夫人伝(そんきゅうしゅふじんでん)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫休の正室、景皇后(けいこうごう)

父は朱拠(しゅきょ)、母は孫魯育(そんろいく。朱公主〈しゅこうしゅ〉)。朱熊(しゅゆう)と朱損(しゅそん)は兄弟。

なお、孫休の4人の息子(孫ワン〈そんわん。雨+單〉・孫コウ〈そんこう。雷+大〉・孫モウ〈そんもう。壴+巨〉・孫ホウ〈そんほう。亠+先+攴〉)は、みな生母がはっきりしない。

朱氏は赤烏(せきう)年間(238~251年)の末、孫権(そんけん)の意向を受けて孫休の妃となった。

252年1月、孫休が孫権から琅邪王(ろうやおう)に封ぜられると、任地の丹楊郡(たんようぐん)へ随行した。

建興(けんこう)年間(252~253年)に孫峻(そんしゅん)が政治を壟断(ろうだん)すると、呉の帝族は自分の身に不安を覚えた。

ただ伯母の全公主(ぜんこうしゅ。孫魯班〈そんろはん〉。朱公主〈孫魯育〉の姉)だけは、夫の全琮(ぜんそう)の一族である全尚(ぜんしょう)の妻が孫峻の姉だったため安泰だった。

もともと孫和(そんか)が皇太子(こうたいし)だったとき、全公主は孫和の母である王氏(おうし。大懿皇后〈たいいこうごう〉)を讒言(ざんげん)していた。

全公主は孫和を廃し、代わりに孫霸(そんは)を皇太子に立てたいと考えたものの、朱公主が同意しなかったためふたりの間に仲たがいが生じた。

五鳳(ごほう)年間(254~256年)のこと、孫儀(そんぎ)が孫峻の暗殺を謀り、事が発覚して誅殺された。全公主はこの事件にかこつけ、朱公主も孫儀の企てに加わっていたと上言。これを受け孫峻は無実の朱公主を殺害した。

孫休は自身に禍いが及ぶことを恐れ、朱氏を建業(けんぎょう)へ遣り、孫峻のもとに出頭させることにした。ふたりは手を取り合い、涙を流して別れた。しかし朱氏が建業に着くと、孫峻は彼女を孫休のもとへ帰らせた。

太平(たいへい)年間(256~258年)になり、孫亮(そんりょう)は朱公主が全公主のために殺害されたことを知る。孫亮に詰問された全公主は、責任を朱拠の息子である朱熊と朱損に押しつけたためふたりとも誅殺された。

朱損の妻が孫峻の妹だったことから、孫綝(そんりん。孫峻の従兄弟)はますます孫亮を嫌うようになり、258年10月に孫亮を廃し孫休を即位させた。その後、262年に朱氏が皇后に立てられた。

264年7月、孫休が崩御(ほうぎょ)。丞相(じょうしょう)の濮陽興(ぼくようこう)や左将軍(さしょうぐん)の張布(ちょうふ)の意向に従い、孫晧(そんこう)を帝位に即ける。

だが同年9月、朱氏は孫晧によって皇太后(こうたいごう)から景皇后に位を貶(おと)され、安定宮(あんていきゅう)と呼ばれることになった。

さらに翌265年7月、孫晧の迫害を受けて死に追いやられ、定陵(ていりょう。孫休の陵)に合葬された。

管理人「かぶらがわ」より

朱氏だけでなく、その母である朱公主(孫魯育)の関連記事も拾ってみました。朱氏自身は伯母の全公主(孫魯班)に振り回された感じですね。

朱氏は孫休の姪にあたるため、孫休は彼女を妃としたことで識者から非難されています。同じ例として前漢(ぜんかん)の恵帝(けいてい。在位、前194年~前188年)が挙げられます。ちなみに恵帝の皇后は、姉の魯元公主(ろげんこうしゅ)の娘の張氏(ちょうし)でした。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました