王士(おうし)

【姓名】 王士(おうし) 【あざな】 義彊(ぎきょう)

【原籍】 広漢郡(こうかんぐん)郪県(しけん)

【生没】 ?~225年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

益州太守(えきしゅうのたいしゅ)として赴任直前に倒れた王甫(おうほ)の従兄

父母ともに不詳。

211年、王士は劉備(りゅうび)に付き従って蜀(しょく)へ入り、孝廉(こうれん)に推挙され符節県長(ふせつけんのちょう)となる。

そして牙門将(がもんしょう)に昇進し、地方へ出て宕渠太守(とうきょのたいしゅ)となり、のち犍為太守(けんいのたいしゅ)に移った。

225年、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が南征に乗り出すと、王士は益州太守に転じたものの、赴任する前に蛮族によって殺害された。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・楊戯伝〈ようぎでん〉)の『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の陳寿(ちんじゅ)の注記によるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 蜀の重臣
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました