呂拠(りょきょ)

【この記事をシェアする】

【姓名】 呂拠(りょきょ) 【あざな】 世議(せいぎ)

【原籍】 汝南郡(じょなんぐん)細陽県(さいようけん)

【生没】 ?~256年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第108回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・呂範伝(りょはんでん)』に付された「呂拠伝」あり。

孫綝(そんりん)に先手を打たれ、自害に追い込まれた(異説もある)将軍(しょうぐん)

父は呂範、母は劉氏(りゅうし)。早くに亡くなった兄がいた。

呂拠は父の呂範が高位にあったことから「郎(ろう)」に任ぜられる。のちに呂範の病が重くなると、呂拠が「副軍校尉(ふくぐんこうい)」として軍務を補佐した。

228年、呂範が死去すると呂拠は「安軍中郎将(あんぐんちゅうろうしょう)」に昇進。たびたび山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)の不服従民の討伐にあたり、奥地まで分け入ってみな撃破した。

231年、呂拠は太常(たいじょう)の潘濬(はんしゅん)に付き従い、五渓(ごけい)の異民族の討伐で功を立てる。

241年、車騎将軍(しゃきしょうぐん)の朱然(しゅぜん)が魏(ぎ)の樊城(はんじょう)を攻めた際、呂拠は朱異(しゅい)とともに城外の敵陣を撃破する功を立て、帰還後に「偏将軍(へんしょうぐん)」に任ぜられた。

のち呂拠は中央へ戻って「馬閑右部督(ばかんゆうぶとく)」となり「越騎校尉(えっきこうい)」に昇進。

251年、暴風により長江(ちょうこう)が氾濫し城門は水浸しとなる。孫権(そんけん)が人を遣って洪水の状況を見に行かせたところ、ただ呂拠だけが部下を指揮して大型船をつなぎ留め、被害を抑えようとしたことがわかった。孫権は大いに喜び、彼を「盪魏将軍(とうぎしょうぐん)」に任じた。

翌252年、孫権の病が重くなると、呂拠は「太子右部督(たいしゆうぶとく)」として皇太子(こうたいし)の孫亮(そんりょう)を補佐した。

同年4月、孫権が崩じ孫亮が帝位を継ぐと、呂拠は「右将軍(ゆうしょうぐん)」に任ぜられた。

同年12月、魏が東興(とうこう)へ侵攻してくると、呂拠は諸葛恪(しょかつかく)らとともに迎撃に赴き功を立てた。

翌253年、孫峻(そんしゅん)により諸葛恪が誅殺されると、呂拠は「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)」に昇進し西宮(せいぐう。武昌宮〈ぶしょうきゅう〉)の諸事を統括した。

255年、魏の毌丘倹(かんきゅうけん)と文欽(ぶんきん)が寿春(じゅしゅん)で挙兵。呂拠は「仮節(かせつ)」となり孫峻らとともに寿春へ向かったものの、東興まで来たところで文欽らの敗報が伝わったため引き揚げる。帰途で魏将の曹珍(そうちん)に遭遇したため、これを高亭(こうてい)で討ち破った。

翌256年、呂拠は軍勢をひきいて再び魏へ侵攻したが、まだ淮水(わいすい)まで進まないうち、孫峻が死去して従弟の孫綝が跡を継いだとの知らせを受ける。呂拠はこれに激怒し、滕胤(とういん)と協力して孫綝を廃そうと考えた。

ところが孫綝はこうした動きを聞き知ると、中書省(ちゅうしょしょう)に命じて詔(みことのり)を出させ、文欽・劉纂(りゅうさん)・唐咨(とうし)らに呂拠の捕縛を命ずる。さらに従兄の孫憲(そんけん。孫慮〈そんりょ〉)に軍勢を付け、江都(こうと)で呂拠を迎え撃たせた。

側近たちは魏に降るよう勧めたが、呂拠は「反臣となるのは恥だ」と言い自殺。彼の三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)も処刑されたという。

なお『三国志』(呉書・孫亮伝)では、呂拠は新州(しんしゅう。建業〈けんぎょう〉近くにあった長江の中州)で捕らえられたとある。

管理人「かぶらがわ」より

孫権の晩年以降の呉はもうぐちゃぐちゃで、驕(おご)りきった諸葛恪の誅殺後、続いて実権を握った孫峻もすぐに驕りを見せ始めました。呂拠や滕胤を死に追いやった孫綝も258年には誅殺されています。

「丞相(じょうしょう)」となるべき人材に恵まれなかった国では、高位に昇った将軍ですらむなしい最期を遂げねばならないのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】