呂範(りょはん)

【姓名】 呂範(りょはん) 【あざな】 子衡(しこう)

【原籍】 汝南郡(じょなんぐん)細陽県(さいようけん)

【生没】 ?~228年(?歳)

【吉川】 第054話で初登場。
【演義】 第015回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・呂範伝』あり。

不遇時代の孫策(そんさく)に助力し、身内同様の扱いを受ける

父母ともに不詳。息子の呂拠(りょきょ)は跡継ぎで、このほかにも早くに亡くなった長男がいた。妻は劉氏(りゅうし)。

呂範は若いころ県吏になったが、立派な風采を備えていたという。のち戦乱を避け寿春(じゅしゅん)へ行き、孫策と出会い高く評価される。そこで呂範は孫策に仕える決断をし、100人の食客を引き連れて付き従った。

このころ孫策の母の呉氏が江都(こうと)にいたので、呂範が使者となり迎えに行く。だが徐州牧(じょしゅうぼく)の陶謙(とうけん)は、呂範が袁術(えんじゅつ)のために情勢を探りに来たものと考え、県に命じて捕らえさせたうえ拷問を加える。しかし、呂範は食客や血気盛んな兵士らの手で救い出された。

呂範と孫河(そんか)は常に孫策に付き従い、山野を渡り歩いて苦労を重ね、危難を避けることもなかった。そのため孫策から身内としての待遇を受け、よく奥座敷まで上がり、呉氏の御前で酒食をともにしたほどだった。

のち呂範は孫策に付き従い廬江(ろこう)を攻め破り、向きを転じ江東(こうとう)へ渡る。そして、横江(おうこう)や当利(とうり)で劉繇(りゅうよう)配下の張英(ちょうえい)や于麋(うび)を討ち破り、小丹楊(しょうたんよう)と湖熟(こじゅく)を降すと、呂範は「湖熟国相(こじゅくこくのしょう)」を務めた。

やがて孫策が秣陵(ばつりょう)と曲阿(きょくあ)を平定し劉繇や笮融(さくゆう)の残党を取り込むと、呂範は兵2千人と騎馬50頭を加増された。

その後、呂範は「宛陵県令(えんりょうけんのれい)」を務めて丹楊の不服従民を討伐し、呉県に戻り「都督(ととく)」を務める。

このころ陳瑀(ちんう)が「呉郡太守(ごぐんのたいしゅ)」を自称し海西(かいせい)におり、かの地の豪族の厳白虎(げんぱくこ)と通じた。孫策自ら厳白虎の討伐にあたる一方、呂範と徐逸(じょいつ)は海西の陳瑀を攻め、部将の陳牧(ちんぼく)をさらし首にする。

さらに呂範は陵陽(りょうよう)にいる祖郎(そろう)や(ケイ県の)勇里(ゆうり)にいる太史慈(たいしじ)への攻撃にも加わり、これら7県の平定後は「征虜中郎将(せいりょちゅうろうしょう)」に任ぜられた。続いて孫策は江夏(こうか)へ遠征したのち、軍勢を返して鄱陽(はよう)を平定。

200年、孫策が急死すると、呂範は呉県で執り行われた葬儀に駆けつける。

203年、孫権(そんけん)が江夏の黄祖(こうそ)討伐のため遠征した際、呂範は張昭(ちょうしょう)ともども呉郡にとどまり留守を預かった。

208年、周瑜(しゅうゆ)らとともに赤壁(せきへき)で曹操軍(そうそうぐん)を撃破すると、呂範は功により「裨将軍(ひしょうぐん)・彭沢太守(ほうたくのたいしゅ)」となり、彭沢・柴桑(さいそう)・歴陽(れきよう)の3県を封邑(ほうゆう)として賜る。

翌209年?、劉備(りゅうび)が京城(けいじょう。京口〈けいこう〉)で孫権と会見したとき呂範はひそかに進言し、劉備をこのまま引き留めておくよう勧めた。のち「平南将軍(へいなんしょうぐん)」に昇進し柴桑に駐屯。

219年、孫権が荊州(けいしゅう)の関羽(かんう)討伐に向かうと、呂範は建業(けんぎょう)の守りを託される。

孫権が討伐を果たして帰還し武昌(ぶしょう)へ本拠地を移すと、呂範は「建威将軍(けんいしょうぐん)・丹楊太守」に任ぜられ「宛陵侯」に封ぜられた。

そして建業に役所を置き、扶州(ふしゅう)から海に至るまでの地域の監督にあたり、これまでの封邑に代え溧陽(りつよう)・懐安(かいあん)・寧国(ねいこく)の3県を賜った。

222年、魏(ぎ)の曹休(そうきゅう)・張遼(ちょうりょう)・臧霸(そうは)らが洞口(どうこう)に攻め寄せると、呂範は徐盛(じょせい)・全ソウ(ぜんそう。王+宗)・孫韶(そんしょう)らとともに水軍をひきいて防戦にあたる。

だが暴風に遭い、船が転覆して水夫が溺れ、数千の死者を出しただけで引き揚げた。それでも魏軍の侵攻から領土を守り抜いたことが評価され、「前将軍(ぜんしょうぐん)・仮節(かせつ)」に昇進し「南昌侯(なんしょうこう)」に移封された。さらに帰還後には「揚州牧(ようしゅうのぼく)」に任ぜられた。

228年、呂範は「大司馬(だいしば)」に昇進したが、その印綬(いんじゅ)を受け取る前に病死。孫権は喪服を着けて哭礼(こくれい)を行い、遺族のもとへ使者を遣り、呂範の印綬を追贈したという。呂範の長男は早くに亡くなっていたため、次男の呂拠が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、呂範は作法にかなった重々しい振る舞いを好んだため、揚州に住む陸遜(りくそん)や全ソウを始め、貴公子たちはみな彼に「揚州牧」として敬意を払い、丁重に扱ったそうです。また、呂範の住まいや衣服はぜいたくなものでしたが、孫権は日ごろの忠勤を鑑みてとがめなかったのだとか。

同じく本伝には、かつて呂範が孫策から経理を任されていたころの話もありました。

このころ孫権はまだ若く、呂範のところへ来ては金の無心を繰り返します。ところが呂範は自分の判断で金を渡さず、必ず孫策の許しを得るようにしていたので孫権に恨まれました。

その孫権が「陽羨県長(ようせんけんのちょう)」を務めていたとき、公金を私用に遣ったことがありました。

孫権が「陽羨県長」に任ぜられたのは196年のこと。

すると配下の功曹(こうそう)の周谷(しゅうこく)が帳簿を書き換え、監査の際に問題にならないよう取り計らいます。このとき孫権は周谷の配慮を喜んでいましたが、のちに一国を治めるようになると、呂範の態度こそ忠義であると悟り、彼に厚い信頼を寄せたのでした。

ちなみに周谷のほうは、勝手に帳簿を書き換える人物として任用しなかったという。これはこれでちょっと気の毒かも?

呂範の用兵はイマイチな印象も受けますが、彼が孫氏の支配体制の確立に大きく貢献したことは紛れもない事実ですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】