孫瑜(そんゆ)

【姓名】 孫瑜(そんゆ) 【あざな】 仲異(ちゅうい)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 177~215年(39歳)

【吉川】 第178話で初登場。
【演義】 第057回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫静伝(そんせいでん)』に付された「孫瑜伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫静の息子

父は孫静だが、母は不詳。孫暠(そんこう)は兄で、孫皎(そんこう)・孫奐(そんかん)・孫謙(そんけん)は弟。

孫弥(そんび)・孫熙(そんき)・孫燿(そんよう)・孫曼(そんまん)・孫紘(そんこう)という5人の息子がいた。

初め孫瑜は恭義校尉(きょうぎこうい)として兵を預かることになった。当時、幕客や部将には江西(こうせい。合肥〈ごうひ〉・寿春〈じゅしゅん〉一帯)の出身者が多かったが、孫瑜は己をむなしくして丁重にもてなすことで歓心を得る。

204年に丹楊太守(たんようのたいしゅ)となると、孫瑜を慕い1万余もの人々が配下に集まった。のち綏遠将軍(すいえんしょうぐん)を加官された。

206年、周瑜(しゅうゆ)とともに山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)が立てこもる麻(ま)と保(ほ)の砦を討ち破った。

212年、孫権(そんけん)に付き従い濡須(じゅしゅ)で曹操(そうそう)と対峙。このとき積極的に戦おうとする孫権に自重を説いたものの聞き入れられず、結局、何の戦果も挙げられなかった。

奮威将軍(ふんいしょうぐん)に昇進し、丹楊太守を兼ねたまま駐屯地を溧陽(りつよう)から牛渚(ぎゅうしょ)へ移した。

永安(えいあん)の饒助(じょうじょ)を襄安県長(じょうあんけんのちょう)に、無錫(ぶせき)の顔連(がんれん)を居巣県長(きょそうけんのちょう)に、それぞれ任ずると、このふたりに命じ、九江(きゅうこう)・廬江(ろこう)の両郡を孫権に帰属させることに成功した。

また孫瑜は、学問に深く通じていた済陰(せいいん)の馬普(ばふ)を礼遇し、配下の部将や官吏の子弟ら数百人を学ばせる。やがて学官を設け、自身も講義に臨席した。

このころ、ほかの部将は軍務に励む者ばかりだったが、孫瑜は古典を愛好し、遠征の途中でも書物を誦(しょう)する声が絶えなかった。

215年に39歳で死去。5人の息子のうち、孫曼は将軍まで昇進し侯に封ぜられた。

管理人「かぶらがわ」より

孫瑜は孫静の次男ですから、長男(兄)の孫コウを先に採り上げようかとも思いましたが、孫暠のほう(弟の孫謙も)は伝が立てられていないのですよね。

弟かつ付伝であっても、伝が立てられている人物を優先しようと思います。順番は前後しますが、孫暠や孫謙もあとから採り上げますのでご了解ください。

孫瑜は周瑜も認める良将だったようです。『三国志』(呉書・周瑜伝)では、210年に周瑜が孫権に蜀(しょく)取りを進言した際、「孫瑜とともに蜀を奪取したい」と述べています。

「劉璋(りゅうしょう)から蜀を奪ったあと、漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)も併呑し、孫瑜を留めて守りを固めてもらえば、馬超(ばちょう)との同盟もうまく結ぶことができる」と。

そして「(周瑜が)蜀から戻り、孫権とともに襄陽(じょうよう)を根拠地として曹操を追い詰めていけば、北方制覇も夢ではないのだ」とも。

孫権は進言を容れましたが、江陵(こうりょう)に戻って遠征の準備に取りかかろうとした周瑜は、その道中の巴丘(はきゅう)で病死。ついに蜀への遠征は実現しませんでした。

なお、周瑜の進言の中では孫瑜が奮威(奮威将軍)と呼ばれているようなので、上で挙げた孫瑜が奮威将軍に昇進した時期については、212年より前(210年ごろか?)なのかもしれません。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました