丁氏(ていし)C ※曹嵩(そうすう)の妻

【姓名】 丁氏(ていし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹嵩(そうすう)の夫人で、魏(ぎ)の曹操(そうそう)の母にあたる

父母ともに不詳。

220年5月、献帝(けんてい)が魏王の曹丕(そうひ)に曹嵩を太王(たいおう)と追尊するよう命じた際、その夫人だった丁氏も併せて王太后(おうたいごう)と追尊された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・文帝紀〈ぶんていぎ〉)によれば、220年11月に漢(かん)からの禅譲を受ける形で魏を建国した曹丕が、「太王の曹嵩を太皇帝と追尊した」とありますが、丁氏の扱いはわかりにくかったです。

ちなみに、このとき併せて「武王(ぶおう)の曹操を武皇帝(ぶこうてい)と追尊、その后(きさき)であった王太后(となれば卞氏〈べんし〉。このとき存命)に皇太后(こうたいごう)の称号を奉った」ともあります。

この部分は私の解釈がおかしいのかもしれません。丁氏も曹嵩と併せて太皇后と追尊するのが普通でしょうし……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました