張翼(ちょうよく)

【この記事をシェアする】

【姓名】 張翼(ちょうよく) 【あざな】 伯恭(はくきょう)

【原籍】 犍為郡(けんいぐん)武陽県(ぶようけん)

【生没】 ?~264年(?歳)

【吉川】 第201話で初登場。
【演義】 第064回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・張翼伝』あり。

劉禅(りゅうぜん)の降伏後、鍾会(しょうかい)が起こした反乱の巻き添えになる

父母ともに不詳。張微(ちょうび)という息子がいた。

214年、劉備(りゅうび)が成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降して「益州牧(えきしゅうのぼく)」を兼ねると、張翼は「書佐(しょさ)」に任ぜられる。

そして、建安(けんあん)年間(196~220年)の末に孝廉(こうれん)に推挙され「江陽県長(こうようけんのちょう)」となった。のち「涪陵県令(ふうりょうけんのれい)」「梓潼太守(しとうのたいしゅ)」「広漢太守(こうかんのたいしゅ)」「蜀郡太守」を歴任。

231年、「ライ降都督(らいこうのととく。广+來)・綏南中郎将(すいなんちゅうろうしょう)」に任ぜられる。張翼は法律を厳格に運用し、異民族の歓心を買うようなことはしなかった。

233年、南夷(なんい)の有力者の劉冑(りゅうちゅう)が背き諸郡を荒らし回ると、張翼はこれを撃破しないうちに成都への召還命令を受ける。

配下の者たちは、すぐに帰って罪に服したほうがよいと言ったが、張翼は聞き入れず、兵糧を整えたうえ後任の馬忠(ばちゅう)の到着を待ってから出発した。

馬忠は劉冑を斬り南方の平定に成功したが、これには張翼の事前の配慮が役立ったため、話を聞いた丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)を感心させたという。

翌234年、諸葛亮が武功(ぶこう)に出陣した際、張翼は「前軍都督(ぜんぐんととく)」となり「扶風太守(ふふうのたいしゅ)」を兼ねる。

この年、諸葛亮が陣没すると張翼は「前領軍(ぜんりょうぐん)」に任ぜられ、先の劉冑討伐時の功績が採り上げられて「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

238年、張翼は中央へ入って「尚書(しょうしょ)」に任ぜられ、ほどなく「督建威(とくけんい)・仮節(かせつ)」を経て「征西大将軍(せいせいだいしょうぐん)」に昇進し、「都亭侯(とていこう)」に爵位が進む。

255年、張翼は衛将軍(えいしょうぐん)の姜維(きょうい)とともに成都に帰還。

姜維が再度の出兵を建議したため、張翼はただひとり朝議において反対する。だが姜維は聞き入れず、やむなく張翼も「鎮南大将軍(ちんなんだいしょうぐん)」として従軍した。

姜維は狄道(てきどう)に進攻し、洮水(とうすい)の西で魏(ぎ)の雍州刺史(ようしゅうしし)の王経(おうけい)を大破。魏軍の戦死者は5ケタの数に上る。

このとき張翼は、これ以上の追撃を思いとどまるよう説いたが、姜維は腹を立て、そのまま狄道城を包囲した。しかし、魏の征西将軍の陳泰(ちんたい)が救援に駆けつけたため城を陥せず、姜維は引き揚げて鍾題(しょうだい)にとどまる。

張翼が自分の意見に異論を唱えて以来、姜維は彼のことをよく思わなくなったが、それでも各地の遠征に同行させたという。

259年、張翼は「左車騎将軍(さしゃきしょうぐん)」に昇進し(名目上の)「冀州刺史(きしゅうのしし)」を兼ねる。

263年、張翼は姜維とともに剣閣(けんかく)で魏の鍾会の軍勢を防いだ。

ところが、魏のトウ艾(とうがい。登+阝)が陰平(いんぺい)から景谷道(けいこくどう)を通り剣閣の脇から侵入。緜竹(めんちく)で諸葛瞻(しょかつせん)を撃破すると、劉禅の降伏を受け入れて成都を占領した。

そのうちに劉禅の詔(みことのり)を受けたため、張翼らは武器を捨て鎧(よろい)も脱ぎ、涪(ふう)にいる鍾会のところへ出頭。

翌264年、鍾会に陥れられたトウ艾が捕らえられ囚人護送車で送還されると、張翼は鍾会や姜維らとともに成都へ入った。成都入城後に鍾会が謀反を起こすと、魏の将兵は従おうとせず、かえって鍾会や姜維らを殺害。このとき張翼も殺害されたという。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(蜀書・趙雲伝〈ちょううんでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『趙雲別伝(ちょううんべつでん)』には、219年に劉備と曹操(そうそう)が漢中(かんちゅう)を巡って争ったとき、「沔陽県長(べんようけんのちょう)」として張翼も従軍したことが見えました。

張翼は各県の令長から太守へと着実に昇進し、その後は長く将軍の地位で活躍しています。姜維の方針や用兵については評価していなかったようですが、張翼の最期にも鍾会に厚遇された姜維の影響がありましたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】