曹袞(そうこん)

【姓名】 曹袞(そうこん) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~235年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・中山恭王袞伝(ちゅうざんきょうおうこんでん)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の息子で曹丕(そうひ)の異母弟、中山恭王

父は曹操、母は杜氏(とし)。同母兄には曹林(そうりん)がおり、曹氏(そうし。金郷公主〈きんきょうこうしゅ〉)は同母姉妹。息子の曹孚(そうふ)は跡継ぎ。

曹袞は216年に平郷侯(へいきょうこう)に封ぜられ、翌217年に東郷侯(とうきょうこう)、同年に賛侯(さんこう)に移封された。

221年には賛公に爵位が進み、翌222年に北海王(ほっかいおう)に移封された。この年、鄴(ぎょう)の西の漳水(しょうすい)に黄色い龍が現れた。曹袞は上書して曹丕の徳を称え、詔(みことのり)により黄金10斤(きん)を下賜された。

翌223年に賛王、226年には濮陽王(ぼくようおう)に移封された。228年、封国の濮陽に赴任した。231年冬に入朝し、翌232年には中山王(ちゅうざんおう)に移封された。

翌233年、担当官吏が曹叡(そうえい)に上奏し、(曹袞が)231年に入朝した際、禁令に違反した罪を問われる。曹叡は曹袞を擁護する態度を示したが、結局は2県750戸が削られることになった。

曹袞は属官たちを戒め、ますます謹厳に努めた。そのため、翌234年には先に削られた県が返された。

翌235年秋、病にかかり、同年中に薨去(こうきょ)した。息子の曹孚が跡を継ぎ、景初(けいしょ)年間(237~239年)・正元(せいげん)年間(254~256年)・景元(けいげん)年間(260~264年)にたびたび加増され、3,400戸となった。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、「曹袞は若いころから学問が好きで、10余歳にしてうまく文章を作った」ということです。

「文学(ぶんがく。官名)や近侍の者は、彼があまり熱心に書物を読むことを心配し、たびたび読書をやめるよう忠告した。しかし、曹袞は生まれながらの読書好きで、やめることができなかった」ともあります。

また、このような話も――。

お目付け役である属官たちが、曹袞の美点を称揚する上奏を行ったことを知ると、曹袞はひどく驚いたうえに恐れ、属官をとがめて言った。

「わが身を修め羽目を外さないようにするのは人として普通のことだ。それをきみたちは上聞に達した。これでは私の負担が増すだけだ」

そして、228年に封国の濮陽に赴任したあとは倹約を尊び、妃妾(ひしょう)らに糸を紡(つむ)がせて機(はた)を織らせ、召使いのやるべき作業をも習わせた。こういう具合に、とても慎み深い人だったということです。

この曹袞が病に倒れると、曹叡は詔を下し太医(たいい。帝室の侍医)を遣わしたり、ごちそうを下賜したりしています。太妃(たいひ。生母である杜氏)や沛王(はいおう)の曹林が見舞いに行くことも許しており、厚遇ぶりがうかがえますね。

曹袞のほうも最後まで信念を曲げず、葬儀を質素に執り行うよう命じ、跡継ぎとなる息子に礼節を説いて逝きました。

文才もあったという曹袞は2万余字の著述を残しており、その才能は曹植(そうしょく)に及ばなかったものの、好んで張り合ったのだとも。

なお、本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、231年に曹袞が違反した禁令というのは、「首都(洛陽〈らくよう〉)の人士と行き来したこと」だとありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました