曹玹(そうけん)

【姓名】 曹玹(そうけん) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・済陽懐王玹伝(せいようかいおうけんでん)』あり。

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の息子で曹丕(そうひ)の異母弟。済陽懐王

父は曹操、母は秦氏(しんし)。同母弟には曹峻(そうしゅん)がいる。

曹玹は211年に「西郷侯(せいきょうこう)」に封ぜられた。しかし早くに亡くなり、息子はいなかった。

215年になり、沛王(はいおう)の曹林(そうりん)の息子である曹賛(そうさん)が、曹玹の跡継ぎとして立てられた。ところが曹賛も早くに亡くなり、息子はいなかった。

その後、曹賛の弟の曹壱(そういつ)が曹玹の跡継ぎとして立てられ、221年に改めて「済陽侯(せいようこう)」に封ぜられた。223年には「済陽公」に爵位が進んだ。

230年、亡き曹玹の爵位がさかのぼって進められ、「懐公(済陽懐公)」の諡号(しごう)が追贈された。232年、さらに曹玹の爵位が進められ「懐王(済陽懐王)」とされた。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】