王朗(おうろう)A ※あざなは「景興(けいこう)」

【姓名】 王朗(おうろう) 【あざな】 景興(けいこう)

【原籍】 東海郡(とうかいぐん)郯県(たんけん)

【生没】 154~228年(75歳)

【吉川】 第059話で初登場。
【演義】 第015回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・王朗伝』あり。

経書の学識を背景に三公まで昇る。蘭陵成侯(らんりょうのせいこう)

父母ともに不詳。兄がいたが、こちらも名は不詳。息子の王粛(おうしゅく)は跡継ぎで、ほかにも息子がいたことがうかがえる。

王朗は経書に通じていたことから「郎中(ろうちゅう)」となり、「菑丘県長(しきゅうけんのちょう)」に任ぜられた。彼は太尉(たいい)の楊賜(ようし)に師事していたが、185年に楊賜が死去すると官を捨てて喪に服す。

范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』(霊帝紀〈れいていぎ〉)によると、「185年10月、司空(しくう)の楊賜が死去した」とある。ただ、楊賜は「太尉」を務めたこと(182年10月~184年4月)がある。こういう場合は高位の官名のほうを記すものらしい。初めはわかりにくいと思ったが、考えてみれば当然か。

のち孝廉(こうれん)に推挙され三公の役所から招聘(しょうへい)されたものの、これに応じなかった。次いで徐州刺史(じょしゅうしし)の陶謙(とうけん)から茂才(もさい)に推挙される。

190年、献帝(けんてい)が董卓(とうたく)の意向により長安(ちょうあん)へ遷(うつ)され、関東(かんとう。函谷関〈かんこくかん〉以東の地域)では兵乱が起こっていた。

王朗は陶謙の「治中(ちちゅう)」となり、別駕(べつが)の趙イク(ちょういく。日+立)らとともに進言。勤皇の姿勢を示すため長安へ使者を遣り、謹んで詔(みことのり)を承るべきだと勧めた。陶謙は進言を容れ、趙イクに上奏文を持たせて長安へ遣わす。

献帝は陶謙の心を嘉(よみ)して「安東将軍(あんとうしょうぐん)」に任じたうえ、趙イクを「広陵太守(こうりょうのたいしゅ)」に、王朗を「会稽太守(かいけいのたいしゅ)」に、それぞれ取り立てた。

196年、孫策(そんさく)が江東(こうとう)の攻略を進め、会稽郡に迫る。

王朗配下の功曹(こうそう)の虞翻(ぐはん)は力で防ぐことはできないと見て、敵の鋭鋒を避けるほうがよいと考えた。だが王朗は、自身の身分が漢(かん)の官吏であることから、城邑(まち)を守るべきだと考える。

そこで兵をこぞって孫策と戦ったものの敗れ、海を渡り東冶(とうや)まで逃げた。さらに追撃を受けて大破されると孫策のもとに出頭する。しかし孫策は、彼が儒学の教養のある人物ということで、問責しただけで殺さなかった。

198年、曹操(そうそう)の上奏により召されると、王朗は曲阿(きょくあ)から長江(ちょうこう)と海を行ったり来たりしながら、何年もかけてたどり着く。そして「諫議大夫(かんぎたいふ)・参司空軍事(さんしくうぐんじ)」に任ぜられた。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

213年、魏が建国されると「軍祭酒(ぐんさいしゅ)」の身分のまま「魏郡太守(ぎぐんのたいしゅ)」を兼任。のち「少府(しょうふ)」「奉常(ほうじょう)」「大理(だいり)」を歴任する。

大理として裁判を担当すると王朗は寛容に努め、罪状に疑義があれば軽いほうを採用した。鍾繇(しょうよう)も優れた洞察力によって法を運用したが、王朗は彼ともども裁きの見事さをたたえられたという。

220年2月、曹丕(そうひ)が「魏王」を継ぐと、王朗は「御史大夫(ぎょしたいふ)」に昇進し「安陵亭侯(あんりょうていこう)」に封ぜられる。

同年10月、曹丕が帝位に即くと位を改められて「司空」となり、「楽平郷侯(らくへいきょうこう)」に爵位が進んだ。

この年、「御史大夫」を改称して「司空」としたもの。

223年、鵜鶘(ペリカン)が霊芝池(れいしち)に群がる。これを受けて曹丕は公卿(こうけい)に詔を下し、「独行の君子(世俗に左右されない立派な人物)」を推挙するよう命じた。

王朗は光禄大夫(こうろくたいふ)の楊彪(ようひゅう)を推挙したうえ、病気を理由に自分の地位を譲る。そこで曹丕は楊彪のために属官を置き、三公に次ぐ位を与えた。さらに王朗には詔を下して復帰を求め、王朗もこれを受け入れた。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと「司徒(しと)」に転じ、「蘭陵侯」に爵位が進み500戸の加増を受ける。以前と合わせて封邑(ほうゆう)は1200戸となった。

王朗は『易(えき)』『春秋(しゅんじゅう)』『孝経(こうきょう)』『周官(しゅうかん。周礼〈しゅらい〉)』の注釈を著した。また、彼の奏議(上奏文)・論(議論)・記(記事)はみな世に伝わったという。

228年、王朗が75歳で死去すると「成侯」と諡(おくりな)され、息子の王粛が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝には晩年、王朗が「司徒」を務めていたとき、曹叡に皇子が少ないことを心配する上奏文を奉った記事が載せられており、むやみに後宮の女官を増やせばよいわけでなく、懐妊する可能性の高い者を厳選されたほうがよいと、かなり踏み込んだ進言をしています。

また、皇子らが幼少のころより、あまりに心地よく暖かな褥(しとね。敷物や布団)を用いているとも指摘。これでは病気を防ぐことは難しく、(死の)悲嘆を招きやすいとし、幼少期に用いる綿入れを厚いものにしないようにと、過保護に育てないことを丁寧に勧めています。

実際、曹叡の実子は曹冏(そうけい。226年没)・曹穆(そうぼく。229年没)・曹殷(そういん。232年没)が早くに亡くなっていて、跡を継いだ曹芳(そうほう)は養子(出自も不詳)でしたからね。王朗の死後も皇子の夭折(ようせつ)が続いているところを見ると、彼の進言は生かされなかったようです。

『演義』(第93回)や『吉川版』(第281話)では、祁山(きざん)の陣頭で諸葛亮(しょかつりょう)に論破され、落馬して死んだことになっている王朗。この辺りはまったくの創作ということで、だいぶ思い切ったなぁと驚かされました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】