荀ウン(じゅんうん。忄+軍)

【姓名】 荀ウン(じゅんうん。忄+軍) 【あざな】 長倩(ちょうせん)

【原籍】 潁川郡(えいせんぐん)潁陰県(えいいんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第061回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・荀イク伝』に付された「荀ウン伝」あり。

荀イクの息子

父は荀イクだが、母は不詳。妻は曹氏(そうし。曹操〈そうそう〉の娘。安陽公主〈あんようこうしゅ〉)。

荀俁(じゅんぐ)・荀詵(じゅんしん)・荀ギ(じゅんぎ。豈+頁)・荀粲(じゅんさん)はみな弟。このほかにもうふたりの弟(名は不詳)と陳羣(ちんぐん)に嫁いだ姉妹がいた。

息子の荀カン(じゅんかん。虎+甘)は跡継ぎで、荀ヨク(じゅんよく。雨+異)も同じく息子。

212年、荀ウンは荀イクが死去したためその跡を継ぎ、「万歳亭侯(ばんざいていこう)」に封ぜられた。官位は「虎賁中郎将(こほんちゅうろうしょう)」まで昇った。

初め曹丕(そうひ)と弟の曹植(そうしょく)との間で(どちらを魏の「王太子〈おうたいし〉」にするか)比較の議論が行われていたとき、曹丕は礼の規範を曲げてまで荀イクにへりくだる態度を取った。

ところが荀イクが亡くなると、荀ウンは曹植と親しくし、曹丕と親しい夏侯尚(かこうしょう)とは折り合いが悪かった。このことから、曹丕はひどく荀ウンを憎んだという。

荀ウンは若死に(時期は不明)し、息子の荀カンが跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。特にこれといった事績は書かれていないようですが、曹植と親しくしていたことと若死には無関係なのですよね?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】