公孫淵(こうそんえん)

【姓名】 公孫淵(こうそんえん) 【あざな】 ?

【原籍】 遼東郡(りょうとうぐん)襄平県(じょうへいけん)

【生没】 ?~238年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第105回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・公孫度伝(こうそんたくでん)』に付された「公孫淵伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

公孫康(こうそんこう)の息子、遼東一帯で自立して燕王(えんおう)を称す

父は公孫康だが、母は不詳。公孫晃(こうそんこう)は兄。公孫脩(こうそんしゅう)という息子がおり、このほかにも3人の息子がいたことがうかがえる。

公孫康が死去した際、息子の公孫晃や公孫淵らは幼かったため、公孫康の弟の公孫恭が代わって遼東太守(りょうとうのたいしゅ)となった。

しかし、かつて公孫恭は陰萎(いんい)を病み性的不能者となっており、その資質も劣っていて国を治めていく能力を持っていなかった。

228年、公孫淵は叔父である公孫恭を脅迫し位を奪う。魏(ぎ)の曹叡(そうえい)は公孫淵を揚烈将軍(ようれつしょうぐん)・遼東太守に任じた。

232年10月、公孫淵は、配下の校尉(こうい)の宿舒(しゅくしょ)と郎中令(ろうちゅうれい)の孫綜(そんそう)を呉(ご)へ遣わし、呉に帰属して藩国になる旨を伝えさせ、併せて貂(テン)の毛皮と馬を献上した。

翌233年3月、呉の孫権(そんけん)は宿舒らの帰国に際し、配下の太常(たいじょう)の張弥(ちょうび)、執金吾(しつきんご)の許晏(きょあん)、将軍の賀達(がたつ)らに1万の兵を付け同行させた。

さらに孫権は金玉や珍宝を贈るとともに、公孫淵を燕王に封じたうえ九錫(きゅうせき)まで加えた。

呉の丞相(じょうしょう)の顧雍(こよう)らは、公孫淵への度を越した厚遇を思いとどまるよう諫めたが、孫権は聞き入れなかった。

ところが、孫権から燕王に封ぜられた公孫淵は、呉が遠すぎて助力は当てにできないと心配する一方、財物だけは欲しいと考える。そこで孫権が遣わした張弥や許晏らを斬り、その首を魏へ送り届けた。

これを受け、魏の曹叡から大司馬(だいしば)に任ぜられ楽浪公(らくろうこう)に封ぜられた。持節(じせつ)と遼東太守の地位もこれまで通りとされた。

237年、魏の曹叡は、幽州刺史(ゆうしゅうしし)の毌丘倹(かんきゅうけん)に玉璽(ぎょくじ)を押した文書を持たせ、公孫淵を洛陽(らくよう)へ召し寄せようとした。

公孫淵は軍勢を出し、遼隧(りょうすい)で毌丘倹を撃退。そのうえ自立して燕王を称し、独自に百官有司(ゆうし。担当官吏)を置き「紹漢(しょうかん)」の年号を建てた。

また、使者にしるしの節(はた)を持たせ、鮮卑(せんぴ)の単于(ぜんう。王)に玉璽を与えて辺境の民を支配させた。そして鮮卑族に誘いかけ、魏の北方を荒らすよう仕向けた。

翌238年春、魏の太尉(たいい)の司馬懿(しばい)が軍勢をひきいて進発し、6月には遼東へ到着。公孫淵は、配下の将軍の卑衍(ひえん)と楊祚(ようそ)らに歩騎数万を付けて遼隧へ駐屯させ、20里(り)以上にわたる塹壕(ざんごう)を掘り巡らせた。

だが、司馬懿が配下の将軍の胡遵(こじゅん)らを差し向けると、遼隧の軍勢は撃破されてしまった。続いて司馬懿が周囲の塹壕に穴を開けさせると、軍勢を引き揚げて東南へ向かうと見せかけ、急に東北へ向きを変え襄平を目指した。卑衍らは襄平が無防備であることを心配し、夜中に逃走した。

こうして司馬懿の軍勢が首山(しゅざん)まで侵出すると、公孫淵は再び卑衍らに迎撃を命じた。卑衍らはここでも大破され、司馬懿は襄平の城壁の下まで進み、周囲に塹壕を巡らせた。

このころ30日以上も雨が降り続き、遼水(りょうすい)が増水。輸送船が遼水の口から城壁の下まで直行できるほどになった。

やがて雨が上がると、司馬懿は土山を築き、櫓(やぐら)の上に連発式の弩(いしゆみ)を備え城内へ矢を射込んできた。公孫淵には手の打ちようがなく、食糧も底を突き人々は互いに食らい合い、多数の死者が出た。配下の楊祚らは投降した。

同年8月の夜、長さ数十丈(じょう)もあろうかという大流星が、首山の東北から襄平城の東南に落ちた。この月のうちに公孫淵軍は総崩れとなり、公孫淵は息子の公孫脩とともに数百の騎兵で包囲を突破し、東南へ逃走した。

その後、司馬懿の大軍の急襲を受け、ちょうど大流星が落ちた場所で父子ともども斬り殺された。襄平城も陥落し、配下の相国(しょうこく。官名)以下、数千人が斬り殺された。

公孫淵の首は洛陽へ届けられ、遼東・帯方(たいほう)・楽浪・玄菟(げんと)の4郡はことごとく魏に平定された。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、司馬懿に討伐される前、たびたび公孫淵の家で奇怪なことが起こっていたそうです。それは、犬が頭巾をかぶり赤い着物をつけ屋根に上がっていたり、飯を炊いたところ甑(こしき。瓦製の蒸し器)の中で子どもが蒸されて死んでいたというようなもの。

また、襄平の北で売られていた生肉は長さと太さが数尺(すうせき)あり、頭と目と口が付いていて、手足がないのにゆらゆら揺れ動いていたのだとも。

なお、『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 潮書房光人社)の公孫淵の項目では、「頭と目と口が付いていて」のところが「頭があるのに目も口もなく」となっていました。原文では「有頭目口喙」とあるようですが、どちらがより正しく形状を捉えているのかイマイチ判断がつきませんでした。

占いには、「形があるのに不完全で、体があるのに声は出ない。このような怪物が出現した国は滅亡するであろう」とあったとも言い、189年に祖父の公孫度が遼東を占拠して以来、父の公孫康、そして公孫淵に至るまで3代を経て、238年までの合わせて50年で滅亡したのだということでした。

前の公孫度の記事公孫康の記事でも触れましたが、公孫度・公孫康・公孫淵の公孫氏3代と、倭(わ)の女王である卑弥呼(ひみこ)との外交関係はとても興味深いです。
公孫度(こうそんたく)
【姓名】 公孫度(こうそんたく) 【あざな】 升済(しょうせい)【原籍】 遼東郡(りょうとうぐん)襄平県(じょうへいけん)【生没】 ?~204年(?歳)【吉川】 登場せず。【演義】 第033回で初登場。【正史...

公孫康(こうそんこう)
【姓名】 公孫康(こうそんこう) 【あざな】 ?【原籍】 遼東郡(りょうとうぐん)襄平県(じょうへいけん)【生没】 ?~?年(?歳)【吉川】 第121話で初登場。【演義】 第033回で初登場。【正史】 登場人...

2013年3月にNHKのEテレで放送された、「さかのぼり日本史(こうして“クニ”が生まれた)」を見ました。「魏と卑弥呼」ではなく「公孫氏と卑弥呼」という視点は、地理的に見れば当たり前なのでしょうけど、いろいろと考えさせられるところがありました。

「さかのぼり日本史(こうして“クニ”が生まれた)」
2013/03/19放送 第1回 卑弥呼の外交戦略
2013/03/26放送 第2回 弥生時代 国際社会への参入

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました