崔林(さいりん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 崔林(さいりん) 【あざな】 徳儒(とくじゅ)

【原籍】 清河郡(せいかぐん)東武城県(とうぶじょうけん)

【生没】 ?~244年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・崔林伝』あり。

本質を大まかにつかむ行政で官民の支持を得る

父母ともに不詳。崔琰(さいえん)は従兄。息子の崔述(さいじゅつ)は跡継ぎで、崔随(さいずい)も同じく息子。

崔林は晩成の質だったので、若いころ親族の誰からも認められなかった。ただ、従兄の崔琰だけは彼を評価していた。

204年、曹操(そうそう)が冀州(きしゅう)を平定すると、崔林は召されて「鄔県長(うけんのちょう)」に任ぜられる。だが、彼は貧乏で車や馬を持っておらず、お供も連れずに徒歩で任地へ赴いたという。

206年、曹操が高幹(こうかん)討伐のため壺関(こかん)へ遠征した際、県の令長(れいちょう)のうち仁徳ある政治を行っている者を尋ねた。

ここで幷州刺史(へいしゅうしし)の張陟(ちょうちょく)が崔林の名を挙げたところ、崔林は「冀州主簿(きしゅうのしゅぼ)」に抜てきされ、次いで「別駕(べつが)」や「丞相掾属(じょうしょうのえんぞく)」を歴任。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

213年、魏が建国された後、昇進を重ねて「御史中丞(ぎょしちゅうじょう)」となる。

220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと「尚書(しょうしょ)」となり、地方へ出て「幽州刺史(ゆうしゅうのしし)」を務めた。

このころ北中郎将(ほくちゅうろうしょう)の呉質(ごしつ)が河北(かほく)の軍事を統括していたため、涿郡太守(たくぐんたいしゅ)の王雄(おうゆう)は崔林配下の別駕を通じ、崔林も呉質に敬意を表したほうがよいと忠告した。

だが崔林は、(呉質の機嫌を損ね)州を去ることなど履物を脱ぎ捨てる程度のものだと言い、まったく気にかけなかった。こうして一期(?)在職したが、北方民族の侵奪は影を潜める。

それでも崔林は上司に頭を下げなかったので、結局は「河間太守(かかんのたいしゅ)」に左遷され人々から残念がられた。のち「大鴻臚(だいこうろ)」に昇進。

222年、亀茲王(きゅうじおう)の息子が曹丕に近侍するため来朝すると、魏は遠方からの来朝を嘉(よみ)し、王にたいそう手厚い褒賞を与えた。これを聞き、ほかの西域(せいいき)の都市国家の王たちも息子を来朝させ、その仲立ちを求める使者が続々とやってくる。

崔林は、彼らの中に偽者が混じっていて、一時的に遠縁の商人を駆り出し使者の役目をさせ、魏の印綬(いんじゅ)を手に入れようとしている場合もあるのに、魏では、彼らを護送するための出費が多額に上っていることを懸念。

そこで燉煌(とんこう)に公文書を送り趣旨を説明したうえ、諸国の使者を接待する際、丁寧に行うべきときと簡略に行うべきときの前代の例を示し、恒常的な規則を設けさせた。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと、崔林は「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられ、「光禄勲(こうろくくん)」や「司隷校尉(しれいこうい)」を務める。管轄下の郡における違法行為をやめさせ過剰な下役を廃した。

崔林の行政は誠実さを貫き、本質を大まかにつかむというもの。そのため彼は転任後、いつも前の任地の住民たちから思慕されたという。

景初(けいしょ)年間(237~239年)、散騎常侍(さんきじょうじ)の劉劭(りゅうしょう)が詔(みことのり)を受けて「考課論(こうかろん。官吏の任用や昇進に関する評定制度についての論)」を作り、これを官僚らに下げ渡し研究することになった。

崔林は、考課については法文よりも運用する人材に成否がかかっているとして、軍の派遣が多かったり突如なされたりしており、さらに内外(宮中と政府)の区別があって増減が常ない現状では、ひとつの法で固定することは困難だと述べた。

238年、崔林は「司空(しくう)」に昇進。「安陽亭侯(あんようていこう)」に爵位が進み封邑(ほうゆう)600戸を賜る。三公の官位にある者が「列侯(れっこう)」の爵位を賜るようになったのは彼から始まったことだという。

しばらくすると、さらに「安陽郷侯(あんようきょうこう)」に爵位が進む。また崔林の封邑が分割され、息子のひとりが「列侯」に封ぜられた。

244年、崔林が死去すると「孝侯(こうこう)」と諡(おくりな)され、息子の崔述が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

初め「鄔県長」となったときに単身徒歩で赴任したり、「幽州刺史」の地位を捨て去ることなど気にかけなかったという崔林。形式にこだわることなく、あくまで実質を重視する姿勢は確かに官民の支持を得られそう。

ですが、より興味を引かれたのは西域の都市国家の話でした。王の息子や使者に偽者が混じっていたとは……。人の考えることは時代を経てもあまり変わらないものですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】