人物データ呉の孫氏

謝氏(しゃし)A ※孫権(そんけん)の妻、謝夫人(しゃふじん)

【姓名】 謝氏(しゃし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 会稽郡(かいけいぐん)山陰県(さんいんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫権謝夫人伝(そんけんしゃふじんでん)』あり。

スポンサーリンク

呉(ご)の孫権の側室、謝夫人

父は謝煚(しゃけい)だが、母は不詳。

弟の謝承(しゃしょう)は『後漢書(ごかんじょ)』100余巻を著したが、これは范曄(はんよう)の『後漢書』とは別の書物である。

謝氏は、孫権の母である呉氏(ごし)の意向により孫権に嫁ぎ、その寵愛を受けた。

その後、孫権は姑(おば。父の姉妹)の孫にあたる徐氏(じょし)を娶った。謝氏は徐氏に仕えることを拒んだため寵愛を失い、早くに亡くなったという。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

意外に区別がつきにくいのですけど、224年以降に孫霸(そんは)を生んだ謝氏(謝姫〈しゃき〉)とは別人だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました