孫ワン(そんわん。雨+單)

【姓名】 孫ワン(そんわん。雨+單) 【あざな】 莔(きつ)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~265年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第120回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫休(そんきゅう)の息子

父は孫休だが、母は不詳。孫コウ(そんこう。雷+大)・孫モウ(そんもう。壴+巨)・孫ホウ(そんほう。亠+先+攴)は、みな弟。

孫ワンは262年8月に皇太子(こうたいし)に立てられた。

264年、孫休は病が重くなり話せなくなると、字を書いて丞相(じょうしょう)の濮陽興(ぼくようこう)を呼び、孫ワンに彼の前で拝礼するよう命じた。孫休は濮陽興の腕(かいな)を取り、孫ワンを指さして後事を託した。

ところが同年7月に孫休が崩ずると、濮陽興は左将軍(さしょうぐん)の張布(ちょうふ)と相談し、孫晧(そんこう)を迎えて帝位に即けた。

同年10月、孫ワンは孫晧から豫章王(よしょうおう)に封ぜられたが、翌265年には呉郡の小城に幽閉され、ほどなく殺害された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

孫ワンら兄弟の命名については、『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫休伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張勃(ちょうぼつ)の『呉録(ごろく)』に孫休の詔(みことのり)が載せられていました。

それによると孫休は、「師友は別にしても、父兄や自分自身が立派すぎる名やあざなを付けるという風潮を、つねづね笑ってきた」とあり、「そうしたことに配慮しつつ、自ら4人の息子たちの名とあざなを定めた」のだということでした。

「孫ワンの場合は、名のワン(雨+單)の音を湖水湾澳(こすいわんいく)というときの『湾』と同じだ」とし「あざなの莔の音は迄今(きつきん)というときの『迄』と同じだ」と説明しています。

また「これらの文字はみな世に用いられているものではなく、ことさら古い文字から取ったものを組み合わせて作ったものだ」とも言い、「二字名にしないだけではなく、それぞれが独自の文字であるため、それを避けて使わないことも容易であろう」として、こうした自分の考えを広く天下に伝えるよう命じています。

しかし裴松之は、孫休が類例のない文字を作り出し典拠のない音を定めたことを、「前代の賢者たちの明らかな教えに反する」と批判したうえ、「後世にその愚かさを笑われることになったのも、もっともなことだ」と述べていました。

とはいえ、この記事からは当時の命名の様子が垣間見え興味深いものがありました。孫休は古典の研究に没頭した人物でもあるので、名やあざなにも強いこだわりがあったのでしょう。

現代では名を呼ぶことを避けたりはしませんけど――。子どもによい名を付けようというところだけを見れば、当時よりその傾向が強くなっているのかもしれませんね。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました