任峻(じんしゅん)

【姓名】 任峻(じんしゅん) 【あざな】 伯達(はくたつ)

【原籍】 河南郡(かなんぐん)中牟県(ちゅうぼうけん)

【生没】 ?~204年(?歳)

【吉川】 第068話で初登場。
【演義】 第014回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・任峻伝』あり。

曹操(そうそう)の挙兵当初から後方支援に活躍。屯田制の実施でも功あり

父母ともに不詳。息子の任先(じんせん)は跡継ぎで、任覧(じんらん)も同じく息子。このほかにも息子がいたことがうかがえる。妻は曹操の従妹だった。

189年、董卓(とうたく)が乱を起こして関東(かんとう。函谷関〈かんこくかん〉以東の地域)も騒がしくなると、中牟県令(ちゅうぼうけんれい)の楊原(ようげん)は不安と恐怖のあまり官を捨てて逃げようとする。

このとき任峻は現状を説き、楊原に反董卓の口火を切り、「河南尹(かなんのいん)」を代行して付近の10県の兵をひきいるよう勧めた。任峻は楊原の「主簿(しゅぼ)」となり、彼を「河南尹」の代行に任じてほしいと上奏し、諸県に守備を固めるよう命じて挙兵した。

翌190年、同じく関東で挙兵した曹操が中牟の県境に入ってくると、みな誰に従うべきか判断に迷う。だが任峻は同郡の張奮(ちょうふん)と相談し、郡を挙げ曹操に付こうと考える。加えて別に一族・食客・郎党ら数百人を集め、彼らともども付き従いたいと願い出た。

曹操は大いに喜び、任峻を「騎都尉(きとい)」とするよう上奏したうえ、従妹を娶せて信愛した。以後、曹操が討伐に出るたび任峻は常に留守を預かり、軍への補給を取り仕切る。

196年、このころ飢饉(ききん)や干害によって兵糧が不足し、羽林監(うりんかん)の棗祗(そうし)が韓浩(かんこう)とともに屯田の設置を建言。

これを受け任峻は「典農中郎将(てんのうちゅうろうしょう)」に任ぜられる。民から募って許(きょ)の県下で屯田を始めると100万石(せき)の収穫を得た。

そこで郡国に田官(でんかん)を置き、本格的に制度を普及させたところ、数年のうちに各地の倉庫は粟(アワ)でいっぱいになった。

200年の「官渡(かんと)の戦い」においても任峻は兵糧輸送をつかさどった。軍事や国事に必要な物資が豊かになったのは、棗祗らの発議に加え、それを任峻が実現させたことによる。

曹操の上奏により、任峻は「都亭侯(とていこう)」に封ぜられ封邑(ほうゆう)300戸を賜り、「長水校尉(ちょうすいこうい)」に昇進。

204年、任峻が死去すると、曹操はしばらく泣いていたという。息子の任先が跡を継いだものの息子がいなかったため、その死後に封邑は没収された。

のち帝位に即いた曹丕(そうひ)が、さかのぼって功臣を記録させた際、任峻に「成侯(せいこう)」の諡号(しごう)を追贈する。また、彼の息子の任覧を「関内侯(かんだいこう)」に封じた。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、任峻は寛大で、深い人情と包容力を持っており、物の道理をつかんでいたといい、彼が述べた意見には曹操も感心することが多かったということです。飢饉の際に友人の遺児を引き取って面倒を見たり、父方や母方を問わず一族の貧窮者を助け、その信義が大いにたたえられたのだとも。

屯田制の実現は曹操の大業を経済面から支えました。当初は袁紹(えんしょう)の軍事力や経済力に圧倒されていた曹操でしたが、こうした基盤の構造が両者でまったく異なっていたのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】