曹緯(そうい)

【姓名】 曹緯(そうい) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

曹林(そうりん)の息子、沛王(はいおう)

父は曹林だが、母は不詳。兄弟には曹賛(そうさん)と曹壱(そういつ)がいる。

256年、曹緯は曹林が薨去(こうきょ)したため跡を継ぎ、沛王に封ぜられた。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

曹林の息子として名が出てくる曹緯・曹賛・曹壱の兄弟の順番がイマイチはっきりしません。曹壱が曹賛の弟だというのは『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・済陽懐王玹伝〈せいようかいおうけんでん〉)にありますが、曹緯はふたりの兄なのか弟なのか?

曹賛が曹玹(そうけん)の跡継ぎとして立てられたのは215年のことで、彼が早くに亡くなって息子もいなかったため、曹丕(そうひ)は(曹賛の)弟の曹壱に曹玹の跡を継がせたということです。

曹賛の没年は書かれていませんが、221年に曹壱が改めて済陽侯(せいようこう)に封ぜられたとあるので、215~221年の間だと考えられます。

そして、曹緯が曹林の跡を継いだのは256年のこと。曹賛や曹壱の話から見ると、かなり後の時代になります。

それぞれの母親が、曹林の正室だったのか側室だったのかで話は変わってくると思いますが、年代的に考えれば、曹緯が曹賛や曹壱の弟と見るのが無理がないかと。

ただ、曹緯が曹林の跡を継いだときに相当な年齢だった可能性もないとは言えず……。これは断定しないほうがよさそう。

また『三国志』(魏書・沛穆王林伝〈はいぼくおうりんでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『嵆氏譜(けいしふ)』によると、「嵆康(けいこう)の妻は曹林の孫娘だった」ということです。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました