呉班(ごはん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 呉班(ごはん) 【あざな】 元雄(げんゆう)

【原籍】 陳留郡(ちんりゅうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第204話で初登場。
【演義】 第065回で初登場。
【正史】 登場人物。

強さと男気で知られた将軍(しょうぐん)

父は呉匡(ごきょう)だが、母は不詳。呉壱(ごいつ。呉懿〈ごい〉)は族兄(いとこ。一族の同世代の年長者)。

221年、呉班は劉備(りゅうび)の孫権(そんけん)討伐に随行し、馮習(ふうしゅう)とともに孫権配下の李異(りい)らの軍勢を撃破する。のち「督後部(とくこうぶ)・後将軍(こうしょうぐん)」となり「安楽亭侯(あんらくていこう)」に封ぜられた。

231年、諸葛亮(しょかつりょう)が祁山(きざん)に進出した際、呉班は魏延(ぎえん)や高翔(こうしょう)とともに魏(ぎ)の司馬懿(しばい)の軍勢を大破し、多数の鹵獲品(ろかくひん)を得た。

のち「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)・仮節(かせつ)」まで昇進し「緜竹侯(めんちくこう)」に爵位が進む。だが、その後の呉班については記事がない。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・諸葛亮伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く習鑿歯(しゅうさくし)の『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』および『三国志』(蜀書・楊戯伝〈ようぎでん〉)の『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の陳寿(ちんじゅ)の注記などによるものです。

蜀の一翼を担う将軍として主要な戦いで活躍したことがうかがえますが、それ以上の詳しい事績はわかりませんでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】