習禎(しゅうてい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 習禎(しゅうてい) 【あざな】 文祥(ぶんしょう)

【原籍】 襄陽郡(じょうようぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

龐統(ほうとう)に次ぐ名声を得たという「広漢太守(こうかんのたいしゅ)」

父母ともに不詳。龐林(ほうりん。龐統の弟)に嫁いだ妹がいた。習忠(しゅうちゅう)という息子がいた。

211年、習禎は劉備(りゅうび)に付き従って蜀(しょく)へ入り、「雒県令(らくけんのれい)」や「ヒ県令(ひけんのれい。卑+阝)」を経て「広漢太守」に昇進した。だが、その後の習禎については記事がない。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・龐統伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く習鑿歯(しゅうさくし)の『襄陽記(じょうようき)』および『三国志』(蜀書・楊戯伝〈ようぎでん〉)の『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の陳寿(ちんじゅ)の注記によるものです。

同じく『襄陽記』には、習禎は洒脱(しゃだつ)で談論が巧みだったとあり、その名声は龐統に次ぎ、馬良(ばりょう)より上だったともいう。

しかしながら、登場箇所が少ないためコメントしにくいうえ、具体的な事績についての記事もなく、どのような人物だったのかはよくわかりませんでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】