曹訓(そうくん)

【姓名】 曹訓(そうくん) 【あざな】 ?

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)?

【生没】 ?~249年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第106回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・曹真伝(そうしんでん)』に付された「曹訓伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹真の息子

父は曹真だが、母は不詳。曹爽(そうそう)は兄で、おそらく曹羲(そうぎ)も兄。曹則(そうそく)・曹彦(そうげん)・曹皚(そうがい)も兄弟だが、みな弟か?

曹訓は231年に曹真が死去したあと、ほかの兄弟たちとともに列侯(れっこう)に封ぜられた。

239年に曹芳(そうほう)が帝位を継ぎ、曹爽が大将軍(だいしょうぐん)として政権を握ると、彼も武衛将軍(ぶえいしょうぐん)に任ぜられた。

その後、249年1月に司馬懿がクーデターを発動(正始〈せいし〉の政変)。結局は抵抗せず、兄弟ともども大逆不道の罪で処刑され、三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)も皆殺しになった。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。曹爽はともかく、曹羲と比べても具体的な事績についての記事がほとんどなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました