曹鼎(そうてい)

【姓名】 曹鼎(そうてい) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

曹洪(そうこう)の伯父

父母ともに不詳。曹洪は甥。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・曹洪伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、曹鼎は尚書令(しょうしょれい)を務めていたとき、曹洪を蘄春県長(きしゅんけんのちょう)に任じたという。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

曹洪は曹操(そうそう)の従弟なので、曹鼎が曹洪の伯父なら曹操ともそれなりの関係になるはずですが、そのあたりのことが詳しく書かれておらず、いくらか残念でした。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました