曹悌(そうてい)

【姓名】 曹悌(そうてい) 【あざな】 ?

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹楷(そうかい)の息子、梁王(りょうおう)

父は曹楷だが、母は不詳。

曹温(そうおん)は兄弟。曹叡(そうえい)の養子である曹芳(そうほう)と曹詢(そうしゅん)も兄弟の可能性があるという。

231年、曹悌は229年に薨去(こうきょ)した曹礼(そうれい)の跡継ぎとして立てられ元城王(げんじょうおう)に封ぜられた。翌232年には梁王に移封された。

景初(けいしょ)年間(237~239年)・正元(せいげん)年間(254~256年)・景元(けいげん)年間(260~264年)にたびたび加増され、4,500戸となった。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

なお、曹芳と曹詢が曹悌と兄弟の可能性があるというのは、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く孫盛(そんせい)の『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』の記事によるものです。
「魏の曹氏」収録人物一覧
正史『三国志』(魏書)に紀伝や付伝の立てられているすべての人物に加え、そのほかに魏の曹氏と関わりが深かった人物についても個別の記事を作って採り上げました。姓名の左にあるのは、正史『三国志』の収録状況です。「★」…本紀(ほんぎ。帝...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました