禺婉(ぐえん) ※曹芳(そうほう)の妻

【姓名】 禺婉(ぐえん) ※あざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹芳(そうほう)の側室?

父母ともに不詳。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、禺婉は曹芳が寵愛した側室のひとりだった。

同じく曹芳の寵愛を受けた張氏(ちょうし)ともども、郭太后(かくたいこう。明元郭皇后〈めいげんかくこうごう〉)の意向によって殺害されたという。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

出典部分は曹芳の廃位に関連したもので、このくだりでは彼の淫行が列挙されています。これらの醜聞は廃位の口実でしょうから、事実が含まれていたのかは疑わしいですね。

なお、この禺婉が郭太后に殺害された年はイマイチはっきりしませんでした。位階への言及もないので、側室とまでは言えない身分だったのかもしれません。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました