費禕(ひい)

【姓名】 費禕(ひい) 【あざな】 文偉(ぶんい)

【原籍】 江夏郡(こうかぐん)ボウ県(ぼうけん。黽+阝)

【生没】 ?~253年(?歳)

【吉川】 第276話で初登場。
【演義】 第065回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・費禕伝』あり。

天才肌の名宰相ながら報われぬ最期

父母ともに不詳。費伯仁(ひはくじん)は族父(おじ)。息子の費承(ひしょう)は跡継ぎで、費恭(ひきょう)も同じく息子。ほかに劉璿(りゅうせん)に嫁いだ娘がいた。

費禕は幼いころ父を亡くし、族父の費伯仁を頼る。費伯仁の姑(おば)は益州牧(えきしゅうぼく)の劉璋(りゅうしょう)の母だった。そのため劉璋が使者を遣って迎え、これに応じた費伯仁に伴われ、費禕も蜀へ行く。

214年、劉備(りゅうび)が成都(せいと)で劉璋を降すと、費禕はそのまま益州にとどまり、そのうち許叔龍(きょしゅくりょう)や董允(とういん)らと等しい名声を得る。

劉備が劉禅(りゅうぜん)を「太子(たいし)」に立てたとき、費禕は董允とともに「舎人(しゃじん。太子舎人)」となり、のち「庶子(しょし。太子庶子)」に昇進した。

219年に劉禅が(漢中王〈かんちゅうおう〉の)「王太子(おうたいし)」に立てられたときのことなのか、221年に(蜀の)「皇太子(こうたいし)」に立てられたときのことなのかイマイチわからず。おそらく後者だと思われるが……。

223年、劉禅が帝位を継ぐと、費禕は「黄門侍郎(こうもんじろう)」に任ぜられる。

225年、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が南征を終え凱旋(がいせん)した際、群臣は数十里(り)先まで出迎えた。このとき費禕より年齢や官位が上の者が多かったものの、諸葛亮は特に費禕を呼び、自分の車に同乗させる。このことがあってから人々の費禕を見る目が変わったという。

ほどなく費禕は「昭信校尉(しょうしんこうい)」に任ぜられ、諸葛亮の南征について報告するため孫権(そんけん)のもとへ遣わされる。

孫権には人をからかい楽しむようなところがあり、配下の諸葛恪(しょかつかく)や羊衜(ようどう)ら弁才のある者たちも、費禕に難題を吹っかけて議論を挑む。

だが、費禕は丁寧な言葉遣いと落ち着いた態度で応じ、道理によって返答したので最後まで彼らに屈することはなかった。こうして孫権からも高く評価され、帰国後に「侍中(じちゅう)」に昇進。

227年、諸葛亮が漢中に進駐すると、費禕は請われて「参軍(さんぐん)」を務め、使者として漢中と孫権のところを行き来した。

230年、費禕は「中護軍(ちゅうごぐん)」に転じ、のちに「司馬(しば)」となる。

将軍(しょうぐん)の魏延(ぎえん)と長史(ちょうし)の楊儀(ようぎ)は互いに憎しみ合い、同席し論争になれば、魏延が剣を突きつけ楊儀が涙を流す、といったありさまだった。そのような時、いつも費禕がふたりの間に入り、諫め諭してその場を収めていたという。

234年、諸葛亮が陣没すると費禕は「後軍師(こうぐんし)」となる。

翌235年、費禕は「尚書令(しょうしょれい)」に昇進。

241年、費禕は中監軍(ちゅうかんぐん)の姜維(きょうい)とともに漢中に遣わされ、大将軍(だいしょうぐん)の蔣琬(しょうえん)と今後の方針について協議する。

243年、蔣琬が漢中から涪(ふう)まで戻って駐留すると、費禕は「大将軍・録尚書事(ろくしょうしょじ)」に昇進。

翌244年、魏(ぎ)の曹爽(そうそう)が歩騎10余万をひきいて漢川(かんせん)に向かい、その先鋒は駱谷(らくこく)まで侵入。このとき漢中の守備兵は3万に満たず、蜀の諸将は大いに驚いた。

蜀では鎮北大将軍(ちんぼくだいしょうぐん)の王平(おうへい)と左護軍(さごぐん)の劉敏(りゅうびん)が興勢山(こうせいざん)へ向かい、費禕も節(せつ。権限を示すしるし)を手に成都から軍勢をひきいて救援に赴く。

費禕の到着を知った魏軍がすぐさま撤退すると、功により「成郷侯(せいきょうこう)」に封ぜられた。さらに蔣琬が固辞したため、費禕は「益州刺史(えきしゅうのしし)」をも兼ねることになった。

248年、王平の死去に伴い費禕が代わって漢中に駐留するも、蔣琬の時と同様、任地にあって国家の恩賞や刑罰に関する諮問を受け、これらはその後に初めて執行された。

251年夏、費禕は成都に帰還したものの、望気者(ぼうきしゃ。普通の人には見えない王者の気などを見ることができる人物)が都に宰相の位がなくなっていると述べる。そこで同年冬、費禕は再び北方へ向かい、漢寿(かんじゅ)に駐留することにした。

翌252年、劉禅から開府を許される。

翌253年、正月の大宴で費禕が泥酔していたところ、魏の降伏者である郭循(かくじゅん。郭脩〈かくしゅう〉)に刺殺されてしまう。「敬侯(けいこう)」と諡(おくりな)され息子の費承が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『費禕別伝(ひいべつでん)』には、「尚書令」となったときの費禕の仕事ぶりが採り上げられていました。

そのころは軍事や国政に課題が多く、公務も煩雑だったといいます。ところが費禕の理解力は人並み外れており、報告書にサッと目を通しただけで内容を把握できたそうです。その速さたるや他人の数倍で、一度見たことは決して忘れなかったのだとも。

さらに政務の合間に賓客と会い、飲食をしたり博奕(ばくえき。ばくち)をしたりして楽しみながら、仕事を怠ることはなかったと。

同じ『費禕別伝』では、費禕は慎み深いうえに質素で、家に財産をため込まなかったことが見えており、子どもたちにも粗衣粗食をさせ、自身の出入りに車騎を従わせず、一般の人々と変わらない様子だったということです。

費禕は諸葛亮と違うタイプの天才型の人物だったと思いますけど、その最期はまことに不運なものでした。この一事をもって警戒心が足りなかったというのは厳しすぎる気がします。むしろ魏の降伏者にも気さくに接するところが、彼の長所だったのでしょうから……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】