魏の曹氏人物データ

曹芳(そうほう) ※あざなは蘭卿(らんけい)、晋(しん)の邵陵厲公(しょうりょうのれいこう)

【姓名】 曹芳(そうほう) 【あざな】 蘭卿(らんけい)

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 232~274年(43歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第106回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・斉王紀(せいおうぎ)』あり。

スポンサーリンク

魏(ぎ)の第3代皇帝、実権を取り戻せないまま退位

実の父母ともに不詳。曹叡(そうえい)は養父。

『三国志』(魏書・斉王紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く孫盛(そんせい)の『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』によると、「同じく曹叡の養子であった曹詢(そうしゅん)ともども、任城王(じんじょうおう)の曹楷(そうかい)の息子」ともいう。

異母兄にあたる曹冏(そうけい。?~226年)・曹穆(そうぼく。?~229年)・曹殷(そういん。231~232年)がみな早く亡くなったため、養子に迎えられたようだ。

曹叡が亡くなる直前に皇太子(こうたいし)に立てられたものの、実権は曹爽(そうそう)、のち司馬氏(しばし)一族に握られた。

254年9月、大将軍(だいしょうぐん)の司馬師(しばし)が郭太后(かくたいこう)に曹芳の廃位を迫り、曹芳は退位して斉に帰藩することになった。

『三国志』(魏書・斉王紀)の裴松之注に引く『魏世譜(ぎせいふ)』によると、「魏の禅譲を受けた晋(しん)から邵陵県公(しょうりょうけんこう)に封ぜられ、274年に43歳で死去し厲公(れいこう)と諡(おくりな)された」という。

なお、曹芳が廃位されたあと、東海王(とうかいおう)の曹霖(そうりん)の息子である高貴郷公(こうききょうこう)の曹髦(そうぼう)が即位した。

主な経歴

-232年(1歳)-
この年、誕生。

-235年(4歳)-
8月、斉王に封ぜられる。

-239年(8歳)-
1月、父の曹叡が危篤となり皇太子に立てられる。同日に曹叡が崩御(ほうぎょ)。跡を継いで帝位に即き大赦を行う。

また、曹叡の郭皇后(かくこうごう)に皇太后(こうたいごう)の尊称を奉る。大将軍の曹爽と太尉(たいい)の司馬懿(しばい)が補佐にあたることになった。

同日、詔(みことのり)を下す。「現在造営中の宮殿の工事については先帝の遺詔により中止とし、官庁に属する60歳以上の奴婢(ぬひ)を解放して平民とする」というもの。

1月、曹叡を高平陵(こうへいりょう)に葬る。

2月、西域(せいいき)から「火浣布(かかんぷ)」が献上される。これを受けて大将軍(曹爽)と太尉(司馬懿)に詔を下し、その効果を試す実験に立ち会わせ、百官にも披露した。

2月、詔を下し、太尉の司馬懿を太傅(たいふ)に任ずる。さらに、節(せつ。権限を示すしるし)を持ち軍勢を統率し、内外の諸軍事を取り仕切ることに関してはこれまで通りとした。

3月、征東将軍(せいとうしょうぐん)の満寵(まんちょう)を太尉に任ずる。

6月、遼東(りょうとう)の東沓県(とうとうけん)の官民が海を渡って斉郡の辺境に住みつく。これを受け、もとの縦城県(しょうじょうけん)を新沓県(しんとうけん)として、それらの移民を住まわせることにした。

7月、初めて朝会に出席し公卿(こうけい)の上奏を聴く。

8月、大赦を行う。

10月、鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)の黄権(こうけん)を車騎将軍(しゃきしょうぐん)に任ずる。

12月、詔を下し、再び夏暦(かれき)に復すことを決める。これにより建寅(けんいん)の月(1月)を正始(せいし)元年正月とし、建丑(けんちゅう)の月(12月)を後の12月とすることになった。

-240年(9歳)-
2月、侍中(じちゅう)・中書監(ちゅうしょかん)の劉放(りゅうほう)に左光禄大夫(さこうろくたいふ)を、侍中・中書令(ちゅうしょれい)の孫資(そんし)に右光禄大夫(ゆうこうろくたいふ)を、それぞれ加官する。

2月、遼東の汶県(ぶんけん)と北豊県(ほくほうけん)の民が海を渡り流亡してくる。これを受け斉郡の西安(せいあん)・臨菑(りんし)・昌国(しょうこく)の3県の境域を区切って新汶県(しんぶんけん)と南豊県(なんぽうけん)を設置し、流民を住まわせることにした。

3月、昨年(239年)の12月からこの月(3月)まで、魏では雨が降らなかった。

3月、詔を下す。「裁判を担当する官吏は、速やかに無実の者に正しい処置を施してその罪を減免し、微罪の者についても審理したうえ出獄させよ」というもの。

また、三公・九卿(きゅうけい)・士人らに対しても、「正しい言葉と優れた計策を献じ、それぞれの考えを十分に表明するように」と命じた。

4月、車騎将軍の黄権が死去。

7月、詔を下す。「今まさしく民に物資が不足しているというのに、御府(ぎょふ。宮中で使用する衣服などを製作する役所)がおびただしい金銀の細工物を製作しているのは、いったいどういうつもりか」として、「150種の金製や銀製の品、合わせて1,800斤(きん)以上を供出し、これを溶かして軍費にせよ」というもの。

8月、洛陽(らくよう)近辺の穀物の取り入れを自ら巡察し、それぞれ格差をつけ、高齢者と農事に勤しむ者に褒美を与える。

-241年(10歳)-
2月、初めて『論語(ろんご)』を学び、太常(たいじょう)に命じて太牢(たいろう。牛・羊・豕〈イノコ〉)を捧げ、辟雍(へきよう。天子〈てんし〉が建てた太学〈たいがく〉)で孔子(こうし)を祭らせ、顔淵(がんえん)も併せて祭る。

5月、呉(ご)の朱然(しゅぜん)らが襄陽郡(じょうようぐん)の樊城県(はんじょうけん)を包囲。これを受け太傅の司馬懿に防戦を命ずる。

6月、司馬懿が呉軍を追い払い、樊城県から軍勢を引き揚げる。

?月、征東将軍の王淩(おうりょう)を車騎将軍に任ずる。

12月、南安郡(なんあんぐん)で地震が起こる。

-242年(11歳)-
1月、東平王(とうへいおう)の曹徽(そうき)が薨去(こうきょ)。

3月、太尉の満寵が死去。

7月、南安郡で地震が起こる。

7月、領軍将軍(りょうぐんしょうぐん)の蔣済(しょうせい)を太尉に任ずる。

12月、魏郡で地震が起こる。

-243年(12歳)-
1月、元服に伴い、臣下らにそれぞれ格差をつけて品物を下賜する。

4月、甄氏(しんし)を皇后(こうごう)に立てたうえ大赦を行う。

5月、皆既日食が起こる。

7月、詔を下し、亡き大司馬(だいしば)の曹真(そうしん)・曹休(そうきゅう)ら20名の功臣を太祖(たいそ。曹操〈そうそう〉)の霊廟(れいびょう)の堂前の広場に祭る。

曹真・曹休以外の功臣とは、征南大将軍(せいなんだいしょうぐん)の夏侯尚(かこうしょう)、太常の桓階(かんかい)、司空(しくう)の陳羣(ちんぐん)、太傅の鍾繇(しょうよう)、車騎将軍の張郃(ちょうこう)、左将軍(さしょうぐん)の徐晃(じょこう)、前将軍(ぜんしょうぐん)の張遼(ちょうりょう)、右将軍(ゆうしょうぐん)の楽進(がくしん)、太尉の華歆(かきん)、司徒(しと)の王朗(おうろう)、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の曹洪(そうこう)、征西将軍(せいせいしょうぐん)の夏侯淵(かこうえん)、後将軍(こうしょうぐん)の朱霊(しゅれい)と文聘(ぶんぺい)、執金吾(しつきんご)の臧霸(そうは)、破虜将軍(はりょしょうぐん)の李典(りてん)、立義将軍(りつぎしょうぐん)の龐徳(ほうとく)、武猛校尉(ぶもうこうい)の典韋(てんい)の18名。

12月、倭国(わこく)の女王である俾弥呼(ひみこ。卑弥呼)の使者が到着し、献上品を捧げる。

-244年(13歳)-
2月、大将軍の曹爽に詔を下し蜀(しょく)の討伐を命ずる。

閏3月、魏軍が漢中(かんちゅう)に攻め込んだものの、蜀の大将軍の費禕(ひい)に敗れてしまう。

4月、日食が起こる。

5月、『尚書(しょうしょ)』を終わりまで学び、太常に命じて太牢を捧げさせ、辟雍で孔子を祭らせ顔淵も併せて祭る。また、太傅(司馬懿)と大将軍(曹爽)および講義をした侍講者に、それぞれ格差をつけて品物を下賜した。

5月、曹爽が軍勢をひきいて帰還。

8月、兄で秦王(しんおう)の曹詢が薨去。

9月、鮮卑族(せんぴぞく)が内属。これを受け遼東属国(りょうとうぞっこく)を設置したうえ、昌黎県(しょうれいけん)を新設して住まわせることにした。

11月、詔を下し、亡き尚書令(しょうしょれい)の荀攸(じゅんゆう)を太祖(曹操)の霊廟の堂前の広場に祭る。

11月、秦国を京兆郡(けいちょうぐん)に戻す。

12月、司空の崔林(さいりん)が死去。

この年、曹髦を郯県(たんけん)の高貴郷公に封じた。

-245年(14歳)-
2月、南安郡で地震が起こる。

2月、驃騎将軍の趙儼(ちょうげん)を司空に任ずる。

6月、司空の趙儼が死去。

8月、太常の高柔(こうじゅう)を司空に任ずる。

?月、左光禄大夫の劉放を驃騎将軍に、右光禄大夫の孫資を衛将軍(えいしょうぐん)に、それぞれ任ずる。

11月、太祖(曹操)の霊廟に代々の先祖を併せて祭る。さらに、先に定めた建国の功臣21人(曹真・曹休・夏侯尚・桓階・陳羣・鍾繇・張郃・徐晃・張遼・楽進・華歆・王朗・曹洪・夏侯淵・朱霊・文聘・臧霸・李典・龐徳・典韋・荀攸)も祭る。

12月、詔を下し、亡き司徒の王朗が制定した『易伝(えきでん)』について、学生たちが官吏登用の受験科目として選べるようにする。

12月、詔を下す。「明日(元旦)、群臣を会集させる際、太傅(司馬懿)は輿に乗ったまま上殿することを許す」というもの。

-246年(15歳)-
2月、幽州刺史(ゆうしゅうしし)の毌丘倹(かんきゅうけん)が高句驪(こうくり。高句麗)を討伐。

5月、幽州刺史の毌丘倹が、高句驪に続き濊貊(わいばく)も討伐。

?月、東夷(とうい)の韓那奚(かんなけい)ら数十か国が、それぞれ部族をひきい降伏してくる。

8月、詔を下す。「近ごろ市場で売り払われている奴婢を見るとみな70歳ほどであり、中には老衰や死にかけの病人までいる。そのうえ役所では彼ら奴婢の体力が尽きてしまったために、これを再度売り払おうとしている」と指摘し、「これらすべての者を解放して平民とせよ。もし自活していけない者があれば、郡や県は救済してやるように」というもの。

8月、詔を下す。今月、自ら祭祀を執り行うという予定について触れ、「先日、朕(ちん)が外出した際、すでに道路を整備しているのを目にした。もし雨が降れば、また改めて整備しなければならない。これはいたずらに労力を費やしていることになる」と述べ、「老人や子どもを殴ったり鞭打ったりしてまで道路整備をさせることがないようにせよ」というもの。

12月、『礼記(らいき)』を終わりまで学び、太常に命じて太牢を捧げさせ、辟雍で孔子を祭らせ顔淵も併せて祭る。

-247年(16歳)-
2月、日食が起こる。

5月、河東郡(かとうぐん)から汾水(ふんすい)北部の10県を分割し、平陽郡(へいようぐん)を設置。

7月、尚書(しょうしょ)の何晏(かあん)から上奏がある。為政者の暗愚と聖明(せいめい)について考察したもので、「今後、式乾殿(しょくけんでん。皇后の宮殿)に行幸なさるときや後園で遊ばれるときは大臣を伴われますように。遊宴を催される機会のついでに文書をお調べになり、政治についてご相談され、経書(けいしょ)の意味について議論され、永遠の模範となられるべきです」というもの。

12月、散騎常侍(さんきじょうじ)・諫議大夫(かんぎたいふ)の孔乂(こうがい)から上奏がある。天子の宮殿に朱丹(しゅたん)の塗料を施して飾り立てることをやめるように勧めたうえ、「後園で馬を乗り回されることもおやめになり、外出される際には必ず輦(れん。天子の乗る手車)か馬車にお乗りになるべきです」というもの。

-248年(17歳)-
2月、衛将軍・中書令の孫資が退官し、諸侯の身分のまま私邸に帰る。この際、特進(とくしん)の位を授けた。

2月、驃騎将軍・中書監の劉放が退官し、諸侯の身分のまま私邸に帰る。この際、特進の位を授けた。

3月、司徒の衛臻(えいしん)が退官し、諸侯の身分のまま私邸に帰る。この際、特進の位を授けた。

4月、司空の高柔を司徒に任ずる。また、光禄大夫の徐邈(じょばく)を司空に任じようとしたが、彼は固辞して受けなかった。

9月、車騎将軍の王淩を司空に任ずる。

10月、暴風のため屋根が飛び、樹木も折れた。

-249年(18歳)-
1月、高平陵に参詣。この際、太傅の司馬懿の上奏により、大将軍の曹爽と弟で中領軍(ちゅうりょうぐん)の曹羲(そうぎ)、同じく武衛将軍(ぶえいしょうぐん)の曹訓(そうくん)、同じく散騎常侍の曹彦(そうげん)が罷免され、諸侯の身分のまま私邸に帰る。

1月、担当官吏の上奏により黄門(こうもん)の張当(ちょうとう)が逮捕され、廷尉(ていい)に引き渡される。

その後、張当が曹爽の反乱計画の一味と判明したうえ、尚書の丁謐(ていひつ)・鄧颺(とうよう)・何晏、司隷校尉(しれいこうい)の畢軌(ひつき)、荊州刺史(けいしゅうしし)の李勝(りしょう)、大司農(だいしのう)の桓範(かんはん)らも計画に加担していたことがわかったため、みな三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)を誅滅される。

大将軍の曹爽らが処刑されたことを受け、右将軍の夏侯霸(かこうは)らが蜀に降った。

1月、大赦を行う。

1月、太傅の司馬懿を丞相(じょうしょう)に任じようとしたが、彼が固辞したため沙汰やみになる。

4月、「正始」を「嘉平(かへい)」と改元。

4月、太尉の蔣済が死去。

秋、蜀の衛将軍の姜維(きょうい)が雍州(ようしゅう)に攻め込んだものの、郭淮(かくわい)らが撃退する。蜀の将軍の句安(こうあん)と李韶(りしょう)が投降。

12月、司空の王淩を太尉に任ずる。

12月、司隷校尉の孫礼(そんれい)を司空に任ずる。

-250年(19歳)-
5月、征西将軍の郭淮を車騎将軍に任ずる。

10月、特進の孫資を驃騎将軍に任ずる。

11月、司空の孫礼が死去。

12月、征南将軍(せいなんしょうぐん)の王昶(おうちょう)が長江(ちょうこう)を渡って呉を急襲し、これを撃破する。

12月、東海王の曹霖が薨去。

-251年(20歳)-
1月、荊州刺史(けいしゅうしし)の王基(おうき)と新城太守(しんじょうたいしゅ)の州泰(しゅうたい)が呉を攻めて撃破。降伏する者が数千人に及ぶ。

2月、南郡(なんぐん)に夷陵県(いりょうけん)を設置して呉の降人(こうじん)を住まわせる。

3月、尚書令の司馬孚(しばふ)を司空に任ずる。

4月、征南将軍の王昶を征南大将軍に任ずる。

4月、大赦を行う。

5月、太尉の王淩が、曹芳を廃し楚王(そおう)の曹彪(そうひゅう)を擁立しようと謀っていることが発覚。これを受け太傅の司馬懿に王淩征伐を命ずる。

5月、太尉の王淩が自殺。

6月、楚王の曹彪を死刑に処す。

7月、甄皇后が崩御。

7月、司空の司馬孚を太尉に任ずる。

8月、太傅の司馬懿が死去。これを受け、司馬懿の息子である衛将軍の司馬師を撫軍大将軍(ぶぐんだいしょうぐん)・録尚書事(ろくしょうしょじ)に任ずる。

8月、懐甄皇后(かいしんこうごう。甄氏)を太清陵(たいせいりょう)に葬る。

8月、驃騎将軍の孫資が死去。

11月、担当官吏から上奏がある。「太祖(曹操)の霊廟に併せ祭るべき諸功臣を、改めて官位によって並べ替えられますように」というもの。これを受け、亡き太傅の司馬懿が功績・官位ともに高かったので、功臣の最上位に置くことにした。

12月、光禄勲(こうろくくん)の鄭沖(ていちゅう)を司空に任ずる。

-252年(21歳)-
1月、撫軍大将軍の司馬師を大将軍に任ずる。

2月、張氏(ちょうし)を皇后に立てたうえ大赦を行う。

4月、呉の孫権(そんけん)が死去し、息子の孫亮(そんりょう)が跡を継ぐ。

5月、2匹の魚が武庫の屋根の上に現れる。

11月、詔を下し、征南大将軍の王昶、征東将軍の胡遵(こじゅん)、鎮南将軍の毌丘倹らに呉の征伐を命ずる。

12月、呉の諸葛恪(しょかつかく)と交戦し東関(とうかん)で大敗。魏軍は戦果なく帰還。

-253年(22歳)-
1月、蜀に降っていた郭循(かくじゅん。郭脩〈かくしゅう〉)が、蜀の大将軍の費禕を漢寿(かんじゅ)で殺害。

4月、大赦を行う。

5月、呉の太傅の諸葛恪が合肥新城を包囲。これを受け、太尉の司馬孚に詔を下し防戦を命ずる。

7月(8月とも)、呉の太傅の諸葛恪が軍勢をまとめ、合肥新城から撤退。

8月、詔を下す。亡き中郎(ちゅうろう)の郭脩(郭循)に長楽郷侯(ちょうらくきょうこう)を追封し領邑(りょうゆう)1千戸を与えたうえ、威侯(いこう)と諡するもの。

また、その息子に爵位を継がせて奉車都尉(ほうしゃとい)に任じたうえ、銀1千鉼(へい)と絹1千匹(びき)を下賜した。

-254年(23歳)-
2月、鎮東将軍(ちんとうしょうぐん)の毌丘倹から、先の合肥新城での戦いにおける、戦士の劉整(りゅうせい)と鄭像(ていぞう)の活躍ぶりについての上言がある。

これを受け、亡きふたりに関中侯(かんちゅうこう)の爵位を追贈したうえ、兵士の名簿から外させた。さらに、その息子らに爵位を継がせ、部隊長が戦死した際の取り決めに従うよう命じた。

2月、中書令の李豊(りほう)が張皇后の父で光禄大夫の張緝(ちょうしゅう)らと結託し、大臣を更迭して太常の夏侯玄(かこうげん)を大将軍にしようと企てる。この計画が露見したため関係者をことごとく誅殺した。

2月、大赦を行う。

3月、張皇后を廃位。

4月、王氏(おうし)を皇后に立てたうえ大赦を行う。

5月、王皇后の父で奉車都尉の王夔(おうき)を広明郷侯(こうめいきょうこう)に封じたうえ光禄大夫・特進に任ずる。また、王夔の妻の田氏(でんし)を宣陽郷君(せんようきょうくん)に封じた。

9月、大将軍の司馬師が曹芳の廃位を企て、その旨を郭太后に上奏する。

9月、郭太后が、好色を理由に曹芳の廃位を命ずる。このとき23歳だった曹芳は斉王として帰藩することになった。

-274年(43歳)-
この年、晋の邵陵県公として死去し厲公と諡された。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

曹叡の養子というだけで出自もはっきりせず、わずか8歳での即位。当然ながら独自色を出すことはできず、初めは曹爽、その後は司馬氏の傀儡(かいらい)にすぎませんでした。

曹芳は、廃位されたあとも無謀な抵抗を試みることはなく、晋代に入って亡くなりました。ですが、これはこれで良かったのかもしれません。

この曹芳以降の魏の皇帝は、まったくお飾り的なものになってしまい、ついに司馬氏から実権を取り戻すことはできませんでした。皇帝自身の資質というより、時代の流れに逆らいようがなかったといったところでしょうか……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました